注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

セブンイレブン「鬼旨辛担々麺」は地獄のように赤いスープがやみつき!

ライフスタイル

2018.10.11

20181010oniuma01毎週多くの商品が新たに発売されているコンビニエンスストア。コンビニグルメの味はどんどん進化していますが、中にはキレイすぎる見た目やインパクトある特徴で話題になる商品も。この記事では、色々な意味で話題のコンビニグルメをチェックしていきましょう!

 

やみつきになる辛さの「鬼旨辛担々麺」


気温が少しずつ下がり始めて、身体の芯から冷えてしまう今の季節。暖かい鍋やラーメンを食べて身体を温めたくなりますよね。しかしただ暖かいだけでなく、“辛み”が加わると身体もより一層ポカポカに。ネット上でも「冷え込んできたら激辛料理で身体を温めるのが一番!」「辛いものを汗だくで食べるのが冬の醍醐味」といった声が上がっています。そこで今回紹介するのは、セブン-イレブンから発売された「鬼旨辛担々麺」。480円(税込)で食べられる担々麺は、どんなテイストに仕上がっているのか早速確かめてみたいと思います。

20181010oniuma02

 

同商品を購入したとき、目を疑ったのが“スープの色”。「私は地獄に迷い込んでしまったのかな…」と思わされるくらい“赤い色”をしています。商品名にも“鬼”の文字が描かれているため、あながち間違いではないのかもしれません。またトッピングで乗っているモヤシも、真っ赤な唐辛子を身にまといまるで“怒り”を表現しているよう。しかし鮮やかな緑色をした“水菜”も添えられているため、少し安心感を覚えました。

20181010oniuma03

 

温めてからお皿に移すと、目に染みるくらいの“辛い香り”が漂ってきます。ただ辛さの中に香ばしさも感じられるため、食欲は一気にアップ。辛すぎて食べきれるか心配になりますが、気合いを入れて“鬼退治”に挑みたいと思います。

20181010oniuma04

 

ひとくち食べれば“旨辛”の虜!


それではまず、スープから味見していきましょう。唐辛子と山椒の辛みと、コクのあるゴマが見事にマッチしています。もうひとくち飲んでみると、驚いたのが“辛さの持続性”。飲めば飲むほど辛さが増していき、お水が欲しくて仕方がありません。しかし肉みそを溶かしたり水菜と麺を一緒に食べるとあら不思議。辛さよりも旨味が増して、ガンガンお箸が進みます。ペロリと完食できたため、私の“鬼退治”は意外にもあっけなく幕を閉じました。めでたしめでたし。

20181010oniuma05

 

同商品を購入した人からは、「辛いだけじゃなく旨味もあって食べ応え抜群!」「コンビニ製品の中でも断トツで辛いけどおいしい」「濃厚スープがご飯との相性もグッド」「汗が噴き出るほど辛かったけどやみつき!」と大好評の声が続出。辛みを楽しみたい方は、是非「鬼旨辛担々麺」を手に取ってみては?

文/佐々木佳奈

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【コンビニ】その他の記事

コンビニ
もっと見る