2019.02.24

“うんスタ映え”する展示の数々が集結! 固定観念を水に流す「うんこミュージアム」が話題

20190214unko01毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードをチェックしていきます。意外なトレンドが見えてくるかも!?

 

「うんこミュージアム」って一体何?


今年2月に「うんこミュージアム」というかなりホットなワードがTwitterのトレンド入り。「なんだこれめっちゃ気になる」「求心力が強い」といった声が相次いでいました。

 

今回話題になったのは、3月15日より横浜の「アソビル」2階で開催される「うんこミュージアム YOKOHAMA」というイベント。「株式会社カヤック」と「株式会社アカツキライブエンターテインメント」の共同企画で、「うんこ」をテーマにしたアミューズメント空間が展開されます。

 

例えば「ウンスタジェニックエリア」には、光り輝くうんこや飛び交ううんこが。普通のSNS映えでは満足できない人たちの心を満たす“ウンスタジェニック”なスポットとなっており、“うんスタ映え”すること間違いなしです。「ウンテリジェンスエリア」には、世界のうんこの歴史や著名人が描いたうんこ絵画の数々が。うんこについての知的欲求を刺激する、“ウンテリジェンス”でアカデミックなエリアになっています。

 

子どもと一緒に遊ぶなら「ウンタラクティブエリア」。地面に映し出されたうんこを踏み続ける体感ゲームが用意されており、子どもだけでなく大人も童心に返って遊べるかもしれません。さらに同エリアには、ゲーマー必見のレトロな“クソゲー”も展示。一般的に“クソゲー”とはプレイしていて苦痛なほどつまらないゲームのことですが、意外とハマってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

そんなこれまでの固定観念を“水に流す”ミュージアムに、Twitterでは「絶対行く!」「こんなの行くしかないじゃん」「いい年してうんこで面白がるのはどうかと思うけど行っちゃう」との声が。また「クソゲーの展示が気になる」「どんなクソゲーがラインナップされるんだろう」と気になるゲーマーも多いようです。

 

>>NEXT 「うんこ」に例えてわかりやすく教えてくれる学校も?

河井奈津

フリーランス。子どもには腹8分目を勧めているけど、ついつい料理を作りすぎちゃうほど食べることが大好き。得意料理はカロリーの高いもの。ラーメンとカレーと丼ものが大好物。人生で何度目か分からないダイエット中。