2016.06.16

子供との公園の毎日、今週のお出かけはどこへ行く?

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

 ライター名:大石 有姫

 

  子供が歩き出すと必然と増える公園へのお出かけ。 歩き始めは近所の公園でよかったけれど、幼児になるとママも飽きてきてしまうもの。 そんな公園選びへのアドバイス

ワーキングマザーの私、子供が産まれてから公園に通う週末を送っています。特に歩くようになってから、スニーカー必須で1日で公園をいくつも巡ることが定番化しています。

 出産前の週末といえば、小洒落た喫茶店でゆっくり空間を楽しんだり、自分のペースでゆっくりお買い物をして楽しんでいました。ママ3年目を迎える頃には、公園生活にもストレスを抱かなくなっていて“楽しむ”ことが出来てきたような気がします。

 しかし最近、子供の成長とともに“普通の公園”では物足りなく感じてきました。お話が上手になり意思疎通が出来てきた子供に“もっと自然を感じて欲しい”と思ってきたのです。とはいえ、毎週末遠出して時間も体力も交通費も無理はしたくないと思うのが主婦心。

 東京都内に住んでいても自然を感じさせてくれる公園、それは東京都立庭園です。入場料が必要な公園ですが、都内9箇所にあり歴史と文化を感じさせる雰囲気にママは魅了させられること間違いなしです。

 9大石有姫

 大人な雰囲気漂う公園は子連れに向くの?と思われるかもしれませんが、ベビーカーに乗っている赤ちゃんはその自然を肌で感じてくれますし、歩き始めのよちよちさんは、転んでも痛くなく自動車も自転車もないところで存分に歩く練習が出来ます。場所にもよりますが、鯉がいる庭園では“お麩”の餌あげという都内ではなかなか出来ないような体験が出来ます。

 9大石有姫1

 滑り台がたくさんある公園で子供の笑顔を見ることも、砂場で創造性を働かせて一緒に楽しむこともいいけれど、今週の公園は少しいつもと違う楽しみ方をしていませんか?都立庭園では季節ごとにイベントを行っています。5月5日こどもの日は、竹細工教室(参加費50円)を開催している庭園もあったので、調べて行ってみるとより楽しめるかもしれませんね♪

9大石有姫2-1

ちゃんと 編集部

働くママ向けのメディア『CHANTO』の編集部。月刊誌『CHANTO』で掲載された記事や編集部が独自に取材した記事をご紹介します。