2019.08.21

泥棒の通報で1万円!?愛知県が全国初の制度が開始

お盆が終わり、続いてやってくるのは秋の行楽シーズン。お出かけの機会が増えるこの時期は、防犯対策もしっかりと行いたいですよね。実は今月、愛知県が全国初の“泥棒通報制度”をスタート。「この取り組みはアリかも!」と話題になっています。

 

窃盗を通報すれば1万円!? 画期的な制度に話題沸騰


8月2日から開始されたのが、「住宅ドロボウ通報応援制度」。豊田警察署・生活安全課の「速報 とよけい」によると、実施期間は来年3月31日までの予定です。

 

具体的には、窃盗に対する情報を提供した人に対し1万円が支払われるという同制度。愛知県内で発生した「住宅対象侵入盗等」に関して、検挙に寄与したと判断された情報に報奨金が支払われます。ただし、匿名の通報や警察職員からの情報は対象外。もちろん、被疑者本人や共犯者、情報を入手する過程で犯罪を行った人も報奨金はもらえません。

 

制度のスタートに合わせて、愛知県警は県内の商業施設でイベントを開催。ドロボウをイメージした“黒ずくめの3人組”がビラを配って周知していました。

 

>>NEXT 11年連続の「ワースト記録」をストップした愛知県

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。