注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

レジャー費の節約!アイディア次第で家族旅行はここまで安く楽しめる!

ライフスタイル

2019.01.28

161-1

夫婦二人で旅行に出かけても、それほど費用はかからないものですが、子どもを連れて家族全員で旅行に出かけると、費用が2倍3倍とかかってしまうこともあります。出費がかさむことを考えると、家族旅行に行きたくても二の足を踏んでしまいますよね。

旅行に行くときはちょっとした工夫をするだけで、出費をかなり抑えることができるのです。一人分だとそれほど変わりはないですが、家族全員分となると数万円単位で節約できますので、旅行のときはぜひとも節約術を実践したいもの。今回は家族旅行に出かけるときの節約方法について、まとめてみました。

■移動費を節約

家族旅行で出費の割合が高いのが移動費です。公共交通機関を利用すれば、さらに移動費は割高になります。車で移動するのが一番費用を抑えることができますが、車を保有していない家族は新幹線や電車、飛行機を利用するようになるのではないでしょうか。

通常料金なら新幹線のほうが安くなりますが、早割制度を利用すれば飛行機のほうが安くなることもあります。ANAの場合、75日前に早割で航空券を購入すると安く搭乗できます。また、飛行機はマイルが貯まりますので、その分だけ節約につながります。

飛行機会社によって割引率は異なりますので、利用するなら早割の割引率をチェックしてから購入するようにしましょう。

車で移動する場合、ガソリン代と高速代が必要になります。ガソリン代を節約するのは難しいですが、高速代を節約することは可能です。

ETCを利用すれば高速料金が大幅に割引されますので、旅行に行く際はETCを利用するようにしましょう。休日割引や深夜割引のサービスがありますので、車で旅行に行くときは休日や深夜に出かけるようにしましょう。

■飲食代を節約

朝から旅行に出かける場合はお弁当とお茶を用意し、公園やサービスエリアなどで食べると飲食代を節約できます。少しでも早く現地に着きたいなら、おにぎりを持っていくと移動中に食べられますので、時間の節約にも役立ちます。

観光地やレジャースポットでは飲み物や食べ物が超インフレを起こしていますので、到着する前に近くのスーパーマーケットでペットボトルを購入しましょう。

宿泊施設の食事はとらないようにして、現地で外食に出かけると宿泊費と飲食代の両方を節約できます。ホテルや旅館などの食費は割高なので、現地の人気店や有名店を事前にチェックしておきましょう。

B級グルメや現地ならではのご当地グルメが楽しめて、かつ節約にもなりますので、一石二鳥ですね。

■宿泊費を節約

旅行費用の中でもっとも高額になってしまうのが宿泊費です。ホテルや旅館は基本的に料金が高いので、もし泊まるとしても食事は抜いてもらって素泊まりをしたり、早めに予約して早割サービスを受けるなど、工夫をしましょう。

宿泊費を節約するなら、宿泊先を変えてみるのも一つの方法です。ビジネスホテルや民泊を利用すると、宿泊費はかなり抑えることができます。

また、公共の宿を利用してみるのも良いでしょう。公共の宿は民間のホテルや旅館などよりも割安なことが多く、食事付きで宿泊しても民間の宿泊施設の素泊まりと同じくらいの料金で済むこともあります。車で旅行に出かけているなら郊外にある公共の宿まで出向くと、さらに宿泊費を節約できます。

宿泊費を究極まで節約したいと思うなら、車中泊にチャレンジしてみるのはいかがでしょう。小型車は難しいですが、ミニバンやSUVなどはシートを倒せば横になることができますので、寝袋や毛布を用意しておくと良いでしょう。

■レジャースポットで節約

161-2

旅行先では観光地に出かけたり、レジャースポットに出かけたりと、何かと出費がかかるもの。お金を払って神社仏閣などを観光したとしても、あまり子どもは喜びませんよね。

事前に無料で遊べるスポットを探して出かけると、お金もかからず子どもたちも喜んでくれるのではないでしょうか。

海水浴やハイキング、ミュージアムや科学館など、無料で入場できるレジャースポットは、たくさんあります。

地域によっては無料でレンタサイクルを利用できることもありますので、現地を自転車で回りながら、いろいろな発見をしてみるのも楽しそうです。

また、道の駅にも無料で遊べる設備が用意されています。道の駅は買い物施設やレストランだけでなく、子どもが遊べる施設を備えている道の駅もあります。

プールやアスレチック、大型遊具や遊園地など、子どもが楽しめる施設が併設されている道の駅を探しておけば、大人も買い物をゆっくり楽しめるのではないでしょうか。

■まとめ

家族旅行は行き先と日程さえ分かっていれば、大幅に節約することが可能です。早めに予約したり、遊び先を探しておくことで、いろいろ節約できます。子どもの年齢によっては無料のレジャースポットでは満足できないこともありますので、事前に行きたい場所を聞いて予約しておけば、節約につながります。

最近では自炊できる宿泊先も多いので、子どもと一緒に料理をしてみるのも、思い出の一つになるのではないでしょうか。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る