注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ダイソー「しょうゆボトルキャップ」調理用&食卓用2タイプの注ぎ口が便利!

ライフスタイル

2019.04.22

2019.12.02

20190411shoyu01

私たちの生活を支える100円ショップのグッズたち。中には予想を上回る活躍を見せて、ちまたで話題になることも。そんな100均グッズにスポットを当てて、徹底レビューしていきます!

2種類の注ぎ口が魅力


日常的に醤油を使う機会は多いですよね。中には毎日欠かさず使うという人もいるかもしれません。そこで今回は、醤油がもっと便利に使えるようになるアイテムをご紹介。ダイソーから発売中の「しょうゆボトルキャップ」です。同商品は、醤油の口に取りつけるタイプのボトルキャップ。2タイプの注ぎ口で、醤油を出す量が調節できます。紺色の見た目が、落ち着いた雰囲気を演出。さっそく1リットルの醤油に取りつけて使っていきましょう!

 

醤油に取りつける際に注意したいのが“サイズ”。醤油によっては注ぎ口の形が違い、同商品をそのまま取りつけられない場合があります。そこで活躍するのは、同梱されている「取り付けキャップ」。注ぎ口のタイプが合わなくても心配はいりません。「取り付けキャップ」をはめれば、注ぎ口が違う形でも使用が可能。しかし、特殊な形の口には使用できないことがあるので注意が必要です。取りつける際は醤油の口に合うか注意してくださいね。

20190411shoyu02

 

2つある注ぎ口には、それぞれ“太”“細”と表示されています。まずは太いほうの注ぎ口からお試し。きれいな放物線を描いて、醤油が小皿に溜まっていきました。なかなかの量が出てきますが、一定の量で出てくるので調節が簡単。お次は細いほうから出してみます。するとかなり少量の醤油が「ちょろろろ」と音を立て小皿に。出る量が少ない分、太い口よりも調節が簡単です。醤油を注ぐ際によくやってしまう、“出しすぎ問題”もこれで解決。食卓では「細」が、調理の際には「太」が活躍しそうですね。

20190411shoyu03

 

どちらの口で注いでも全く“液だれ”しないのも同商品の大きなポイント。液だれした醤油が手についたり、テーブルにこぼれてしまうイライラとおさらばできます。キャップもがっちりとハマり、安心感はバッチリ。

20190411shoyu04

 

使い勝手の良さに購入者から歓喜の声が!


通常のボトルだと、醤油がドボドボと出てきてしまい目分量で料理するのも大変ですよね。同商品なら出る量が調節でき、そのまま醤油を投入可能。大雑把な調理でも失敗しにくくなります。

20190411shoyu06

 

同商品を購入した人は、「液だれしないのは本当に助かる」「2つの注ぎ口で使い分けが便利ですね」「料理の際に『ドバっ』とならないから使い心地最高」「“取り付けキャップ”がついてるのが地味にありがたいよね」と好評の様子。スムーズに醤油が注げる同商品で、液だれや計量のわずらわしさから解放されませんか?

 

文/井坂優実

※商品はライターが購入した私物のため、既に完売済みの可能性もあります。メーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。
※実際に使用する際は商品の取扱説明書などをご確認のうえ、正しくお使いください。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【100均】その他の記事

100均
もっと見る