2018.12.23

「#くと打ってクリスマスって出たらリア充」が盛り上がる横で、悲しみの声が溢れる

20181206watchingdeers01毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードを解説&深堀りしていきます。今回取り上げるのは、Twitterで話題の「#くと打ってクリスマスって出たらリア充」。

 

「く」ってタイプしたら何が出てくる?


11月30日にトレンド入りを果たした「#くと打ってクリスマスって出たらリア充」は、携帯電話などの予測変換機能を使った遊び。Twitter上には、スマホなどで「く」とタイプして最初に出てきた予測変換を公開する人が続出しています。

 

“リア充”の人たちからは、「クリスマスだった! リア充だとバレたか」「クリスマスでしたよ。まぁリア充になってもう3年なんで」といった歓喜の声が。しかし一方で“非リア充”の人たちからは、悲しみのツイートが多くつぶやかれていました。

 

Twitter上は、「グラタンだった…」「Googleでした。私はリア充にはなれないようだ」「なぜかクレスタがでてきた。愛車はチェイサーなのに」「苦しゅうない。いつ使ったんだろう」「クロロホルム。え… 本当にいつ使ったっけ…」「黒ラベルでしたね。クリスマスも一人で飲もうかな」「“クリぼっち”でした」などのツイートで溢れかえることに。

 

また、「最初にクリスマスって出てきたけど、たぶんクリスマスを呪った時の名残だわ」「クリスマスって最初に出てきたけど、次に“一人”という単語をサジェストされた」といったツイートも。悲しいツイートが多めでしたが、大盛り上がりをみせていました。

 

河井奈津

フリーランス。子どもには腹8分目を勧めているけど、ついつい料理を作りすぎちゃうほど食べることが大好き。得意料理はカロリーの高いもの。ラーメンとカレーと丼ものが大好物。人生で何度目か分からないダイエット中。