2019.08.25

住宅購入するときは“リセールバリュー”にも注目!

リニュアル仲介株式会社が「物件提案ロボ」のユーザーを対象に、「購入不動産の立地に関するアンケート」を実施。「資産価値」と「ライフスタイル」のどちらを優先しているのか、住宅購入者の意識が明らかになりました。

 

「駅から徒歩10分以上」の自宅を許容しているのは4割超


国は多くの施策を打ち出し、安心して取引できる「中古住宅市場」の実現を目指しています。しかし売却価格が購入時の価格を大きく下回る場合は、売却後に住宅ローンが残ってしまい“売るに売れない”状態に。では、どれほどの人が「売却時の資産性」を考慮しているのでしょうか。

 

自宅から駅までの距離は、住宅の資産価値に最も影響を及ぼすポイント。一般的に、駅に近ければ近いほどリセールバリューも維持されやすい傾向があります。そこで「自宅の購入は、駅から徒歩何分まで許容できますか?」と質問しました。すると「徒歩10分以内」と回答した人は54%。「10分以上」と答えた人は46%という結果に。また「駅から16分以上」もしくは「バス便でも構わない」という人の合計は22.6%でした。約1/4の人が、16分以上の距離を許容していると明らかになっています。

 

年代別にみると、20代は「10分まで」と回答した人が66.7%に。対して30代は「16分以上」や「バス便を許容できる」人の割合が29.3%。“駅からの距離”よりも“子育て環境”を優先するからなのか、子育て世代は駅からの距離に寛容なようです。60代以上では、「5分まで」と回答した人が15.8%に。子育てを終えた世代には、利便性を求める層が一定数存在することがわかりました。

 

>>NEXT 「資産価値」より「ライフスタイル」を優先する人の割合は?

原田美咲

東京出身東京育ち、毎週末子どもを引き連れて面白イベントに出没中。レンタカーを借りすぎて、レンタカー屋さんに「いつもの」が通じるようになってしまった。営業時代に培った脚力で、アウトドアにもガンガン挑戦。