注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ダイソー「丈夫で長もち爪やすり」メイクポーチに入るコンパクトサイズで登場!

ライフスタイル

2019.11.07

2019.12.01

私たちの生活を支える100円ショップのグッズたち。中には予想を上回る活躍を見せて、ちまたで話題になることも。そんな100均グッズにスポットを当てて、徹底レビューしていきます!

軽く擦るだけでOK!? ネイルケアに役立つ「丈夫で長もち爪やすり」


身だしなみの一環として爪の長さを整えることも大切です。しかし時にはうまくカットできず、爪が歪な形になってしまうことも…。そこで今回は、ダイソーで発見した「丈夫で長もち爪やすり」をピックアップしました。同商品は一見すると普通の爪やすりですが、“軽い力でもしっかり削れる”という魅力的なポイントがあります。

 

利用者からは、「簡単に爪の形を整えられる!」「ネイルケア用のアイテムとして持っておくべき」と好評の声が続出。それでは実際に爪やすりの使い心地をチェックしていきましょう!

 

持ち運べば何処でもパパッと爪磨き!


同商品の大きさは約17(縦)×2cm(横)で、メイクポーチに入れても邪魔にならなそうなサイズです。持ち歩いている100均ユーザーは多く、「出先で時間が空いたら、爪の形を整えてる」「常備しておけば長過ぎる爪を見つけてもソワソワしなくて済むよ(笑)」といった声が寄せられていました。

 

爪やすりの正しい使い方はパッケージ裏に明記。特に難しい動作は必要なく、「やすりを爪に対して45度の角度であてる」「中心に向かって一方向に削る」の2つを守ればOKです。使い方以外には、爪の形を表す「ポイント」や「オーバル」、「スクエア」などの見本図も掲載。理想の爪に近い形があれば、見本を眺めながら削ってみて。

 

長く使用しても“削りやすさ”は衰えない!?


実際に袋から商品を取り出して、爪を削ってみたいと思います。親指の爪をやすりに擦りつけてみると、徐々に削れていくことを確認。擦った後の爪は角が少しだけ削れていて、触ってみても“トゲトゲ”している部分はありません。どうしても削った爪が粉状になっていくため、やすりを使う際は下にティッシュなどを敷いた方がいいかも。

 

使用後にやすり部分を見たところ、削れた爪の粉が残っていました。何度も使えばどんどん溜まっていくと思うので、やすりのクリーニングも忘れずに行いましょう。やすり部分を軽く拭く程度だけでも、“爪のカス”を簡単に落とせますよ。

 

同商品の愛用者からは、「ネイルしてから時間が経った時は自分で形を整えています。ダイソーの爪やすりが一番使いやすくておすすめ」「縦に長いおかげで凄く持ちやすい。爪の細かいところまでやすりをかけられる」「足の爪でも問題なく使えました!」「割と長く利用していますが、削りやすさが衰えません」とのコメントが。

 

キレイな爪をキープするために、同商品を活用してみてくださいね。

 

文/井坂優実

※商品はライターが購入した私物のため、既に完売済みの可能性もあります。メーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。
※実際に使用する際は商品の取扱説明書などをご確認のうえ、正しくお使いください。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【コンビニ】その他の記事

コンビニ
もっと見る