コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

スターバックスが福袋の“オンライン抽選エントリー”を開始!今年も争奪戦か!?

ライフスタイル

2018.12.03

20181130sutaba01毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードを解説&深堀りしていきます。今回取り上げるのは、「Yahoo! JAPAN」で話題の「スタバ 福袋」。

 

「スタバ 福袋」が注目を集めた訳とは?


11月26日に「スタバ 福袋」へ注目が集まりましたが、その理由は同日に「スターバックス」が“2019年用福袋”のオンライン抽選エントリーを開始したから。毎年、大きな注目を集めるスタバの福袋は、オリジナルデザインのトートバッグやドリンクチケット、ポストカード、限定アイテムなどが詰まった大人気商品です。

 

<関連記事> カフェ難民の子連れママに朗報!?ついにスタバのデリバリーが始まった!

 

スタバ福袋のオンライン抽選受付日は、12月6日の23時59分まで。見事当選すると「当選eTicket」が発行され、対象店舗の福袋販売日に福袋と引き換えできます。

 

ついに抽選エントリーが開始されたということで、SNSなどからは「スタバの福袋エントリーした! 当たれー!」「去年外れたから今年は当たるといいな~」「スタバの福袋にエントリー。倍率ヤバそうだけど当たりますように…!」などの声が上がっていました。また、「当選すれば確実に購入できるし、並ぶ必要もないしいい方法だよね」「寒いのに外出して折角並んだのに買えなかったっていう残念さがなくなりそう」といった声も。

 

スタバの公式サイトには、福袋をオンライン抽選にした理由が「早朝から並ばれるお客様のご負担、お正月の店舗の混雑集中とお客様の安全性を考慮し、お客様にゆったりとお過ごしいただきたい、店舗でゆったりとコーヒーをお楽しみいただきたいと考え、今年も事前にオンライン抽選を行うことにいたしました」と綴られています。

 

福袋の“オンライン化”が進行中!?


スタバの取り組みに称賛の声が上がりましたが、オンラインでの福袋購入サービスを取り入れている企業は多いようす。スタバと同じく、福袋が毎年話題を呼ぶ「無印良品」も2018年用の福袋はネットストアでのみ発売。2018年の福袋は婦人服や紳士服のほか、ベビー用やキッズ用、マタニティ用の福袋もあり好評を博しました。

 

また「伊勢丹新宿店」は、10月31日から2019年用福袋のオンライン先行販売を開始。「伊勢丹」が、オンライン決済で福袋を販売するのは今回が初めてのこと。先行販売では、洋服4点セットや着物と袋帯のセットといった婦人服を用意。そのほか、アクセサリーや時計、キッズ商品、雑貨、美術品などの福袋も用意されています。

 

さらにお正月に発売されるイメージの強い福袋ですが、最近では“夏の福袋”を販売する企業も。今年7月には「コメダ珈琲店」が、夏に嬉しいアイテムを詰め込んだ「サマーバッグ」を発売。購入者から、「コメダの夏の福袋、買ってよかった! 透明なトートが思ったよりしっかりしてる」「夏場は毎日飲むからアイスコーヒー1Lが2本入ってたのはうれしいなぁ」といった声が上がり話題になりました。

 

“変わり種福袋”にも注目!


お得な福袋だけでなく、注目を集めるのが“変わり種福袋”。2009年には「バージンダイヤモンド銀座」が、ダイヤモンドジュエリーのフルコーディネイト福袋を発売しています。

 

同福袋の中には合計34.4カラットの「巨大ダイヤモンドルース」、「ダイヤモンド時計」、「ダイヤモンドリング」などダイヤを大量に使用した商品7点が入っており、価格はなんと1億8900万円。超高額な福袋ですが、通常販売価格は7億9000万円ほど。6億円分の太っ腹な値引きぶりに、「約8億円相当の福袋が怒涛の6億円引き!? これは安い!」「6億円引きってお買い得なの? なんか金銭感覚が狂う福袋だな」といった声が上がっていました。

 

毎年ワクワクを届けてくれる福袋。今年も期待に胸を膨らませながら発売を待ちましょう。

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【イベント】その他の記事

イベント
もっと見る