注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ファミマ「四川風麻婆豆腐」甜麺醤&豆板醤のダイレクトな辛さに病みつき!

ライフスタイル

2018.08.11

20180808mabou01毎週多くの商品が新たに発売されているコンビニエンスストア。コンビニグルメの味はどんどん進化していますが、中にはキレイすぎる見た目やインパクトある特徴で話題になる商品も。そこでこの記事では、色々な意味で話題のコンビニグルメをチェックしていきましょう!

 

ダイレクトな辛さがポイント!


家庭で麻婆豆腐を作る時は、本格的なスパイスや調味料をわざわざ使わないことが多いのでは? 実際にネット上では、「レトルトのものに頼りがち」「小さい子どもがいるから、何年も辛い麻婆豆腐を食べてないかも」といった声が上がっていました。

20180808mabou02

そこで今回は、食べきりサイズで本格的な辛さが味わえる「四川風麻婆豆腐」をピックアップ。1人でも食べきれる量なので、「子どもに合わせた甘口麻婆豆腐に飽きた」という人や辛口好きな人にピッタリなおかずです。どれほどの辛さレベルなのか気になりますね。

20180808mabou03

 

同商品は、蓋を開封するとすぐに食べ始めることができます。好みに合わせて電子レンジで加熱したら、まずは豆腐を一口味見。ふんわりと軽い豆腐は、噛むまでもなくとろけてしまいました。歯ざわりの良い豆腐は、口に入れればほっこりとした気分になれるはず。

20180808mabou04

 

麻婆豆腐の肝ともいえるそぼろ炒めは、甜麺醤(テンメンジャン)で肉汁が溢れるまでしっかり炒めてあります。すくって食べてみると、ゴロゴロと入っているそぼろの噛み応えがバツグン。甜麺醤がよく絡んで、うま辛テイストが存分に引き出されていました。自分で麻婆丼にアレンジすれば、さらに食べごたえも美味しさもアップしそう。

甜麺醤&豆板醤の最強コンビ!


そして最大のポイントは、甜麺醤&豆板醤(トウバンジャン)の絶妙な味つけです。中華風甘みその甜麵醬と、唐辛子から作られた発酵調味料の豆板醤はダイレクトすぎる辛みを演出していました。口に入れた瞬間に舌がヒリヒリするほどの強いスパイスが効いていて、飲み込むと喉の奥まで刺激が。また鼻からスーッと抜ける花椒(ホアジャオ)の香りもプラスされ、味覚でも嗅覚でも楽しめる麻婆豆腐に仕上がっています。辛みのテイストが強いので、水や牛乳などを用意したほうがいいかもしれません。

20180808mabou05

 

発売開始から2カ月が経過しようとしていますが、リピーターは増加の一方。「想像よりも本格的な味で大満足でした!」「ビリビリとくる辛さがたまらなく美味しい」「お豆腐がふわっとしていて食べやすかった」「アツアツのご飯と一緒に食べたくなる味! みんなでシェアしても盛り上がりそう」といった大興奮の声が上がっていました。

20180808mabou06

 

白米にかけてどんぶり風にしたり、そのままつまんで辛さを楽しんでもGOOD。お好みの食べ方で、本格的な麻婆豆腐を楽しんでみてはいかが?

取材・文/佐々木佳奈

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【コンビニ】その他の記事

コンビニ
もっと見る