注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

リアルに走るトーマスに乗る! 静岡・大井川鐡道の旅

ライフスタイル

2016.11.18

もうすぐ4歳になる息子がトーマスにハマって1年ちょっと…。富士急ハイランドの「トーマスランド」や新三郷の「トーマスタウン」、夏に開催していたトーマスイベントなど、様々なトーマス関連スポットに出かけ、この度“晴れて”トーマス号に乗ることができました!“晴れて”と書いたのは、このチケットがなかなか取れずに苦労したからです。

20161118-1

トーマス号とは、機関車トーマスがリアルに走るSL機関車。静岡を走る大井川鐡道で6月~10月の間の期間限定で乗れるのですが、チケットがローソンチケットの抽選という難関!今年はのべ77日間運行日があったとは言え、3月から主人と私で抽選申し込みをしても落選ばかり…、ようやく7月に9月のチケットが当選し、この度行くことができたのです。今回は、このトーマス号のレポートをお伝えします!

 

●大井川鐡道

http://oigawa-railway.co.jp/

 

落選続きのチケット取り…確実に行く方法はあるのか?!

夏休みに大井川鉄道に行きたいね、なんて話をしていたら、すっかり行く気になっている息子。親はそのために必死になってチケット取りをするわけですが、先述のとおりチケットは抽選。3月に6・7月分の抽選がスタートし、初回のみ往復チケット販売は落選…。次の片道チケットに再度チャレンジしたら…、なんと主人が7月のチケットに当選!!!予想に反して早く手にしたチケットに息子と大はしゃぎ!

 

しかし!数日後、主人がこの当選チケットを期日内にローソンに発券購入しに行かなかったことが判明。気づいたのは期限最終日の翌日。問合せして頼み込んでも一度キャンセルになってしまったものは戻せず、まさかのまさかの再度チケット取りへ。私の怒りは書くまでもありません…。

 

翌月も落選し、日に日に盛り上がっている息子を見て、これは困ったぞと思い調べていると、どうやら近畿ツーリストなどで、このトーマス号に乗るツアーが組まれていることが判明。最少催行人数を達成しなければ乗れない可能性はあるものの、問合せしたら土日祝日は大体開催されているようで、もし自分たちが取れなかった場合を考え予約することに。

 

●クラブツーリズム トーマス号ツアー

http://www.club-t.com/special/japan/thomas/

他に望みを託すとすれば、追加抽選と直前販売です。

追加抽選は、ローソンチケットの当落発表からしばらくすると、翌月の抽選前に追加抽選が行われます。多分、私たちのようにキャンセルしてしまった方々が他にもいるのかと…。しかしこちらも厳しいのが現状。もう一つは、直前販売です。こちらは大井川鉄道のHPで直前になると販売されているのです。ツアーが開催されなかったなどのキャンセルなのか、日付は限られていて希望日に合わないことも多いですが、もし行ける日だったらラッキーです。どちらもこまめにチェックすると運良く買えるかもしれません!

 

ついに当選!日帰り?一泊?片道はどうする?

7月になり、ついに9月のチケットが当選!!主人が応募していた往路は外れ、私が応募していた復路のトーマス号が当選しました。もちろんチケット引き換えの初日にローソンに行きました。

 

さて、当たったはいいけれど、土地勘も無い私たちは「行きは何乗れば良いの?」「日帰り?泊まる?」「電車で行く?車で行く?」なんてところからスタート。クラブツーリズムのツアーには日帰りツアーも開催されていたので、東京から日帰りでもいけないことは無いとは思いますが、問合せしたときには、どうやら現地で開催されている「トーマスフェア」を楽しむ時間はないとか、せわしない旅行になりそう。せっかく行くならフェアも楽しみたいし、4歳と1歳の息子を連れていくには日帰りは忙しすぎると、今回は1泊旅行に。その代わり宿代が増えたので、新幹線は諦めて車で行くことにしました。

 

そして行きの電車に関しては、考えたら当たり前のことですが、大井川鉄道の普通の電車が走っているので、それに乗ることに。トーマス号が走る新金谷駅から千頭駅まで1時間強。SL列車もあったのですが、それに乗ると千頭駅のフェアを楽しむ時間が少ししかないので、普通電車にすることにしました。

 

いざ大井川鉄道へ!念願のトーマス号で…

そしてついに待ちに待ったシルバーウィーク。前日に新金谷駅から30分ほどの場所に泊まり、2日目にいざ大井川鉄道へ。新金谷駅には臨時駐車場がありトーマス号のチケットがあると優先的に停められます。車を停めたあとには、駅前の売店で限定のお弁当やお土産を購入。そして、忘れてはいけないのが整備工場。走る前のトーマス号を見たり、整備中のジェームス号も見たり…息子は「早く乗りたーい!」とテンションアップ。

 

トーマス号が走る日には臨時急行が運行され、私たちはそれに乗って千頭駅へ。地方の私鉄には引退した車両を引き継いで運行している場合が多いらしく、なんと乗車したのは東急東横線の車両!普段よく乗っている電車を静岡の大井川鉄道で乗るとは!なんともご縁を感じる旅のスタート。

20161118-2

20161118-3

 

1時間ちょっとの長旅でしたが、大井川を沿って走るので景色がとっても良く、二人の息子もぐずることなく千頭駅へ。そして早速トーマスフェアへ。

20161118-4

駅に併設されているフェアには、「パーシー」と「ヒロ」もいて、ミニSLに乗ったり、「ラスティ」に乗ったり…。フェア自体はそんなに広くはないですが、本物?のパーシーやヒロがいるだけで、息子は大はしゃぎでした。行きに買ったトーマス弁当も堪能!

20161118-5

20161118-6

20161118-7

しばらくすると、トーマス号が到着!最初、行きのトーマス号が当たったら良かったなと思っていましたが、トーマス号からはたくさんの人が降りてきて、ホームからなかなか降りれない混雑ぷり。トーマス号が方向転換する転車台もどんどん人が増えてきて大賑わいに。そう思うと、行きは先に来ていてフェアも空いている中楽しめて、転車台も良い場所が取れるので、復路が当選したのは良い結果だったのかもしれません。

20161118-8

そして…お昼を食べたら…いよいよトーマス号に乗車!!

14時10分発のトーマス号。ちょうどお昼寝時間にも重なり、大盛り上がりで乗った息子はお腹いっぱいとハシャギすぎた結果、なんと発車した途端に爆睡してしまいました!!

20161118-9

息子にとっては乗ってしまえばトーマス号でも他の電車でもそれほど変わりなかったようで…。このチケットを取るために親はとっても苦労したんですけどね。

 

というわけで、大人も子どもも楽しめたSL機関車トーマス号の旅。こちらは夏の期間限定の他に、クリスマス時期にも特別運行があります。こちらも人気のチケットとなりそうですが、もしご興味あればぜひ行ってみてください。友人は車でトーマス号と並走したことがあるそうですが、それも楽しかったそうですよ!

 

●大井川鐵道 Day out with Thomas クリスマス特別運転2016

http://oigawa-railway.co.jp/campaign#post-4839

 

CHANTOママライター/島村 怜

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る