注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

斎藤工が伝授!睡眠前の4つのルーティーン。眠りを誘う低音ボイスでやってみたいこととは?!

ライフスタイル

2020.01.11

 

スポーツ・健康・美容用品を製造販売するファイテン株式会社が開催する「ファイテン 睡眠ラボ」に、同社のマットレス「エアロクレイドル」の愛用者で、CMキャラクターもつとめる斎藤工さんが出席し、まったりゆったりとした癒しボイスで睡眠トークを繰り広げました。

 

斎藤工さんの睡眠へのこだわりやマル秘睡眠ルーティーンも教えてくれましたよ!

 

斎藤工のマル秘ルーティーンは4つ!


おすすめは落語?!

 

 

斎藤さんの平均睡眠時間は1日4〜5時間だそう。俳優、監督、カメラマンなど、幅広い活動で忙しい毎日を過ごす斎藤さんが睡眠で意識しているのは“質”なんだとか。短い時間でも質の良い眠りにするために、斎藤さんがやっている4つのマル秘ルーティーン。どれもすぐに取り入れられそうなので、チェックしてみて。

 

その1「眠れそうなとき、その流れに沿う」

眠いと感じたら、少し早いなという時間でも眠れる状況であれば、眠るようにしているそうです。その理由は、眠気の第1波に逆らってしまうと、逆に眠れなくなることがあるからなんだとか。これができたら、気持ち良さそう!

 

その2「マテ茶やプーアール茶を飲む」

夜にハーブティーを飲むと心地よく眠くなってくるのだそう。眠る前は温かいものというイメージが強いですが、斎藤さんは季節にあわせてアイスやホットで飲むとのこと。飲んでいる時間も大切にすることもポイントなんだそう。

 

その3「雑音はシャットアウト!」

海外ロケも多い斎藤さんは、街の騒音に悩まされることも少なくないのだとか。街が眠っていなくても、朝早い撮影の場合には、少しでも早く眠りにつきたいもの。一度気になると眠れなくなるタイプなので、耳栓常備で音をシャットアウトするのが斎藤さん流だそうです。

 

その4「落語を聴く!」

眠りを誘う周波数の快眠音楽もありますが、聴くなら落語がおすすめと教えてくれました。落語が好きな斎藤さんは、知っている話を聴くと安心感を得られて眠れると考えているのだそう。

 

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【イベント】その他の記事

イベント
もっと見る