2017.11.01

Xmasイルミどこ観に行く?【さがみ湖イルミリオン】レポート♪

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

                       

ライター名:しらせゆみこ

 

これからの季節、街はクリスマスのきらめきをまとい、なんとなく私たちの心も弾んできますね。今年は子どもたちをどう楽しませようか、どこへ行こうかと思いを巡らせるママたちも多いことでしょう! 

今回は、筆者が昨年神奈川県相模原市の「さがみ湖イルミリオン」を見に行って大満足したリポートをお届けします。今年のクリスマスのお出かけの参考にしてみてくださいね♪

 

さがみ湖イルミリオンってどんなとこ?

神奈川県・相模原市の複合アウトドアリゾート「さがみ湖リゾート」で開催されるイルミネーションイベントのことです。600万球のイルミネーションが月と星しかない森に、幻想的な世界を生み出します。

園内には様々なテーマのイルミネーションがあって、全部見ても飽きることはありません! 山頂にいけるリフトの斜面までもイルミネーションが敷き詰められ、そこには光の天の川が……♪ 日中はバーベキューや遊園地で楽しんで、日が沈んだあとイルミネーションを鑑賞するというのもここならではの遊び方です。

 

どんなイルミネーションが見れる?

昨年のイルミネーションを少しご紹介します。

20171101-1

入口でパシャリ。きらびやかなイギリスの時計台がお出迎え。期待に胸がふくらみます。

20171101-2

光のイングリッシュガーデンのエリアです。ガーデンの中は通ることができ、音楽に合わせてキラキラ変わるイルミネーションを間近で見ることができますよ。

20171101-3

そのエリアの一角にあった、顔出し看板の超豪華版! キラキラ光り輝くドレスをまとったプリンセスになれます♪ 娘はとっても喜んでいました。子どもって顔出し看板が大好きですが、イルミネーションのドレスで顔出しはなかなかないですからね。

20171101-4

ロンドンバス。中に入って撮影できました! 二階建ての光るバスは子どももテンション上がりますよね~。

20171101-5

20171101-6

一番メインはこちら! なんと高さ20mもある光の大宮殿です。音楽「白鳥の湖」に合わせて次々と色が変化し、さらには高く吹き上がる噴水の演出まで登場。私たちは光と水のイルージョンに息をのみました。圧巻のスケールです。これは行った方はぜひ見ていただきたいです!

20171101-7

光のナイアガラです! 青一色の光の大きな滝がお出迎え。こちらも素敵! 中には大きなダイアモンドのオブジェがありました。ここはインスタ映えしそうです。ロマンチックなのでカップルにもおすすめです……♪

20171101-8

光の大トンネルです。本当にまばゆいばかりの黄金のアーチ。このトンネルを抜けると…

 

子連れで楽しめる催しもたくさん!

…光の動物園がありました。くねくね斜面の道のあちこちで、光る動物たちが私たちを迎えてくれます。子どもとあれはチョウチョだね! ライオンがいた! しろくまだ! など探しながら散歩するのも楽しいひととき。海の生物が住んでいる光の海エリアもありましたよ。

 

写真にはありませんが、光のリフトに乗りながらイルミネーションの全体像が見られたり、山頂に行った人しか見られないオブジェたちもたっぷり鑑賞したりしてきました。リフトは星空を空中散歩しているみたいな気分になれます。山頂では観覧車などアトラクションも営業しているので、さらに天空からイルミネーションを眺めたい方はおすすめです。

20171101-9

入園ゲートからほど近いフードマーケットエリアではおしゃれな屋台が出ています。ローストチキンやスープ、焼き芋、おしるこ、ポテトなどがありましたよ。

私たちはイルミネーションを見たあと、エリアにあるキャンプファイヤーを囲みつつ温かい食べものを堪能して一息つきました。もちろん大きなフードコートも園内にあるので、夕食はそちらでも食べられます。

 

リゾート内には温泉施設「さがみ湖温泉うるり」もあるので、そこで暖まってから帰っても。心もからだもあたたまり、先ほど過ごした夢のような時間の余韻に浸れますよ☆

 

一日楽しんでお風呂まですませてこれちゃうさがみ湖イルミリオン。夜は冷えるので暖かい格好をしてお出かけしてくださいね。

子どもたちのクリスマスシーズンのよい思い出になりますように☆

 

さがみ湖イルミリオン

2017.11.3(金)~2018.4.8(日)開催

入場料金や点灯時間はHPでご確認ください

今回紹介した内容は昨年の情報です

 

ちゃんと 編集部

働くママ向けのメディア『CHANTO』の編集部。月刊誌『CHANTO』で掲載された記事や編集部が独自に取材した記事をご紹介します。