注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ダイソー 「ワックスペーパーハロウィン」お菓子のラッピングに大活躍! 水分や油分に強い包装紙

ライフスタイル

2019.10.25

2019.12.01

私たちの生活を支える100円ショップのグッズたち。中には予想を上回る活躍を見せて、ちまたで話題になることも。そんな100均グッズにスポットを当てて、徹底レビューしていきます!

ハロウィン用お菓子のラッピングに大活躍する「ワックスペーパー」


10月の下旬になりハロウィンの開催日まで残り僅か。子どもたちのお菓子を用意するため、準備に追われるお母さんが増えてきているようです。そこで今回は、ダイソーで購入してきた「ワックスペーパーハロウィン」をピックアップしました。同商品はお菓子などのラッピングに最適なハロウィン仕様の包装紙。紙の表部分にハロウィンならではのジャックオーランタンや黒ネコ、コウモリといったイラストがプリントされています。“配布用お菓子”のラッピングとして使う人が多く、「包むだけでハロウィン感がアップしますよ」「普通の包み紙よりも断然いいね!」と好評の声が続出。さっそく「ワックスペーパーハロウィン」の使い心地をチェックしていきましょう!

 

使用例のヒントは商品のパッケージに!?


同商品の大きさは約21.8(横)×25cm(縦)で、“大き過ぎず小さ過ぎない”ちょうどいいサイズ。予め手頃な形にカットされているため、購入後すぐにラッピングとして使えると思います。紙にはワックス加工が施されているため、水分や油分に強いのもポイント。


 

今のところ包装紙の使い方は“包む”というイメージしか湧きません。しかしパッケージを見てみると、パイやキッシュに包装紙を使った時の写真が掲載されていました。パイの場合は包むのではなく、デコレーションとして巻きつけるようにラッピング。見栄えをよりアップさせるため、様々なラッピング方法を考えるのも楽しそうです。

 

程よいホラー感がハロウィンにぴったり!


試しに包装紙を1枚取り出してみると、豊富なイラストや「Trick or Treat!」「SPOOKY」という文字がお目見え。色合いがブラックとグレーで統一されていて、何処となく不気味な雰囲気が漂っていました。ポップ過ぎず、しっかりと“ホラー感”を醸し出しているのが好印象。また紙がやや透けているので、食べ物を包んだ際に中身が少しだけ見えるようになっています。「中身は何かな?」と子どもが想像力を働かせるかもしれませんよ。

 

同商品の購入者からは、「クッキーやキャンディを包んで使う予定です。普通の袋に入れるよりもラクチンだから時短にもなる」「油が多いパイに使用すると、直接手に触れなくても食べられます! 手がベタベタしないから気軽にいただけるはず」などの声が上がっています。

 

「ワックスペーパーハロウィン」を活用して、細かな部分から“ハロウィン感”を演出してみてくださいね。

 

文/井坂優実

※商品はライターが購入した私物のため、既に完売済みの可能性もあります。メーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。
※実際に使用する際は商品の取扱説明書などをご確認のうえ、正しくお使いください。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【100均】その他の記事

100均
もっと見る