注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ダイソー「こすってレインボーペーパーシート」虹色に文字が書ける魔法の紙、発見!

ライフスタイル

2018.12.21

2019.12.02

20181211rainbow01

私たちの暮らしを支えてくれる、100円ショップのグッズたち。バリエーションが豊富なだけでなく、クオリティも日々進化しています。中には予想を遥かに上回る活躍を見せて、ちまたで話題になることも。そんな100均グッズにスポットを当てて、コストパフォーマンスに優れた商品を皆様にご紹介していきます。

黒い紙が“レインボー”に大変身!?


文字やイラストは、その人のセンスが試されるもの。そこで今回は、誰でもおしゃれに文字やイラストが描ける「こすってレインボーペーパーシート」をピックアップしました。カラフルな模様に彩られた文字は、“インスタ映え”アイテムにも活用できそう。早速使って、細かくレビューしていきましょう!

20181211rainbow02

 

「こすってレインボーペーパーシート」は、“レインボー”というワードとは真逆の真っ黒なペーパー。「どこがレインボーなんだろう」と不思議に思いますが、専用のペンで黒い紙を削ると鮮やかなレインボカラーが出現します。A4用紙ほどの大きさがあるので、のびのびとイラストが描ける予感。

 

20181211rainbow03

 

20181211rainbow04

 

まずは描き心地を試すために、専用のペンを使ってぐるぐると線を描いていきましょう。少し力を入れながらペンを滑らせると、意外にもすんなりと紙が削れてびっくり! 削った箇所からは、水色・ピンク・黄色といったさまざまな色が出てきました。表面の黒いシートを削っていますが、消しカスのようにボロボロとゴミが出ることもありません。ただ線を描いただけなのに、手が込んだように見える書き上がりに気分はグングン高まっていきます。

20181211rainbow05

 

続いては、カフェメニューの看板を再現してみることに。文字に加えてイラストも描きましたが、描き心地は終始なめらかなままです。しかし同商品は、黒いシートを“復元”させることはできない一発書き仕様。デザインや文字の配置を考えてから書き始めると、失敗がないかもしれませんね。

 

楽しみ方は人それぞれ!


どんな人でもおしゃれに文字をデコレーションできる同商品は、大好評の様子。ネット上からは、「サラリと書いただけでもおしゃれに見える魔法の紙だね!」「子どもの遊び用に買ったけど、いつの間にか私がイラストを描いてました」「どこからどんな色が出てくるのか想像がつかないから面白い!」といった声が続出しています。

20181211rainbow06

 

中には芸術家並みの作品を作り上げた人もいるようで、「竹串で紙を削ると細かい線もスイスイ書けました!」「トレーシングペーパーを使って書くと失敗しないよ」などのコメントも上がっていました。

 

子どもから大人まで楽しめる「こすってレインボーペーパーシート」。工夫を凝らして、世界に一つだけの作品を作ってみてはいかが?

 

文/井坂優実

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【100均】その他の記事

100均
もっと見る