2017.12.22

雨の日のディズニーランド&シー!子連れポイントを解説

■雨の日の子供たちの様子は?


 

5歳児の次男はカッパを着ていても濡れて気持ち悪かったらしく、アトラクションを待ってる間機嫌が悪くなったりして少し困りました。長ぐつを履いていてもズボンが濡れてたのが嫌だったらしく騒いでそれをなだめるのに少々めんどうでした。

9歳の長男はそこまでは文句言いませんでしたが、ズボンのすそをまくり上げて冷たいとさわいでいました。

また、1歳児の末っ子は泣き叫ぶのを無視してフットマフに包み雨よけカバーをかけたベビーカーの中で無事に寝てくれたので助かりました。

 

20171222-2

▲ランチをしたテディ・ルーズヴェルト・ラウンジこちらも1時間半以上待ち、アトラクションもびっくりです。

 

■雨の日でもディズニーは楽しい!


上記にも書いたように、雨の日だからといって空いておらず、雨天のため動いていないアトラクションもあったためか、どこもかしこも大混雑で入場してから後悔しました。子供達も雨ふりで機嫌が悪くなるしで、一瞬本気で帰ろうかと思ったくらいです。

それでも、なんとかアトラクションに乗ったり、お昼ご飯を食べたりでき、さらにお天気が回復したので本来のディズニーシーを楽しむことができました。

 

さすが夢の国、ゲストを楽しませることに惜しまないなーと感心してしまいました。

雨の日でも混んでいてもその状況を楽しむことができるのが、ディズニーです。帰り際に打ち上げ花火を見ることができ、冬の花火もきれいだなと、最後の最後まで満喫することができました。

そして帰り際に次男が、「今日は良い一日だった~」とおじさんみたいなことを言ってくれたのがうれしかったです。

雨の日も、混雑も、行列も楽しむ、ちょっと準備をしていけば十分に子供と一緒に遊びつくせるところです。行く予定の日が雨になって、どうしても予定をずらせなかったら、持ち物など参考になさってくださいね!

 

20171222-3

▲やっと晴れて楽しんだアクアトピア

 

CHANTOママライター/矢那奈美

≪ BACK 1

2

ちゃんと 編集部

働くママ向けのメディア『CHANTO』の編集部。月刊誌『CHANTO』で掲載された記事や編集部が独自に取材した記事をご紹介します。