注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夏休み自由研究に使える!! 生物の〝擬態〟に驚く「化ケモノ展」に行ってみた!

ライフスタイル

2018.07.11

「空飛ぶペンギン」や「ペリカンやアシカの空中散歩」など、あっと驚く仕掛けや展示で話題を集めているサンシャイン水族館(東京・池袋)に、新たな目玉企画展が登場しました。その名も「化ケモノ展」! もしかして、これは小学生の夏休みの自由研究にも使えるのでは? と思い立ち、さっそく取材に行ってきました。

きれいなものから毒々しいものまで、フォトジェニックな「化ケモノ」が大集合! 

bakemono_s

サンシャイン水族館に隣接した特別展示会場で開かれているこの企画展。暗幕を潜り抜けると、そこには“化ケモノ”の世界が広がっています。

最初のゾーン【擬態解説】では、有毒のハチに見せかけて身を守る“クビアカスカシバ(蛾の仲間)”や、木の葉に擬態する“コノハムシ”の標本などで生き物の化け方を解説しているので、ここで「擬態の基本」をおさえると自由研究もスムーズに進みそうです(笑)。
もちろん、標本だけでなく生き物たちもお出迎えしてくれるので、擬態生物探しの腕試しスタート! 有毒のフグに似た“ノコギリハギ”や岩に似ている“イロカエルアンコウ”など、しょっぱなから「どこにいるの?」「ハチそっくり!」と感心することしきりです。

それぞれの生き物には、サンシャイン水族館が認定した擬態レベルが掲示されています

◆擬態タイプはこの3つ
ペッカム型
…景色などにまぎれて身を隠すことで、気付かずに近づいてきた相手を捕まえて食べてしまう。「攻撃擬態」とも呼ばれる。
ベイツ型…毒や武器をもっている生き物に色や姿を似せることで、敵から身を守る。
隠蔽(いんぺい)型…擬態の種類の中でもっとも有名でたくさん見られる。木や花など自然界のあらゆるものに姿を似せることで、食べられないようにしている。

bakemono_1

◆サンシャイン水族館認定! 擬態のレベルは5段階
レベル(Lv.)5…神(よく見ても、どこにいるのか分からない)
レベル(Lv)4…達人(よく見ないと分からない)
レベル(Lv)3…名人(近づくと分かる)
レベル(Lv)2…プロ(似ている)
レベル(Lv)1…アマチュア(似せようとしている)

bakemono_2

 

それぞれの生き物のレベル表示や解説を見ながら、「神レベル」や「達人」レベルの生き物探しを楽しみましょう。「アフリカオオコノハズク」は敵から身を守る時は体を細くして木の枝に化け、逃げられない距離で敵に見つかると逆に羽を大きく広げて体を大きく見せることで相手を威嚇します。しょっぱなから見ごたえ満点です!

「神」レベルの化ケモノを、果たしてあなたは見つけられる?

◆擬態解説ゾーンでウォーミングアップしたら、いよいよ【惑わしの森】へ!

bakemono_3

「ハナカマキリ」は幼虫時は緑色でカメムシに化け、成虫になるとピンクや白に変化して蘭の花に化ける。蘭に化けたハナカマキリは、思わずうっとりする美しさ!

bakemono_4

レベル5のヘラオヤモリの仲間は色といい樹皮と見まごうシワ具合といい、木の枝と一体化していて探すのにひと苦労。同様にレベル5のリーフフィッシュも枯れ葉のように水中をゆらゆらと漂っていて「へ~、これが魚?」とビックリすることうけあいです。

◆【騙しの海】は12種類の生き物が観察できます
中でも圧巻は「オニダルマオコゼ」。砂に半分ほど潜ってしまうと、動かない限り岩にしか見えません!

bakemono_6

猛毒を持つウミヘビに似た「シマウミヘビ」「イヌザメ(幼魚)」は鮮やかなシマ模様が目をひきます。ほかにも、いかにも毒がありそうなすごみのある色・模様のチョウチョウコショウなど見どころはたくさんありますよ~。

最後のゾーンは【番外編】。幼魚と成魚で模様が異なるタテジマキンチャクダイやクロスズメダイ、ニセの目玉のような模様を持つことで本物の目を守るメガネスズメダイやウミヅキチョウチョウウオダイなど、ユニークな展示も楽しめます。

フォトスポットやレストランなど特別展会場外もお楽しみがいっぱい

bakemono_photo

特別展会場入り口脇に用意されたフォトスポットでは、ぜひ顔だししたりフキダシを手に持って撮影しましょう。ボードには生き物たちが隠れていて、フラッシュ撮影すると浮き上がる仕組み。自由研究に使うなら、このフォトスポットでの写真も表紙候補に使えそうです。

bakemono_7

また、サンシャイン水族館内の「カナロア カフェ」では、「化ケモノ」展にちなんだ特別メニューとしてヘラオヤモリキーマカレー(税込885円)やリーフフィッシュ?ゼリー(税込464円)が提供されています。特別展をひと通り楽しんだら、「化ケモノ」たちに思いをはせながらカフェで一休みしてはいかが?

悩みの種の夏休み自由研究。こんな取り組みはいかが?

子ども1人ではなかなかできない夏休みの自由研究。毎年、何をやらせるか頭を悩ませるパパ・ママは多いでしょう。この特別展をヒントに自由研究をするなら、こんな取り組みはいかが?

bakemono_5

・展示会場で生き物の写真を撮り、生息地を調べて世界地図上に貼っていく。
・和名の由来を調べる(ミツヅノコノハガエルは目と鼻の先がとがっていることから命名、など)。
・3つの擬態タイプに分けて生き物を比較する
・オリジナルのランキングを付けてみる
・実際に、擬態する生き物を飼ってみる。
・「ベイツ型」はことわざで表すと「虎の威を借るキツネ」。こんな風に、ことわざや慣用句で動物の擬態や捕食の様子を表現してみても面白い。
・「そっくりさんを探せ!」と題して、はりねずみとタワシ、芍薬と牡丹など、似ているけど違うものたちを探してみても。

詳細はこちら

bakemono_s

■営業情報
名称/サンシャイン水族館特別展「化ケモノ展」
開催期間/ 9月24日(月・振休)までは10:00~21:00
      9月25日(火)~11月25日(日)は10:00~18:00
     ※最終入場は終了30分前
     ※水族館本館の営業時間に準じ変更になります。
会場/サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上 特別展会場
入場料金/600円(税込)
※水族館本館ご利用の方および水族館・展望台の年間パスポートをお持ちの方、対象施設*1・イベントをご利用の方は400 円(税込)
(*1)SKY CIRCUS サンシャイン 60 展望台・コニカミノルタプラネタリウム“満天”・古代オリエント博物館・ナンジャタウン・J-WORLD TOKYO など
※混雑の状況により整理券を配布する場合あり。
※状況により、展示生物が変更になる場合あり。

■サンシャイン水族館 概要
所在地:東京都豊島区東池袋 3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間:10:00~21:00(~9 月24 日)、10:00~18:00(9 月25 日~2019 年3 月20 日)
※最終入場は終了1 時間前
※変更の場合あり
※夏期営業時間:7月21日(土)~9月2日(日)は 9:00~21:00、8月11日(土)~8 月19日(日)は 8:30~21:00
入場料金:大人(高校生以上)2,200 円、こども(小・中学生)1,200 円、幼児(4 才以上)700 円
問い合わせ先:サンシャイン水族館 03-3989-3466

ライター:田村みのり
会社員(人事・経理)を経てフリーライターに。年金組合の破たんで数百万円を失った経験から、分散投資の重要性を痛感。その後、教育資金・老後資金を貯めるために投資信託や株、純金積立などさまざまな財テクに挑戦してきた実績を持つ。女性誌やwebでマネーや教育、生活情報記事などを執筆。高校生、大学生の2児の母。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【イベント】その他の記事

イベント
もっと見る