注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ダイソー「水切りゴミ袋キーパー」三角コーナーに別れを告げる画期的な使用感!?

ライフスタイル

2019.06.10

2019.12.02

20190603mizukiri01

私たちの生活を支える100円ショップのグッズたち。中には予想を上回る活躍を見せて、ちまたで話題になることも。そんな100均グッズにスポットを当てて、徹底レビューしていきます!

 

<先週いちばん人気だった100均アイテムはこれ!>

ダイソー「スタンプにもなる蛍光マーカーペン」ペン先の仕組みにビックリ!

簡単設置で邪魔にならない「水切りゴミ袋キーパー」!


毎日の調理で発生する「生ゴミ」。三角コーナーを設置したり、毎回ビニール袋に捨てたりと様々な処理方法がありますよね。今回は、調理や後片づけの邪魔にならない「水切りゴミ袋キーパー」をご紹介。吸着盤で簡単に取りつけられるうえ、手を汚さずに水切りゴミ袋のつけ外しができるのも嬉しいポイントです。「三角コーナー」の代わりになる便利グッズをダイソーで購入して、さっそく試してみましょう。

20190603mizukiri02

 

安定感抜群の開閉式ホルダー&吸着盤!


同商品は、白色を基調としたシンプルなデザイン。キッチンに馴染みやすい、清潔感のある色合いです。水切りゴミ袋をホールドする「ストッパー」部分が上下に開くので、お好みの袋を差し込みましょう。ストッパーを戻したら準備完了。

20190603mizukiri03

 

実際にどのくらいのホールド力があるのか、水切りゴミ袋を引っ張ってみることに。袋をストッパーに挟んだだけですが、しっかり固定されていて使用中に外れることはなさそう。今度は商品についている吸着盤を、流し台のコーナーに取りつけてみます。生ゴミを入れたくらいでは剥がれないほどピタッとくっつき、安定感抜群の三角コーナーが完成。商品は約15.8cm×約18cmのサイズなので、一般的な三角コーナーと変わりなくゴミが入ります。

20190603mizukiri04

 

同商品の特長は、吸着盤のおかげでシンクの外に取りつけられるという点。調理中は活躍する三角コーナーですが、皿を洗う時などは邪魔になってしまいますよね。使わない時は、袋を外した状態で壁のタイルに張りつければOK。縦向きにくっつくので、ほとんどスペースを使わずに保管が可能です。

 

お手入れいらずで後片づけを時短!


三角コーナーにまつわるお悩みといえば、「手が汚れてしまう」ことも忘れてはいけません。あとで手を洗えばいいものの、袋を交換したり捨てる際にぬるぬるした生ゴミが手についてしまいがちですよね。パッケージの「手を汚さずに取りつけ、取り外しができます」という文言を信じて、実際にトライしてみます。

 

最初の準備作業とは逆に、今度は取り外し作業に挑戦。ホルダーのストッパーを開いただけで、固定されていた水切りゴミ袋を簡単に取り外せました。生ゴミの入った袋は、上端を持ってそのままゴミ箱にポイ。お手入れが必要なのは「枠の部分」だけなので、洗う時もラクラクですね。

 

ネット上では、「シンクを広く使えて洗い物がしやすい!」「三角コーナーの掃除をする手間がなくなりました」「取りつけも取り外しも簡単だし、手に汚れもつかないから重宝してます」と大好評の様子。三角コーナーの欠点を解消した同商品で、スッキリした水回りを実現させましょう。

 

文/井坂優実

※商品はライターが購入した私物のため、既に完売済みの可能性もあります。メーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。
※実際に使用する際は商品の取扱説明書などをご確認のうえ、正しくお使いください。

 

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【100均】その他の記事

100均
もっと見る