注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

家族と一緒にハイキング♪行楽日和にうってつけの場所3選

ライフスタイル

2019.05.30

102-1

天気のいい休日には家族そろってどこかへ出かけたいですよね。都会での生活ではなかなか自然と触れ合う機会も少なくなってしまいます。また、小さなお子さんがいるとあまり大掛かりなところに行くのも大変です。
できれば都心から近くて自然の多い安全な場所というのが理想ではないでしょうか。関東圏でのハイキングにはどんなスポットがあるのでしょうか。

■神奈川県の鎌倉ハイキングコース

手軽にお子さんとハイキングを楽しみたいのであれば、鎌倉ハイキングコースがよさそうです。特に初めてのハイキングの場合、穴場もいいのですが、人気のコースにしておいたほうが安全なのです。というのも、人が少ない場合、何かあったときに助けを呼ぶこともできないといったこともあり、安心してハイキングを楽しめません。

さらに、人気のコースであれば、売店や自動販売機、また、トイレなど設備がしっかりしているため、休憩も取りやすいのです。ある程度大きくなったお子さんでさればよいのですが、小さなお子さんと一緒であれば設備のしっかりしたハイキングコースがおすすめです。

鎌倉ハイキングコースはいくつかのルートがあります。お子さん連れでおすすめなのは葛原岡・大仏ハイキングコースになります。全長は3キロほどのコースになります。大仏を見ることのできるコースなので比較的人が多いのが特徴です。

入り口は北鎌倉駅から15分ほどで浄智寺入り口になるのでアクセスもよいです。山の標高はそれほど高くないので、坂道も急ではなく小さなお子さんと一緒でも歩きやすいのではないでしょうか。
入山料や登山料は必要ないのですが、途中で立ち寄ることのできるお寺などでは拝観料が必要となりますのでその分は用意しておくと良いでしょう。

浄智寺をスタートし、葛原岡神社、銭洗弁財天、佐助稲荷を経由して高徳院の大仏がゴールとなります。
初心者や小さなお子さん連れにおすすめの理由としては、途中で中断して戻ることのできるショートカットコースがあるという点です。
何かあったときに来た道を戻らずにショートカットが可能というのは安心の材料になりますよね。

■高尾山に上ってみよう

関東でのハイキングといえば、やはり高尾山ではないでしょうか。12通りのコースがあり、いろいろなコースを楽しむことができます。コースごとに難易度が設定されているので、難易度の低いものから順にチャレンジしてみたいですよね。
最も人気の定番コースといえば、やはり一号路の表参道コースになります。全長は3.8キロで往復3時間ちょっとのコースとなります。もちろん、登りのほうが時間がかかります。

薬王院の表参道にあたるので、薬王院までは全て舗装されているので歩きやすいです。山頂の手前だけが舗装されていないだけなので、普段着で手軽に登れるのが人気です。ケーブルカーもあり、薬王院までなら、革靴で来ている人も大勢いるようです。

コースの途中にケーブルカーの駅、サル園、天狗の腰掛杉、薬王院、仏舎利塔といった観光スポットや食事処もあり、数多くのコースの中では最もにぎやかなコースとなっています。

穴場となるのが、高尾山民おすすめコースです。こちらはあまり他から来る人が利用しないコースとなっています。
表参道コースが人気となっているため、それほど人も多くないのです。高尾駅からゆっくりと高尾山に向かうコースとなっているため、高尾山を登るというのとは少し趣が違ってきます。
ですが、立派な高尾山のハイキングコースの一つであることには間違いありません。のんびり歩いてもよいでしょう。公式サイトでは紹介されているのですが、あまり記事として紹介されていないので、本当の穴場といえそうです。

102-2

 

■東京湾を一望できる鋸山

千葉県の鋸山もハイキングのスポットです。ですが、ロープウェイもありますし、車で上がることもできるのです。

山全体が日本寺となっており、山頂エリア、羅漢エリア、大仏広場、中腹エリア、表参道エリアに分かれています。車で山頂まで登ることは可能ですし、中腹にいくつか駐車場があるので、部分的にハイキングを楽しむことも可能です。

もちろん、最寄駅であるJR内房線の浜金谷駅から徒歩で約10分のところにロープウェイ乗り場があり、一気に山頂まで登ることも可能です。ロープウェイだと山頂まで5分くらいです。

山頂の標高は329メートルなので、東京タワーと同じくらいの高さになります。山頂からは東京湾が一望できるのです。ですが、ここの名物は絶景スポットです。

「地獄のぞき」というスポットで、断崖絶壁から真下を除くことができるようになっています。高所恐怖症の人は要注意です。
もうひとつのスポットが「百尺観音」です。石切り場の後に彫刻されたもので実際に百尺の大きさの観音様です。

山頂から下ったところにある大仏広場には薬師瑠璃光如来があります。奈良の大仏の約2倍の大きさの大仏で、ぜひ一度は見ておきたい大仏のひとつです。一度風化で崩壊しているのですが、昭和44年に復元されたものです。この大仏広場にはトイレが用意されています。

■まとめ

ハイキングは手軽な登山として人気ですが、しっかりとした装備が必要です。基本的にはトレッキングシューズなどを履くのがよいのですが、整備されているところであれば、スニーカー等でも大丈夫なようです。
シーズンに合わせた服装も必要になりますが、夏場でも日焼けやけが防止のために長袖、長ズボンにしておいたほうがよいでしょう。楽しいハイキングですが、まずは装備をしっかりと整え安全を一番に考えましょう。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る