注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ダイソー「おそうじ棒」で届かなかった隙間のゴミにアタック!!

ライフスタイル

2019.07.03

2019.12.01

私たちの生活を支える100円ショップのグッズたち。中には予想を上回る活躍を見せて、ちまたで話題になることも。そんな100均グッズにスポットを当てて、徹底レビューしていきます!

 

<先週いちばん人気だった100均アイテムはこれ!>

ダイソー「3Dおりがみ」七色に輝く紙飛行機に子供が大興奮!?

狭いところで大活躍する「おそうじ棒」!


狭い場所にホコリが溜まりやすいのはわかっていても、ぞうきんではうまく掃除できないのが歯がゆいですよね。そこで今回は、ダイソーで購入してきた「おそうじ棒」をピックアップ。狭い隙間のゴミやホコリをかき出せる、便利なおそうじグッズです。狭い場所を見つけて、「おそうじ棒」の効果を見ていきましょう。

 

“マイクロファイバー”がゴミを絡めとる!


同商品は細い竹の棒に、ふかふかとしたマイクロファイバーがついたお掃除用品。マイクロファイバーはアタッチメント式で、スペアは3本もついています。無くしてしまったり、汚れて劣化しても安心ですね。

 

まず最初は窓の“フチ”で実証開始。狭くてお掃除しにくい窓のフチですが、「おそうじ棒」を差し込んでみたところ簡単に入りました。そのまま「スススッ」と移動させるだけで、フチから見事にホコリが退散。その代わり「おそうじ棒」の先端を見てみると、マイクロファイバーが真っ黒に。長い間掃除できていなかったので、かなり汚れていたようす。

 

お次はパソコンのキーボードにも試してみます。意外とホコリが溜まってしまい、気がついたらキー間の溝が悲惨な状態。先ほどと同じ要領で、今度は優しく「スススッ」とキー間をなぞってみます。下の方までは届きませんが、見た目は十分綺麗に。マイクロファイバーがゴミやホコリを絡めとり、力を入れなくても効果を発揮してくれました。

 

洗車や液晶画面など様々なシーンで活躍!


「おそうじ棒」の嬉しいところは、汚れたら水洗いして何回でも使えるというところ。先端のマイクロファイバーを取り外し、水のみで手洗いしてみます。すると真っ黒だった先端が、みるみると綺麗になりました。ホコリが絡まりやすく、洗い流しやすいのでとっても楽ちん。汚れがしつこくて落ちないときには、中性洗剤を使って洗い落としましょう。

 

実際に商品を使った人からは、「輪ゴムで縛ると先端が抜けないから掃除がはかどる!」「車清掃のときに、細かいパーツ磨きで大活躍してくれます」「掃除機が入らない冷蔵庫や洗濯機の下に使ってる」「パソコンやテレビの液晶画面にも使えますよ」との声が続出。同商品を活用して、普段掃除できない場所を綺麗にしてみては?

 

<ひとつ前の100均記事に戻る>

セリア「ペットボトルカバー 2L用」夏の水分補給に携帯必須!?

 

文/井坂優実

※商品はライターが購入した私物のため、既に完売済みの可能性もあります。メーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。
※実際に使用する際は商品の取扱説明書などをご確認のうえ、正しくお使いください。

 

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【100均】その他の記事

100均
もっと見る