2019.08.21

泥棒の通報で1万円!?愛知県が全国初の制度が開始

「侵入盗」被害が全国トップクラス…


住宅侵入盗の抑止を目的にした報奨金制度は全国で初めてということで、反響の声も殺到。「こういう制度はイイと思う!」「これからは目を見開いて生活していきます」と、好意的な意見が多く上がっていました。

 

一方で、「でっち上げとか詐欺が怖い気もするな」「嘘の情報が増えて捜査が混乱するんじゃない?」と不安に思う人も。中には「捜査に協力するのって意外と大変だよね。警察に色々聞かれて時間を取られるって考えると、1万円はそこまで高くないのかも」という意見もあるようです。

 

愛知県は、「侵入盗」の被害件数が全国トップクラスに多かったことでも有名。2007年から2017年までは、11年連続で「全国ワースト件数」を記録するほどの被害率を誇っていました。しかし、今年発表された「2018年の侵入盗被害」では埼玉県がワースト1位に。ついに連続記録をストップしています。ちなみに「住宅」が対象の場合は、未だにワースト1位から抜け出せていません。今回の取り組みがどんな変化を引き起こすか、注目したいですね。

 

>>NEXT 住宅に泥棒がやってくる可能性って意外と高い?

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。