コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

17年前の記憶がよみがえる人も?あの名作がアニメーション映画になって帰ってきた

ライフスタイル

2020.11.11

2020.11.13

©2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

 

12月25日(金)より公開となるアニメーション映画『ジョゼと虎と魚たち』が、第33回東京国際映画祭の特別招待部門正式出品作品として上映され、清原果耶とともにW主演を務めた中川大志と監督を務めたタムラコータローが登壇のジャパンプレミアイベントが実施されました!

アニメーション映画『ジョゼと虎と魚たち』


新たな「ジョゼ虎」が誕生!

©2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project/span>

 

原作は、芥川賞作家・田辺聖子の代表作『ジョゼと虎と魚たち』。2003年には犬童一心監督、妻夫木聡&池脇千鶴主演で実写映画化され、日本だけでなく海外でも話題となり、17年の月日が流れた今もなお、色あせることなく愛され続けている作品です。

 

©2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

 

そんな青春恋愛小説の金字塔が、ついにアニメーション映画に。美しいアニメーションで新しく生まれ変わる「ジョゼ虎」。留学するという夢のためにバイトに明け暮れる大学生・恒夫を中川が、可愛らしい見た目とは裏腹に口の悪い車椅子のヒロイン・ジョゼを清原が務めています。坂道で転げ落ちそうになっているところを恒夫に助けられたジョゼ。この出会いをきっかけに、2人の距離が近づいていきます。

 

1 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る