注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ダイソー「磨きやすい 歯ブラシ 先細」に凝縮された職人技をみる

ライフスタイル

2019.06.24

2019.12.01

20190613migakiyasui01

私たちの生活を支える100円ショップのグッズたち。中には予想を上回る活躍を見せて、ちまたで話題になることも。そんな100均グッズにスポットを当てて、徹底レビューしていきます!

 

<先週いちばん人気だった100均アイテムはこれ!>

セリア「チャック付アルミ蒸着バッグ カメラ」この可愛さは絶対買いでしょ!

毛先が細く磨きやすい歯ブラシ!


数々のラインナップが揃っている“歯ブラシ”ですが、100円で歯をキレイに磨ける歯ブラシがあったら嬉しいと思いませんか? そこで今回は、ダイソーの「『磨きやすい』歯ブラシ 先細」をピックアップ! 毛先が細く、奥までしっかり磨ける歯ブラシです。パッケージから出して、さっそく歯を磨いていきましょう。

20190613migakiyasui02

 

多くのこだわりが1本の歯ブラシに凝縮


同商品には多くの“こだわりポイント”があるので、くまなくチェック。まず1つ目のポイントは、“先細毛タイプ”で歯の隙間も磨きやすい点です。実際に磨いたところ、極細の毛が歯と歯の間をスムーズに移動。細いおかげか毛先もなめらかで、歯茎へのダメージも感じません。

20190613migakiyasui03

 

続いて2つ目のポイントである、歯ブラシの“ヘッド”の厚みを紹介。ヘッドが薄いため奥歯まで簡単に届きます。磨いても口内にぶつかりにくく、ストレスを感じませんでした。

20190613migakiyasui04

 

口の奥まで入りやすいのにはさらに理由が。3つ目のポイントは、植毛方法のこだわりです。歯ブラシの毛を、口の中に入る方向から“ハの字”型に植毛。こうすることで“矢”のように先端が細くなり、狭い場所にもブラシが入りやすくなっています。

20190613migakiyasui05

 

最後のポイントは、ブラシ部分ではなくグリップ部分にありました。持ち手にあえて弾力性を持たせることで、“力の入れすぎ”を防止。グリップ力が無ければ自然とブラッシングも緩やかになり、歯や歯ぐきへのダメージを軽減できます。確かに力強く握ってみると“ぐにゃ”っとした感覚があり、力を分散してくれているようす。優しい力加減でソフトな磨き心地でした。

20190613migakiyasui06

 

歯ブラシ職人・田辺重吉さんの想い


多くのこだわりポイントは、職人の経験と知識の賜物。同商品の考案者である田辺重吉さんは、歯ブラシを作る会社「株式会社タナベ」の創始者でもあります。会社のホームページには「半歩先を見据えて常に進歩した歯ブラシを作っています」とのコメントが。先進的で実用的な歯ブラシが完成したのは、製作者が情熱をそそいだ結果なのかもしれません。

20190613migakiyasui07

 

実際に商品を使った人からは、「持ち手がひょうたんのような形で持ちやすい!」「他のどの歯ブラシよりも使いやすくて、しっかり汚れも落とせますよ」「今までは奥歯を磨くたびに凄い変顔をしていましたが、この歯ブラシなら真顔で磨ける」「同商品を使い始めてから歯医者さんに褒められるようになりました」と絶賛の嵐。同商品で歯を磨いて、毎日キレイな歯を保ちませんか?

 

<ひとつ前の100均記事に戻る>

ダイソー「トリプルシューター」手の甲につける水鉄砲!?売り切れ前に急げ!

 

文/井坂優実

※商品はライターが購入した私物のため、既に完売済みの可能性もあります。メーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。
※実際に使用する際は商品の取扱説明書などをご確認のうえ、正しくお使いください。

 

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【100均】その他の記事

100均
もっと見る