コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ダイソーのおすすめキッチン用品10選!毎日の調理がちょっとラクに!

ライフスタイル

2020.01.03

2020.01.17

私たちの生活を支える100円ショップのグッズたち。中には予想を上回る活躍を見せて、ちまたで話題になることも。今回は、使えるダイソーキッチン用品10選を、実物の商品画像を交えてご紹介します!

おすすめダイソーキッチン用品1 「万能調理スプーン」

ダイソーで人気のキッチン用品万能調理スプーンの商品画像

ひとつあるだけで色んな調理に役立つ、万能なキッチン用品があったら嬉しいですよね。まず最初にご紹介するのは、ダイソーの「万能調理スプーン」。様々な機能を備えた、使い勝手がよすぎるスプーンです。

ネット上からは「優秀過ぎてもう手放せません!」「こんなに万能なスプーンは初めて」との声が。それでは様々な使い方を試して、使い心地を実証していきましょう。

ダイソーで人気のキッチン用品万能調理スプーンの商品画像2

大根も難なくすりおろせる!

ダイソーで人気のキッチン用品万能調理スプーンで大根を下ろす画像

大きめなスプーンに無数の穴が空いているので、液体をすくうには不向きかもしれませんが、普通のスプーンではできないような使い方ができますよ。まずは「万能調理スプーン」の「おろし」機能からお試し。スプーンのつけ根近くにあるおろし器で、大根をすってみます。するとたいした力を入れなくても、しっかりと大根がすり下ろせました。しかもかなりきめ細かくすりおろせるため、実用性も十分。

ダイソーで人気のキッチン用品万能調理スプーンで作った大根おろしの画像

続いて「つぶす」機能を使ってみましょう。スプーンの先端には角度がついていて、ブツブツとした突起物が。本来はジャガイモやかぼちゃなどに使うのが一般的ですが、今回は大根で試してみます。

半分にカットした大根をスプーンでプレスしてみると、思いのほか簡単に大根が押しつぶされました。押しつぶされた大根は、スプーンの開いた穴から「にょきっ」とお目見え。つぶしたものが穴から出ていくので、横に飛び出す心配ありません。

ダイソーで人気のキッチン用品万能調理スプーンの先端の画像

その万能性に絶賛の声が止まらない!

ほかにも同商品には嬉しい機能が。スプーンのヘッドが大きいため、炒めものをする際にも大変役立ちます。スプーン本体の耐熱温度が180℃まであるのも頼もしいポイント。更に炒めものでなくても、ポテトサラダや離乳食などをまぜる際に使えそうです。

ダイソーで人気のキッチン用品万能調理スプーンの商品裏側の画像

実際に商品を購入した人からは、「ハンバーグを作る時に、肉がこねやすくて便利!」「私はにんじんをおろしてみましたが、かなり細かくおろせて助かりました」「穴が空いているから、茹で物をすくう際によくお世話になる」「ひとつで4つの機能が使えて、一家に1個あると嬉しいです」と絶賛の声が続出。洗い物が少なる同商品を是非活用してみてはいかがでしょう?

おすすめダイソーキッチン用品2 「5WAYスライサーセット」

ダイソーで人気のキッチン用品5wayスライサーセットの商品画像

楽に野菜などを薄切りにできるスライサー。最近では、アタッチメント式のものも多くなってきました。次にご紹介するのは、ダイソーが400円で販売している「5WAYスライサーセット」。こちらは取り換え式の万能型スライサーです。

ネット上からは、「5WAYで400円は本当にお得だと思う!」「1家に1台置いてあれば絶対に便利ですよ」との声が続出。大根を用意したので、さっそくスライサーの実力を試していきましょう。

ダイソーで人気のキッチン用品5wayスライサーセットの商品画像

こちらの商品は、透明なケースとスライサーをつけ替えられるカバー、5つのスライサーと安全ホルダーがセットになっています。スライサーの種類は、フルーツ絞り、スライサー、太切り、細切り、おろし器の5種類。最初は、オーソドックスなスライサーを使って実証してみることに。ケースにスライサーのアタッチメントを“カチッ”と取りつけ、準備完了です。

ダイソーで人気のキッチン用品5wayスライサーセットのセット内容画像

まずは擦る前に、スパイク状になっている安全ホルダーを大根に挿入。ホルダーには持ち手がついているので、万が一スライス中でも誤って指を怪我することはありません。安全ホルダーのつまみを掴み、大根を力強くスライスすると、かなりスムーズに大根がスライスされていきました。薄切りにされた大根は、ケースにどんどん蓄積されていくので、切れ味はまったく問題ないようですね。

ダイソーで人気のキッチン用品5wayスライサーセットで大根をスライスする画像ダイソーで人気のキッチン用品5wayスライサーセットでスライスした大根の画像

コスパ最強のスライサー認定!

お次はカバーにおろし器をセット。先ほどの要領で大根をゴシゴシと擦ってみます。今度は大根がしっかりと擦りおろされ、見事な大根おろしが完成。太切り細切りのアタッチメントも同様に試したところ、こちらも問題なくカットできました。

ダイソーで人気のキッチン用品5wayスライサーセットの商品画像

実際に商品を購入した人からは、「何気に安全ホルダーの存在が嬉しい。指まで擦りおろしちゃうからね」「400円でこの万能性は本当にすごいと思います」「アタッチメントの取り換えが簡単でとっても楽できる」「スライサー使ってても、特に引っかかったり使いにくさを感じないですよ」と絶賛の声が続出中。どんなスライスも簡単にできちゃう5WAYスライサーセット、ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね。

おすすめダイソーキッチン用品3 「ちょいのせおろし」

ダイソーで人気のキッチン用品「ちょいのせおろし」の本体画像

焼き魚のつけ合わせや、蕎麦などの薬味に使う“大根おろし”。私もおろし器で大根をすりおろしていますが、安定しなくてストレスを感じることがあります…。そんなときにオススメなのが、ダイソーの「ちょいのせおろし」。

家庭にある様々なサイズの器に合わせて、おろし器がセットできる画期的なアイテムです。

ダイソーで人気のキッチン用品「ちょいのせおろし」の本体画像2

実力とお手入れの楽さを兼ね備えたアイテム

ダイソーで人気のキッチン用品「ちょいのせおろし」の本体画像3

早速パッケージから取り出すと、まん丸のフォルムをしたおろし器がお目見え。色は清潔感のあるホワイトで、真ん中は通常のおろし器のようにトゲトゲしていました。おろし器のフチは段々になっており、この溝が器にフィットする仕組み。持ち手の部分には穴が開いているため、キッチンに吊るすこともできます。

サイズは19.3(縦)×17.3(横)×1.6cm(高さ)の大きさで、“スチロール樹脂”というプラスチックのような軽い素材。汚れが目立つフチも、たわしなどで問題なく洗えそうです。

ダイソーで人気のキッチン用品「ちょいのせおろし」の実物画像

それではどんぶりに、おろし器と大根をセットして実践スタート。適当に選んだ器でもしっかりフィットして、ストレスのない安定した使い心地です。もしも滑りやすい場所で使う時は、濡れた布巾などを敷けばよりスムーズに使えますよ。円を描くようにゴリゴリすりおろすと、器の中に大根おろしがたくさん完成していました。フチに丸みがある食器の場合は、おろし器を裏にして使用しましょう。

料理のちょいイラを解消!?

こちらのは内径が12.5~16.5cmの器に対応しています。ちなみにレモンなどの柑橘類をすりおろすと、変質する可能性があるため注意してください。

ダイソーで人気のキッチン用品「ちょいのせおろし」で作った大根おろしの画像

実際に商品を購入した人からは、「イラッとすることなく快適に野菜をすりおろせるよ」「フチがある器でも使えるところが優秀だね」「素材も軽くて、意外とコンパクトだからお手入れも簡単です」などの声が寄せられていました。様々な大きさの器に対応できる同商品で、野菜や果物をすりおろしてみませんか?

おすすめダイソーキッチン用品4 「立たせる! 鍋フタつまみ」

ダイソーで人気のキッチン用品「立たせる! 鍋フタつまみ」の画像

限られた料理スペースに鍋フタを置くと、かさばって邪魔になることってありませんか? そこでお次はダイソーの「立たせる! 鍋フタつまみ」をピックアップ。取りつけるだけで鍋フタが立つようになり、スペースを節約できるアイテムです。さっそくステンレス製の鍋フタを用意して、実際に試してみましょう。

ダイソーで人気のキッチン用品「立たせる! 鍋フタつまみ」の本体画像

ドライバー1本でラクラク装着!

同商品はドアノブのような見た目をしており、持ち手としてしっかり握れるサイズです。カラーリングはシンプルな黒色なので、色のついた鍋フタにも合わせやすそう。

まずは同商品を使用するために、鍋フタにあらかじめついていた「つまみ」を取り外します。つまみを外したら同商品をとりつけて、付属の専用ネジで留めれば装着完了。ドライバー1本で、ラクラクと交換することができました。

ダイソーで人気のキッチン用品「立たせる! 鍋フタつまみ」の商品画像2

フタにとりつけても軽々と持ち上げられる重さだから、忙しい料理中には助かるはず。指先でつまむタイプの「つまみ」よりも安定感がアップしているので、フタを落とすようなミスも減るでしょう。

ダイソーで人気のキッチン用品「立たせる! 鍋フタつまみ」で自立した鍋蓋の画像
次にタテ向きにして床に置き、鍋フタが立つのか検証します。実際に置いてみたところ、持ち手がフタを支えて自立しました!フタを支える床と接地した部分は幅広く、バランスが安定して倒れる心配もありません。これならフタを置く場所が少なくて済み、調理スペースが拡がりそうです。

フックに引っ掛けて便利さアップ

同商品はステンレス・アルミ製の鍋フタだけではなく、ガラス製の鍋フタにも取りつけることができるとのこと。付属の座金とパッキンを、フタとつまみの間に噛ませれば使用可能ですが、ネジを強く締めすぎてガラスにヒビが入らないように注意してください。

ダイソーで人気のキッチン用品「立たせる! 鍋フタつまみ」の裏面の画像

実際に商品を購入した人からは、「取っ手が壊れていたので、代えてみたら使い勝手が凄くイイ!」「立てられる様になったおかげで、調理中の場所をとらなくなった」「立てるだけでなく、フックに掛けたりできるので便利です」「ドライバー1本でくるくるっと簡単につけられたから、他のフタも代えたい」と絶賛の声が続出。立たせる! 鍋フタつまみを活用して、もっとお料理の効率を上げちゃいましょう!

おすすめダイソーキッチン用品5 「ストレートミニストロー(180本)」

幼児に飲み物を飲ませる時は、こぼさないためにもストローを使うのがベター。しかし通常のストローだとサイズが大きくて、飲ませにくいこともありますよね。そんな時は、ダイソーで見つけた「ストレートミニストロー(180本)」の出番です!

ダイソーで人気のキッチン用品「ストレートミニストロー(180本)」の商品画像

同商品は“お子様向け”のストローで、1本の長さが短めに作られています。利用するお母さんたちから好評で、「長さがちょうどいい! 子どもも飲みやすそうで大満足です」「子ども用のドリンクに欠かせないアイテム」といった声が続出中なんだとか。

子どもでも無理なく飲める安心ストロー!

ダイソーで人気のキッチン用品「ストレートミニストロー(180本)」の商品画像2

同商品は長さが約13cmほどのミニストロー。“青・赤・白”の3色が揃っていて、カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントです。ストローの色によって使い分ける人もいるらしく、「飲み物に興味を持ってほしい時は赤をよく使う」「うちの子どもは3人兄弟なので、それぞれ違う色のストローを渡してます」などのコメントも見られました。ストローの先端は斜めにカットされているため、飲み口にラベルが張ってあるドリンクでも差し込み可能。

ダイソーで人気のキッチン用品「ストレートミニストロー(180本)」の本体先端画像

子どもでも安全に使えるための工夫は“ストローの口径”にも隠されています。約5mmほどに設定されているので、子どもが使用しても多くの量を吸い上げられません。試しにミニストローを使って飲み物を飲んでみたところ、大人にとっては少ない量のドリンクが口の中に。ふざけて一気に吸い上げない限りは、子どもでも無理なく飲めると思います。

“青・赤・白”のトリコロールカラーがおしゃれ

ダイソーで人気のキッチン用品「ストレートミニストロー(180本)」を使用した画像

同商品の袋はテープで止められているので、利用する度に取り出すのは面倒かもしれません。テープをいちいちはがすのが大変な時は、別の容器に移すのがおすすめです。スムーズに取り出しやすくなって、ストレスフリーで使えるようになるはず。“100均上級者”の場合だと、「ガラス容器に3色のストローを入れると見た目がオシャレになる」「カラーリングを活かせば置き物としても使えます」といった使い方をしているようでした。

ダイソーで人気のキッチン用品「ストレートミニストロー(180本)」を移し替えた画像

他の100均ユーザーからは、「180本も入っているから思ったよりも長持ちする!」「ヤクルト用のストローとして使わせてもらってます」「ストローの色が白だけだと味気ないけど、青と赤があるおかげでオシャレな雰囲気もある」と好評の声が続出。子どもによる“飲み物のこぼし”を防ぐためにも、「ストレートミニストロー」をフル活用してみてくださいね。

おすすめダイソーキッチン用品6 「レンジでかんたん!! 薄焼きたまご」

ダイソーで人気のキッチン用品「レンジでかんたん!! 薄焼きたまご」を移し替えた画像

冷やし中華やお弁当に彩りを添える薄焼きたまご。でも、意外と薄焼きたまごを焼くのは面倒ですよね。そんな時に便利なのが、ダイソーの「レンジでかんたん!! 薄焼きたまご」。型に卵を流して電子レンジで加熱すると、薄焼きたまごが完成するアイテムです。早速冷蔵庫から卵を取り出して、使い勝手を試していきましょう。

ダイソーで人気のキッチン用品「レンジでかんたん!! 薄焼きたまご」の商品画像2

凹凸加工で卵が張りつかない!

同商品は、約横10.5㎝×縦19.5㎝×高さ1.5㎝の大きさです。持ち手の部分もついており、濃いイエローカラーをした見た目がとてもキュート。“ポリプロピレン”という軽い素材で作られているので、お手入れも簡単にできますよ。

ダイソーで人気のキッチン用品「レンジでかんたん!! 薄焼きたまご」で作った薄焼き卵の画像

それでは本当に薄焼きたまごができるのか実践開始。パッケージの説明通りに溶きほぐした卵を、長方形の型に流していきます。卵を入れすぎると型からこぼれてしまうため、分量的には“大さじ2”を目安としてくださいね。後は500Wの電子レンジで約20秒チンするだけで完成です。

ダイソーで人気のキッチン用品「レンジでかんたん!! 薄焼きたまご」で作った薄焼き卵の画像2

レンジから取り出してみたところ、見事に薄焼きたまごを作ることができました。型に卵が張りつくか心配でしたが、表面に施された“凹凸加工”のおかげでスルッと取り外せます。意外と手間のかかる薄焼きたまごも、同商品なら電子レンジでパパッと調理可能。卵が上手に固まらない場合は、5~10秒ずつ様子を見ながら加熱しましょう。

キャラ弁やオムすびにもピッタリ

フライパンで作るのが面倒な薄焼きたまごはもちろん、ケチャップライスを包めば“オムすび”なども簡単に調理できます。お弁当のバリエーションに困っている人にも、おすすめできる便利アイテムでした。

ダイソーで人気のキッチン用品「レンジでかんたん!! 薄焼きたまご」で作った薄焼き卵の画像3

実際に愛用している人からは、「朝の忙しい時間でも簡単に薄焼きたまごが作れる」「卵が張りつかないのは画期的だね」「火を使わずに調理できるので暑がりな私にピッタリ!」といった声が上がっています。電子レンジで薄焼きたまごが作れる同商品で、料理の幅を広げてみてはいかがでしょうか?

おすすめダイソーキッチン用品7 「簡単おにぎりパック」

ダイソーで人気のキッチン用品「簡単おにぎりパック」の商品画像

おにぎりといえば、素手やラップを使って握るイメージを持っている人が多いと思います。しかし今からご紹介する「簡単おにぎりパック 大」は、パックに入れたまま“おにぎり”を作れるアイテム。一体どんな仕様になっているのかドキドキです。

ダイソーで人気のキッチン用品「簡単おにぎりパック」の本体画像

それでは、購入した「簡単おにぎりパック 大」を見ていきたいと思います。触ってみると、「シリコーン素材」のなめらかすぎる肌触りにビックリ。しかも“柔らかさ”があるのでとっても握りやすそう。

余ったご飯を有効活用

ダイソーで人気のキッチン用品「簡単おにぎりパック」を開けた画像
早速蓋を開けて、昨晩の残りご飯を詰めていきましょう! ご飯を詰めようと手のひらに乗せた瞬間、プルプル震え出した「簡単おにぎりパック 大」。無理にご飯を押し込むのではなく、しゃもじを使って優しく“ふんわり”とご飯を詰めてあげてくださいね。

ダイソーで人気のキッチン用品「簡単おにぎりパック」にご飯をつけた

ダイソーで人気のキッチン用品「簡単おにぎりパック」を使った画像

軽い素材だから“持ち運び”もラクラク!

ダイソーで人気のキッチン用品「簡単おにぎりパック」を実際に使用中の画像

同商品の最大の魅力は、そのまま“冷凍”できるところ。これならわざわざラップで包んで保存する必要がないので、手間がかからずに済みます。また高い耐熱性のアイテムだから、電子レンジで温めるのも可能。温めたあとは軽く握って“かたさ”を整えれば、そのまま手を汚さずに食べられますよ。

ダイソーで人気のキッチン用品「簡単おにぎりパック」で作ったおにぎりの画像

購入した人からは「柔らか素材で洗いやすい! しかもめちゃくちゃ軽いから持ち運ぶのに便利」「おにぎりを出さずに容器のまま食べられるのが嬉しいよね」「以前“小サイズ”を買って凄く良かったから、今回は“大サイズ”を購入。使い分けてしっかりご飯食べるぞ~」「家族みんなで重宝してます」「不器用で弁当が作れない私にとって“救世主”と呼べるアイテム!」と好評の声が相次いでいました。

おすすめダイソーキッチン用品8 「ご飯一合炊き」

ダイソーで人気のキッチン用品「ご飯一合炊き」で作ったおにぎりの画像

炊飯器で炊いたホカホカご飯は、お腹も心も満たしてくれるほっこりメニュー。しかし、炊飯器がないシチュエーションだと、なかなか炊き立ては食べられないですよね。そんな時には“チン”するだけでホカホカご飯が作れる電子レンジ調理器「ご飯一合炊き」の出番です!

ダイソーで人気のキッチン用品「ご飯一合炊き」の本体画像

同商品は、一合のお米が電子レンジで炊ける便利アイテム。底に一合分の水とお米を入れて、数回研ぎましょう。内ふたに水切りをする部分がついているので、お米をこぼす心配はありません。

研いでチンしてできあがり

ダイソーで人気のキッチン用品「ご飯一合炊き」にお米を入れた画像

お米を研ぎ終わったら、水を200mlいれて30分~40分放置。少し長いように感じますが、お米をふっくら炊き上げるための重要なポイントです。時間がたったら、外ふたをしっかりとロックしてください。電子レンジが500Wの場合は、6分間温めてから弱に切り替えて12分加熱。600Wの場合は、5分間温めてから弱に切り替えて12分加熱しましょう。

ダイソーで人気のキッチン用品「ご飯一合炊き」をチンした画像

さっそく電子レンジで温めてみたところ、おいしそうなご飯の匂いが部屋中に充満。かぐわしい匂いが食欲をそそります。外ぶたから湯気がぬけるので、膨張して中身が飛び出すこともありません。

ダイソーで人気のキッチン用品「ご飯一合炊き」をチンした画像

少し蒸らしてから、ご飯のできばえをチェック。ふっくらとした見た目で、「電子レンジで作ったよ!」と言っても信じてもらえないかも。食感もやはりふっくら柔らかく、ちょうどいい口当たりでした。

ダイソーで人気のキッチン用品「ご飯一合炊き」で炊いたご飯のアップ画像

購入者からは、「電子レンジさえあれば、いつでも炊き立てご飯が食べられるのが最高!」「炊飯器と変わらないテイストでビックリ…」「会社に持っていけば、いつでも炊き立てご飯が楽しめるね」「一人暮らしには最適! 毎回お世話になっております」「100円ショップでこんなにも画期的な調理器具があったとは…」「柔らかめが好きだから、水の量を少し増やしている」といった声が続出しています。あなたも「ご飯一合炊き」を使って、炊き立てご飯を楽しんでみてくださいね。

おすすめダイソーキッチン用品9 「スリムボトル」

デトックスウォーターなどを入れて、おしゃれなマイボトルとして人気を博している“クリアタイプボトル”。中身が見えるので、鮮やかなカラーの飲み物を入れれば“インスタ映え”にもってこいです。さまざまなデザインのボトルが販売されていますが、形や大きさはほぼ一緒。しかしダイソーから販売されている「スリムボトル」を使えば、ワンランク上のオシャレが楽しめるかもしれません。

ダイソーで人気のキッチン用品「スリムボトル」の商品画像

一見普通のボトルに見える「スリムボトル」は、文字通り細長く作られたスリムなクリアボトル。装飾がほとんど施されていない、シンプルなデザインをしています。キャップの部分を開けてみると、ペットボトルの飲み口と同じサイズの穴が。使い方の説明なども特に書かれていないので、“使用用途は無限大”ですね。

ダイソーで人気のキッチン用品「スリムボトル」の

気になる使い勝手は…?

ダイソーで人気のキッチン用品「スリムボトル」の商品アップ画像

それでは早速、お水を入れて使い心地を試してみましょう。注ぎ口は小さくないので、スムーズにお水が入っていきます。一度冷蔵庫に入れてみると、冷蔵庫内のサイドポケットに驚くほどピッタリ。厚みが無いので何本入れてもスペースを取りません。酢、みりん、しょうゆなどの調味料や、手作りドレッシングなどを入れれば、冷蔵庫内をオシャレに演出できそうですね。

ダイソーで人気のキッチン用品「スリムボトル」の飲み口画像

持ち運びにも最適

持ち運びにも最適な「スリムボトル」は、ここ数年流行っている、“サコッシュ”などの小さいバッグにもすっぽり収まります。他にも“花瓶”代わりに使えば、インテリア雑貨に早変わり。まさに“痒い所に手が届く万能マルチボトル”という称号がふさわしい商品だと感じました。

ダイソーで人気のキッチン用品「スリムボトル」の使用画像

購入した人からは「試しに一本買ってみたけど可愛すぎてもう一本買い足しました!」「飲み物入れてるんだけど、意外と飲みやすくてもう手放せません」「小さな隙間にもピッタリハマるので、冷蔵庫のデッドスペースを上手くいかせて最高!」「友達が持ってるの見て買ったけど、今度は私がみんなにすすめています」と好評の声が続出。オシャレなボトルをお探しの方は、是非「スリムボトル」を購入してみては?

おすすめダイソーキッチン用品10 「回転式ホイッパー」

ダイソーで人気のキッチン用品「回転式ホイッパー」の商品画像

お菓子を作る工程で、1番重労働なのが“生クリームやメレンゲの泡立て作業”。ホイッパーを使って何度もかき回しているうちに、腕が痛くなって思うように作業が進まなくなりますよね。ネット上でも「うちには電動泡だて機が無いから、いつも手作業でしんどい…」「何十分も腕を動かし続けられない!」といった声が。最後にご紹介するのは、ダイソーの便利グッズ「回転式ホイッパー」。早速ホイッパーの使い心地を試してみたいと思います。

ダイソーで人気のキッチン用品「回転式ホイッパー」の商品画像2

一見普通の泡だて器に見える「回転式ホイッパー」は、手を回さずに泡立てができる特殊なホイッパー。まるで“魔法少女のステッキ”のような、可愛らしい見た目をしています。手に持ってみるととても軽量で、さらに一般的なホイッパーよりもかなりスリム。触ってみた感じは特に変わった部分がありません。一体どこに秘密が隠されているのでしょうか?

とき卵があっという間に完成

ダイソーで人気のキッチン用品「回転式ホイッパー」を実際に使用している画像

それでは早速、「回転式ホイッパー」を使って卵を溶いてみたいと思います。パッケージには「ハンドルを押すだけで泡立てができる」と記載があるので、実際にお皿の上に乗せてからハンドルを押し込んでみましょう。するとホイッパーのハンドルが勢いよく下がり、同時に泡立て部分が高速回転。ハンドルを押した時だけでなく上に戻した時にも回転するので、一瞬で卵が混ざりました。

ダイソーで人気のキッチン用品「回転式ホイッパー」を実際に使用している画像2

ダイソーで人気のキッチン用品「回転式ホイッパー」を実際に使用している画像3

動きがとってもスムーズ!

魔法のような使い心地の「回転式ホイッパー」ですが、使うのに“ほとんど力がいらない”のもポイントの一つ。ハンドルの押し心地がとてもスムーズなので、何度使用しても疲れることはありません。台所にコンセントが無くて“電動泡だて機”が使えない人には、まさに“救世主”といっても過言では無い商品だと思います。

ダイソーで人気のキッチン用品「回転式ホイッパー」の先端画像

購入した人からは「面倒な泡立て作業が簡単にできて助かってます!」「これで100円なんてお得感が半端ない」「記念日やバレンタインのお菓子作りが楽しくなるね!」「今までの苦労が何だったのかと思うくらい、泡立てが楽になりました」と好評の声が後を絶ちません。日頃の泡立てを手早く済ませたい方は、是非「回転式ホイッパー」を使ってみましょう!

おすすめダイソーキッチン用品11 「キッチンあみたわし」

ダイソーおすすめキッチン用品「キッチンあみたわし」の商品画像

フライパンの頑固な汚れやコップの底は、市販の四角いスポンジだとなかなか落ちませんよね。かといって力を強く入れ過ぎると、フライパンやコップが傷つく原因に。ネット上でも「ゴシゴシやるとテフロンが剝がれてフライパンが駄目になっちゃう…」「硬い金属たわしは、汚れは落ちるんだけどめちゃくちゃ傷がつくから使いたくない!」といった声が上がっています。そんな時に役立つのが、ダイソーの画期的な掃除道具「キッチンあみたわし 2枚」。早速実力のほどを確認してみましょう!

洗い心地抜群の「キッチンあみたわし 2枚」

ダイソーおすすめキッチン用品「キッチンあみたわし」の商品画像2

まるで投網のような見た目の「キッチンあみたわし 2枚」は、その名の通り“網状”の洗い物用たわし。ド派手なピンク色とシックなグレーが1枚ずつ入っています。“たわし”という名前のわりに、伸縮性もあって触り心地は柔らか。折りたためばコンパクトサイズになるので、収納にも困りません。

ダイソーおすすめキッチン用品「キッチンあみたわし」の商品アップ画像

では実際に、同商品を使ってコップを洗ってみたいと思います。手にくるんでからコップの底を撫でるように洗うと、みるみるうちに汚れが落ちました。素材が柔らかいので角の部分にジャストフィット。ざっくりした網目のおかげで、汚れが気になる部分も根こそぎ綺麗にしてくれます。

洗剤と使えばより洗浄力アップ!

見た目に反して意外と泡立ちのいい同商品。洗剤を使えばより一層洗浄力が上がります。乾きも良くて丈夫なので、ずっと使っていてもヘタらずにとっても長持ち。色違いが2枚入っているため、交互に使えば頻繁に買い替える必要もありませんね。または、コップ用とフライパン用などと用途別にピンクとグレーで使い分けてもよさそう。

ダイソーおすすめキッチン用品「キッチンあみたわし」の使用中画像

実際に使用した人たちからは「一度洗い物に使うと、今まで使用していたスポンジに戻れなくなる!」「どうしてもこのたわしが欲しくて探し回ってやっと見つけました! 予想通りの使い心地で本当に大満足のアイテムです」「丈夫でスペースも取らない神がかった商品」「ママ友に勧めたけど、みんなハマって喜ばれました!」と好評の声が相次いでいます。みなさんもぜひダイソー「キッチンあみたわし 2枚」を手に入れて、洗い物のストレスを解消してくださいね。

おすすめダイソーキッチン用品12 「キッチン排水口用フィルター」

おすすめダイソーキッチン用品「キッチン排水口用フィルター」の商品画像

台所の掃除で1番厄介な“排水口”。少しでも放っておくとヌメヌメになり、手が届きずらくて掃除が難しいですよね。かといってそのまま放置していると、カビの繁殖や悪臭の原因になってしまいます…。そんなお悩みを解決してくれるのが、ダイソー「キッチン排水口用フィルター」。排水口の掃除が圧倒的に楽になる注目アイテムの全貌をレビューします!

おすすめダイソーキッチン用品「キッチン排水口用フィルター」の商品アップ画像

円柱形になっている「キッチン排水口用フィルター」は、その名の通り排水口の専用フィルター。一見普通の排水口フィルターに見えますが、上部には取り外しやすいように取っ手がついていて、表面には水を排出するためにたくさんの穴があります。重要な部分がしっかり押さえられた作りに、「機能性がちゃんと考慮されてる!」と実感しました。

おすすめダイソーキッチン用品「キッチン排水口用フィルター」の商品アップ画像4

また同商品には隠された“秘密”が。本体を手に持って左右に引っ張ると、パカッと観音開きに開きます。開くことにより、外側の掃除だけでなく内側も綺麗に掃除が可能に。いくら外側が綺麗でも内側に汚れが残っていたらニオイの原因になるため、隅々まで洗えるのは大助かりです。

実際にダイソー「キッチン排水口用フィルター」を使ってみた

おすすめダイソーキッチン用品「キッチン排水口用フィルター」の商品アップ画像2

それでは早速、排水溝に同商品を設置してみましょう。排水口にピッタリフィットして、隙間からゴミや食べかすなどが入り込む心配はありません。また取っ手のおかげで、着脱も予想以上に楽ちん。本体ごと綺麗に丸洗いができるため、衛生面でも安心です。

おすすめダイソーキッチン用品「キッチン排水口用フィルター」の商品アップ画像3

実際に使用した人たちからは、「今までは使い捨てタイプを使用してたから、これなら交換しなくても毎日洗えて助かります!」「清潔さを保ちたい台所には、無くてはならない商品だね」「従来のフィルターは内側の掃除ができなかったから、これを使ったらもう他の物は使えません!」と好評の声が続出。排水溝の掃除にお悩みの方は、是非ダイソー「キッチン排水口用フィルター」を使ってみては?

おすすめダイソーキッチン用品13 「たまごセパレーター」

おすすめダイソーキッチン用品「たまごセパレーター」の商品画像

丼ものにトッピングをしたいときや、お菓子作りをする時に使うたまご。黄身と白身を分けるのって、絶妙に面倒くさいですよね。そんな「ちょいイラ」を解決してくれる商品をダイソーで発見しました。その名もズバリ「たまごセパレーター」。新鮮なたまごを用意して、早速レビューしてみましょう!

おすすめダイソーキッチン用品「たまごセパレーター」の商品画像2

パッケージの中から、黄色いニワトリがつぶらな瞳でこちらを見つめています。まるっとしたフォルムがなんともキュートですが、使い勝手の方はいかがでしょうか。実際にたまごを使っていざ実践。

ダイソー「たまごセパレーター」の実力にびっくり!

おすすめダイソーキッチン用品「たまごセパレーター」の商品画像3

まずは、生たまごを普通にお皿に割り入れます。通常は黄身をスプーンですくい出したり、箸で黄身を抑えながら白身を流したりなど面倒な工程が待っていますが、「たまごセパレーター」なら簡単に分離できちゃいます!

まずはニワトリの体を指でつまみ、力をこめてへこませます。つぶされたニワトリの顔もなんともキュート。そのまま足元にある穴を黄身に近づけて指の力を抜くと、あっという間にたまごの黄身だけが吸い込まれていきました。押しつけすぎると黄身をつぶしてしまう可能性があるので注意してくださいね。

おすすめダイソーキッチン用品「たまごセパレーター」の商品画像4持ち上げると、たまごの黄身がお尻から少し顔を覗かせています。白身が多少混入してしまっても、そのまま持っていれば流れ落ちていくので心配は不要。産卵中のような見た目のニワトリを別の容器に移動して、黄身をとり出しましょう。

キュートな見た目でホンモノの実力

別の容器に移動した「たまごセパレーター」をゆっくりと押すと、吸い込んだ黄身がにゅ~っと登場。白身もほとんど混ざっていないので、見事な働きっぷりでした。

おすすめダイソーキッチン用品「たまごセパレーター」の商品画像5

購入者からは「楽しいし実用性があるから用がなくても使いたくなる」「いつも黄身と白身を分けるのに苦労していたから本当に助かります!」と絶賛の声が続出。キュートなだけではない実力派のダイソー「たまごセパレーター」を、ぜひゲットしてみてくださいね。

おすすめダイソーキッチン用品14 「厚み調整スライサー」

ダイソーおすすめキッチングッズ「厚み調整スライサー」の商品画像

野菜などをスライスする際に厚さを調整できたら、食感にも変化をつけられて嬉しいですよね。次にご紹介するのは、ダイソーの300円商品「厚み調整スライサー」。

ダイソーおすすめキッチングッズ「厚み調整スライサー」の商品画像2

ツマミの調節で板が動き、スライスする食品の厚みを変えられる進化系スライサーです。食材の厚さは、厚切りから薄切りまで7段階にコントロール可能。サラダ作りや薬味の準備などに大活躍しそうなアイテムです!

均等にスライスされた野菜を大量生産

板を調整するツマミの両端には「うすい」「あつい」との表記があり、厚切りモードか薄切りモードかを一目で判別可能。「うすい」から「あつい」にツマミを移動させるたびに、板と刃の間が広くなる仕組みのようです。約0.3mm~2.5mmの間で厚さ調整が可能で、かなり細かく厚さを決められるのが魅力ですね。

ダイソーおすすめキッチングッズ「厚み調整スライサー」の商品画像3

実際にキャベツを用意してスライス開始。「うすい」方につまみを合わせて調理してみます。キャベツをスライドさせると、ボウルには見事な薄めのスライスが。逆に「あつい」につまみを動かしてみると、今度は食べ応えのありそうな細切りキャベツがどんどん排出されました。

匠の技が光る「メイド・イン・ツバメ」

ダイソーおすすめキッチングッズ「厚み調整スライサー」の商品画像4

同商品に使われている刃は新潟県燕市で作られた「燕製品」。日本をはじめ世界でも「メイド・イン・ツバメ」として広く愛用されています。8工程の研磨加工で製造された刃は切れ味バツグンで、ダイソーで手に入るクオリティとは思えません。

ダイソーおすすめキッチングッズ「厚み調整スライサー」の商品画像5

購入者からは「作るものによってスライスできる厚さを変えられるから、料理の幅が広がった」「ダイソーとは思えない切れ味で、スイスイ料理が進むのが気持ちいいです」「このクオリティで300円ならむしろ安いと感じる」「色々な食材に対応できるから料理が楽しくなりました」と絶賛の声を多く発見。ダイソー「厚み調整スライサー」を使って、食卓をよりバラエティー豊かに彩ってみるのはいかがでしょう?

おすすめダイソーキッチン用品15 「皮が散らない皮むき器」

皮むき器で野菜をむくと、皮が散らばったり手に貼りついたりしてイライラしますよね。そこで今回レビューするのは、ダイソーの「皮が散らない皮むき器」。

ダイソーおすすめキッチングッズ「皮が散らない皮むき器」の商品画像

刃についた専用カバーのおかげで、むいた皮が辺りに散らばることなくまとまって落ちてくれる便利な商品です。刃の部分になにやらカバーのようなものがついていますが、ぱっと見の違いはそれだけ。果たしてどれほどの実力なのか、試してみましょう。

ダイソーおすすめキッチングッズ「皮が散らない皮むき器」の商品画像2

白いカラーリングでシンプルなデザインが特徴の、ダイソー「皮が散らない皮むき器」。持ち手は掴んだ時に親指と人差し指の触れる箇所が窪んでいて、皮をむく時に力を入れやすくなっています。持ってみると手にしっかりとフィットする感覚があるので、使っているときに滑り落ちなくて安心。気になる透明のカバーは刃と角度と連動して動くため、皮を逃さず受け流してくれそうです。

コスパ最強の皮むき器はダイソーにあった!

さっそく、にんじんの皮むきに挑戦。「シャッシャッ」と気持ちの良い音を鳴らしながら、みるみるにんじんが裸になっていきます。普通なら刃の裏側から飛び散る皮は、透明のカバーに当たりそのまま落下。

ダイソーおすすめキッチングッズ「皮が散らない皮むき器」の商品画像4

むいた後に下を見ると、綺麗に皮の山が蓄積していました。皮の落下位置がブレないので、まとめる手間は必要ありません。下にゴミ箱などを置いておけば、むいたそばから捨てられるので爽快な気持ちに。

使い終わったら、カバーは左右からつまんで脱着できます。個別に洗うことができるので、衛生面も心配無用。むいた皮が長くなる野菜は、むく際にカバーを外すことで皮のつまりを防止します。状況に応じてカバーを取り外せる柔軟性の高さも魅力ですね。

ダイソーおすすめキッチングッズ「皮が散らない皮むき器」の商品画像5

購入した人からは「三角コーナーの上でむくと、ゴミ処理をしなくて済むので本当にラク!」「流し台が散らかるのが嫌だったので、この商品は気に入ってます」「むく野菜に関係なく皮がまとまるので楽しい」「カバーが外せるから、洗う時にとっても便利です」と絶賛の声が続出中。「皮が散らない皮むき器」を使って、日々の料理をもっと楽にしてみては?

ダイソーでは、今回ご紹介した商品以外にも便利なキッチン用品を取り揃えています。気になった方は、ぜひお近くのダイソーに足を運んでみてくださいね。

文/井坂優実

※商品はライターが購入した私物のため、既に完売済みの可能性もあります。メーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。
※実際に使用する際は商品の取扱説明書などをご確認のうえ、正しくお使いください。

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【100均】その他の記事

100均
もっと見る