コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

GWは国営公園がアツい!?国営ひたち海浜公園はネモフィラ開花で一面が青い絨毯に!

ライフスタイル

2019.04.21

20190419hitachi01もうじき楽しみな大型連休“ゴールデンウイーク”がやってきますが、どこに出かけるべきが迷っている人も多いのではないでしょうか。意外とおすすめなのは全国各地にある“国営公園”で、GWに合わせて様々なイベントが行われます。

 

GWならではの楽しみが満載!


茨城県にある「国営ひたち海浜公園」は、太平洋岸にある開園面積約200haの国営公園。各所に大規模な花畑があり、四季折々の草花が来園者を楽しませてくれます。また28種類のアトラクションが揃う遊園地「プレジャーガーデン」やバーベキュー広場など、家族で遊べるスポットが盛りだくさん。スポーツ、ピクニック、レジャーなど様々なニーズを満たしてくれることでしょう。

 

そんな「国営ひたち海浜公園」では、GWの時期に北アメリカ原産の一年草“ネモフィラ”が見ごろに。青い綺麗な花で「みはらしの丘」の一面が染まり、空や海の青と溶け合う光景を見ることができます。公式サイトで掲載されている4月16日時点の開花予想によると、見ごろを迎えるのは4月24日頃。見ごろのピークは例年1週間~10日程続くそうです。

 

実際にネモフィラの見ごろを狙っている人は少なくないようで、SNSなどでも「今年はひたち海浜公園でネモフィラを鑑賞したい! 日程を合わせなきゃ」「一面の“青い絨毯”を現地で見てみたいなぁ」といった声が。ちなみに同園ではイベントなども実施されており、5月6日には吹奏楽・マーチングの演奏演技発表会「The World of Brass 2019 in ひたちなか」が開催されます。

 

「国営昭和記念公園」でもネモフィラが見ごろ!?


東京都内でネモフィラを見るなら、やはり行きやすいのは「国営昭和記念公園」。立川市と昭島市をまたにかける広大な国営公園で、3月23日から5月26日にかけて「フラワーフェスティバル 2019」が開催されています。同フェスティバルの期間中には春の花々が“開花リレー”のバトンを繋いでおり、GW中はちょうどネモフィラが見ごろに。また4月29日に行われる航空自衛隊・航空中央音楽隊の野外コンサート「緑のフィールドコンサート」も必見です。

 

その他にも様々なイベントが企画されており、4月28日と5月5日には「パークフィットネス バランスボールヨーガ2019」を実施。バランスボールを使ったヨーガを楽しめる企画で、運動が苦手という人も青い空と広い芝生の上でなら楽しめるかもしれません。5月5日には「こどもの日 スポーツフェスティバル」が開催。こちらはペタンク、クロッケー、ローンボウルス、ホースシューズ、ターゲットバードゴルフ、一輪車といった6種類のスポーツを体験できるイベントとなっています。

 

「国営昭和記念公園」ユーザーは意外と多いようで、「ふらっと散歩して帰りに立川駅周辺で買い物するのが楽しい」「気軽にいけるのがいいよね」「ふらっと行ってふらっと帰れるからリフレッシュに最適」といった声が。JR中央線「立川駅」から約10分、JR青梅線「西立川駅」から約2分というアクセスの良さも人気の秘密のようです。

 

日本百名山「常念岳」を見ながらラフティング!


他にもGWに楽しみたい国営公園は日本各地に点在。例えば長野県の「国営アルプスあづみの公園」では、4月27日~5月6日にかけて「あづみのカヤック・ラフティング体験」が行われます。日本百名山の1つ「常念岳」など、雄大な自然に囲まれた中でのカヤック・ラフティングは格別。また別途参加費が必要ですが、ペットのわんちゃんも一緒に乗ることができるそうです。

 

日本最大の国営公園「国営木曽三川公園」は、4月20日~5月26日にかけて「春の花物語」を開催。虹色風船やクラウンによるパフォーマンスショーや、昔の遊び体験、紙ヒコーキ体験教室などが行われます。

 

場所によって様々な魅力がある国営公園。普段はあまり利用しないという人も、GWを機に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【イベント】その他の記事

イベント
もっと見る