コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ダイソー「冷んやり水筒」保冷できるウォーターボトルが登場!

ライフスタイル

2019.04.12

2019.12.02

20190402suito01

私たちの生活を支える100円ショップのグッズたち。中には予想を上回る活躍を見せて、ちまたで話題になることも。そんな100均グッズにスポットを当てて、徹底レビューしていきます!

氷が解けないから冷たさが維持できる!


暖かい季節になってくると、外出時に冷たい飲み物があれば嬉しくなります。できれば、冷たさが長く続いてくれたら助かりますよね? そこで今回紹介するのはダイソーの「冷んやり水筒(女の子)」。同商品は、飲み物を冷たいまま保てる便利な水筒です。

20190402suito02

 

20190402suito03

 

水筒は透明なボトル仕様で、中には何やら水色の筒を確認。ふたを開けて中から取り出すと、筒の中身は空洞のようです。実はこの筒が同商品最大の目玉。筒の中に水を入れ、冷凍庫で凍らせることで“保冷材”の役割を果たします。さっそく氷が入った状態の筒を、水の入ったボトルに投入。じわじわと冷たくなり、“冷水”レベルの冷たさになりました。

20190402suito04

 

20190402suito05

 

氷の筒を入れてからしばらく経っても、中の水は常温になりません。筒に入った氷は水に触れないので、溶ける速度がとてもゆっくり。これなら夏場に外へ持って出ても、常に冷たい飲み物が飲めそうですね。氷の筒が入っていない状態なら、飲み物がより多く入ります。夏場の熱い時期は筒を使い、冬場は使わないなどの使い分けをするといいかも。

20190402suito06

 

飲み口は2つ用意されており、それぞれで口の大きさが異なります。口の大きさによって飲み物が出る量も変化。飲みたい量を飲みたい分だけ調整できるのは嬉しいポイントです。飲み物が冷たくて大きい飲み口もあり、スポーツ後にがぶ飲みしたくなりそう。

20190402suito07

 

持ち手の大きさが開けやすさにも貢献!


コンパクトなサイズ感は、持ち運びにもってこいです。小さめのバッグにも入りそうなサイズで、ちょっとそこまでお出かけする際にも活躍してくれそう。ふたには掴みやすい、大きめな持ち手がついています。固く締めてしまったふたでも、持ち手を使えば楽々開閉。単体で持ち運ぶときも便利ですね。

20190402suito08

 

実際に使っている人からは「コンパクトな見た目が可愛いし使いやすい」「パンダのイラストに惹かれて買いました」「中身がぬるくならないから、いつでも冷たいお茶が飲めて助かる」「力がないので、持ち手が大きくてふたが開けやすいのが嬉しいです」と好評の声が続出。これからの暖かい季節に、同商品を活用して快適に過ごしませんか?

20190402suito09

 

文/井坂優実

※商品はライターが購入した私物のため、既に完売済みの可能性もあります。メーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。
※実際に使用する際は商品の取扱説明書などをご確認のうえ、正しくお使いください。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【100均】その他の記事

100均
もっと見る