コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもが小さくて遠出ができない……それなら「プチ旅行」がオススメ!

ライフスタイル

2019.01.18

151-1

連休などに家族旅行をしたいという方も多いでしょう。旅行をするなら遠くの観光地に行ってみたいけれど、子どもが小さくて飛行機や新幹線を使っての大移動は難しい。そんなご家族も少なくないのではないでしょうか?小さい子連れの旅行だと大荷物になりがちですし、できれば近場で済ませたいですよね。

ちょっとした旅行ならあまり遠出をせずにできますよ。オススメの近場でできる「プチ旅行」をご紹介します。

◆特典付きのバスツアーを利用

151-2

近場なら車で観光地に行くことも多いですが、悩まされがちなのが渋滞です。いつ終わるともしれない車の列にイライラ、両親は疲れ切ってしまい、子どものわがままについ大きな声を出して怒ってしまったりと、旅行でよくあるトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

小さい子ども連れの旅行でオススメなのは日帰りバスツアーを利用することです。誰かが車の運転をしなくてもよいので快適ですし、集合場所に行けばあとはおまかせで観光することができます。お値段も個人でバスなどを手配するよりお得になることが多いです。

さらにバスツアーで嬉しい点といえば、女性や家族に特典がついてくるプランがあることです。

例を挙げると、鴨川シーワールドは家族向けのバスツアーが多く組まれています。鴨川シーワールドではベルーガと呼ばれる白イルカのパフォーマンスが人気です。海のカナリアとも呼ばれるかわいらしいベルーガの生態を手軽に知ることができますから、小さな子どもにもオススメです。

ツアーによっては女性や子どもの乗客にそのベルーガのぬいぐるみをプレゼントしていることがあります。動物好きのお子様には嬉しいサービスですね。他にもバスツアーならショップの割引券やレストランの割引券が付属していることが多いので個人で訪れるよりも割安になります。

バスツアーを利用すると交通が便利になるほか、ご当地名物の食べ放題やパン作り、工芸品の製作、フルーツ狩り、お菓子の詰め放題など子どもも大人も満足できるオプションが設定されていることもあります。お土産が持ち帰れると手軽に旅の思い出ができますよ。

◆アクティビティが充実している宿泊先を選ぶ

バスツアーでも少し触れましたが、家族旅行ならその土地ならではの体験ができるアクティビティを重視したいですよね。

アクティビティといえばその場所その場所で契約しなければならないイメージがありませんか?例えば海でするアクティビティなら現地で道具を借りなければなりませんね。小さい子連れの旅行ではなるべくそうした手間は省いてアクティビティを十分に楽しみたいものです。旅先でアクティビティを楽しむならアクティビティが充実している宿泊先を選んでみてはいかがでしょうか?

アクティビティが楽しい宿泊先はいくつも紹介されています。代表的なものはリゾートホテルです。プールがついているリゾートホテルは多くあります。海沿いのリゾートホテルなら必ずといっていいほどついてくるのではないでしょうか?

バナナボート体験、シュノーケリング、海上スキーといったマリンスポーツ関係のアクティビティの本場は沖縄などになりますが、そこまで足を伸ばすのはなかなか大変という方は近場にあるリゾートホテルを利用してみるとよいかもしれません。

また、リゾートホテルでできるアクティビティといえばゴルフです。雄大な自然の中でショットを決めてみるのもオススメの過ごし方です。

温泉宿で本格的な伝統工芸品作りを楽しむこともできます。例を挙げると、石川県にあるゆのくに天祥 天祥の館は伝統工芸品作りのアクティビティに特化しており、九谷焼、金箔、紙すき、輪島塗など50種類以上もの伝統工芸を作る体験ができます。アクティビティで疲れた後は温泉にゆったりと浸かってリフレッシュできますよ。

このように施設内部でアクティビティを提供している宿泊先を選ぶと手軽に家族旅行のいいところを味わうことができます。

◆レストランが充実している宿泊先を選ぶ

さて、家族旅行では食べ物にもこだわりたいですよね。宿泊先にレストランが充実していれば遠出をせずに食事をとることができます。和洋中などレストランの種類が多ければ家族の好みに合わせた食事をオーダーできるでしょう。

家族旅行に適しているのはバイキングやビュッフェ形式で食事ができるレストランではないでしょうか? 昼間はアクティビティなどで遊び、お腹がペコペコになっているケースも多いです。育ち盛りのお子様がいるなら食事はたっぷり食べさせてあげたいところですよね。

旅行先で珍しい地元の食材を見て食べてみたいなと思っても、そのたびにお店に入るのはなかなか大変です。バイキングやビュッフェなら地元の食材を使ったメニューをピックアップしていますから、好きなものを好きなだけ食べることができます。

バイキングは和洋中のミックススタイルになっていることが多いです。 シェフがその場で調理するパフォーマンスを見られる会場もありますので、歓声をあげながら楽しく食事もできますよ。

バイキングとビュッフェはそのようなわけで家族連れに人気ですので、小さいお子様が声をあげてもお互い様ということで気になりにくいです。子どもが来ることを前提にしていますのでキッズ用のハイチェア、割れにくい素材でできた食器、安全なカトラリー、補助シート、おしぼりなどの子ども向けセットを提供してもらえる会場がほとんどです。

キッズバイキングのある宿泊先もあるので、探してみても面白いかもしれませんね。

レストランではマナーを守ることが大切です。さわがない、床にこぼしてしまった食べかすは自分たちで片付ける、などの気遣いをすればプチ旅行を十分に楽しめるのではないでしょうか?

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る