注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

セリア「フード&ハイネックハンガー」花粉の時期の部屋干しにこれは手放せない!

ライフスタイル

2019.03.14

2019.12.02

セリアのフード&ハイネックハンガー

私たちの生活を支える100円ショップのグッズたち。中には予想を上回る活躍を見せて、ちまたで話題になることも。そんな100均グッズにスポットを当てて、徹底レビューしていきます!

生乾き防止&時短をサポートする「フード&ハイネックハンガー」


大人っぽいハイネックやカジュアルなフードつきの服は、着た後の洗濯が大変。ハンガーに干す時にハイネックの生地がくしゃっと丸まっていると、しわや変なクセがついてしまいます。フードが生地と重なって乾きが遅くなり、嫌な生乾きの臭いの原因になることも。ネット上でも「羽織ったらフードだけ生乾き…」「生乾きの臭いは洗っても取れないから困る」「洗濯ばさみで無理やり広げてみたら跡がついた」という声が。そこで今回ピックアップしたのが、セリアの「フード&ハイネックハンガー」です。

20190305fo-do02

 

「フード&ハイネックハンガー」は、通常のハンガーをサポートする便利グッズ。袋から取り出すと、前面の3段フックと回転するU字のアームがみえます。前面の3段フックはハンガーをかけるためのもので、かける位置によって高さを調整可能。大人サイズはもちろん、子ども用の服にも使えます。大人でも服のサイズはさまざまなので、自分にあった位置にかけましょう。

20190305fo-do03

 

さっそくハンガーにかけたフードつきパーカーを用意。360度に回転するU字アームは本体真後ろの位置でカチッと止まります。フードにアームを差しこみ、側面の波型ストッパーにはさんでしっかり固定。フード部分に空間ができるので風が入り、生地が重なっているより格段に乾きが早くなります。

20190305fo-do04

20190305fo-do05

 

ハイネックに使う時はU字アームを下に向けたまま、側面のストッパーでハイネックを立たせた状態で固定。引っ張るだけではなくU字アームの幅で空気の通り道を作ってくれるので、シワにもならず変なクセもつきません。

 

生乾き防止アイテムの決定版


真後ろに回したアームはしっかりとかみ合っているので、水を含んで重くなったフードでも固定できます。アームをもとに戻す時は、U字アームを少し広げながらおろすのがコツ。無理に力を加えて、固定用のツメを折らないように気をつけてくださいね。

20190305fo-do06

 

購入者からは「乾きづらい真冬には特に助かってる!」「フードだけ湿ってるような中途半端な乾き方にイライラすることもなくなりました」「ベビー服の腹巻ズボンもこれで乾かせて便利」と大好評。洋服の大敵であるシワと、がっかりするような生乾きの臭いに決別できる「フード&ハイネックハンガー」。ぜひチェックしてみてください。

 

文/井坂優実

※商品はライターが購入した私物のため、既に完売済みの可能性もあります。メーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。
※実際に使用する際は商品の取扱説明書などをご確認のうえ、正しくお使いください。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【100均】その他の記事

100均
もっと見る