注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

セブン「汁なし麻辛麺」激辛好きも唸る、蒙古タンメン中本監修の逸品。

ライフスタイル

2019.02.06

2020.02.12

20190123tantan01毎週多くの商品が新たに発売されているコンビニエンスストア。コンビニグルメの味はどんどん進化していますが、中にはキレイすぎる見た目やインパクトある特徴で話題になる商品も。この記事では、色々な意味で話題のコンビニグルメをチェックしていきます!

 

セブンの激辛料理「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」


同商品は名前の通り、ラーメン店「蒙古タンメン中本」とコラボした「汁なし麻辛麺(マーシンメン)」。冷凍で発売されており、パッケージには“レンジで一撃”の文字が躍っています。

20190123tantan02

 

早速パッケージに書かれた方法に従って調理開始。麺と具が一緒になった「具付めん」をお皿に乗せてレンジに投入しました。温める際は、別添の「花椒(かしょう)入り辣油」を取り外すのをお忘れなく。

20190123tantan03

 

激辛料理との“闘い”に備えて心を落ち着かせ、温めを待つこと7分30秒。調理が終わると、カチカチだった「具付めん」がホカホカに。袋から出してみたところ、冷凍ではわかりづらかった「豆腐」や「にら」「タケノコ」を確認できました。

20190123tantan04

 

調理が終わったら「花椒入り辣油」をかけるのですが、その前に一口試食してみることに。平打ち麺に「旨辛麻婆だれ」をよく絡ませて食べてみたところ… すでにちょっと辛い! しかし辛いだけでなく、モチモチ麺と「麻婆だれ」の旨味もシッカリと味わえます。

 

ここで「花椒入り辣油」を投入。袋に「少量→ピリ辛」「半分→中辛」「全部→激辛」と書かれていたため、ここは意を決して「全部」かけてみることに。すると食欲をそそる本格中華のような香りが立ち込めてきました。気持ちを新たに再び食べてみると、辣油なしの状態に比べて風味と辛さが数段階アップ。パッケージの“辛さの中に旨みあり!”という表記に偽りなく、激辛の中に後引く美味しさを感じられます。豆腐はふわふわで、角切りのタケノコがシャキシャキなのもポイントでしょう。

 

ヤミツキ「汁なし麻辛麺」にハマる人続出中!


辛さに「ヒーヒー」しますが、箸はとまらないまま。気がつくと額は汗でびっしょりでしたが、無事完食することができました。そのまま食後のコーヒータイムに… といきたいところでしたが、ずっと口の中が辛い! 辛い料理は得意な方ですが、それでも相当辛いです。辛いものが苦手な人は「花椒入り辣油」の量を減らした方がいいかも。

 

同商品の購入者からも「汁なし麻辛麺はじめて食べたけど激辛! 辣油を半分も入れてないけど汗が止まらん」という声が。しかし「セブンの汁なし麻辛麺をみんなにも食べて欲しい。汁なし系ラーメンで最高峰にうまいと思う」「あの破壊力が忘れられない…。めちゃくちゃ辛かったのに今すぐ食べたい」「汁なし麻辛麺クソ辛れぇ! 穴という穴から全部汗出てきた! でも食べ終えたらなんだか満足するんだなぁ。さすが中本」と絶賛の声が続出しています。

20190123tantan05

 

食べる際は辛みを消すため、牛乳を用意するのがおススメ。激辛だけどヤミツキになる「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

文/佐々木佳奈

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【コンビニ】その他の記事

コンビニ
もっと見る