注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

手軽に海外旅行気分を味わおう!《初級編》

ライフスタイル

2018.11.28

日本にいながら外国旅行の気分に浸る♪

かつては思い立ったらスーツケース片手に一人で海外にちょくちょく出かけていた私も、今や家庭も仕事も持つ身で、時間と費用の工面が思うように出来なくなりつつあります。(東京から九州へ、主人の実家へ年一回は帰省するのが優先される、という事情もありますが…。)

それでも、異国文化に触れる楽しさを知ってしまった身ですので、海外旅行に行けないなら「何とか日本にいながら海外旅行気分を味わう方法がないだろうか…」と色々知恵を絞るようになります(笑)。

気軽にプチ海外旅行を味わえるスポットについて、自分の体験をもとに紹介させて頂きます。

 

庭園と異国情緒を同時に楽しめるスポット

個人的にお勧めするファミリー向けかつ海外気分が味わえるスポットは、東京都調布市にある“京王フローラルガーデン アンジェ”です。

こちらは四季折々の花が楽しめる、子連れファミリーには程良い規模の植物園。バラの咲くシーズンに訪れると、なんとなくイギリス的な雰囲気も味わえてこれもまた趣がありますが、こちらの植物園では、定期的に異国情緒あふれるイベントを開催していて、これがなかなか楽しいんです。

我が家が初夏に訪れた時にはちょうど「スイスフェア」が開催されていて、スイスホルンの生演奏からダンスの披露、スイス鉄道のジオラマ展示や工芸品の展示販売等、新緑あふれる植物園のロケーションにピッタリのイベントが盛りだくさん。つかの間のスイス旅行気分を味わえてしまいました。

また、ホルンの演奏体験やスイスフラッグを持っての行進等、子供も楽しめる演出もあったので、息子も大満足だったみたいです。その他スイスの名物料理ラクレットなどの販売もあり、木陰で初夏の風を感じながら頬張るのはまた格別でした。

1-1

1-2

1-3

写真:「絵画の様な庭園内」「スイスフラッグを持ってみんなで行進」「カウベルでハンドベルの体験」

 

別の機会にブルガリアフェアも体験させて頂きましたが、庭園の中でダンスや演奏を観覧するのは、屋内のステージ等で観覧するよりずっと開放感があって良いですし、イベントに合わせたご当地料理やクラフトワークショップ等を楽しめるのも、異国情緒を味わえてワクワクします。

この様に、京王フローラルガーデン アンジェでは、植物園内に色々な外国産の植物があるのと、定期的に様々なインターナショナルイベントを開催していることもあり、ちょっとした海外旅行気分を楽しめます。こまめに公式サイトや京王線沿線に設置してあるチラシ等をチェックすると、面白いイベント情報を入手できる可能性が高くなります。インターナショナルイベント以外にも、植物の球根植えやフラワーアレンジメント教室等の園芸系ワークショップも定期的に行われていますので、親子でこういうイベントに参加するのもまた楽しいかと思います。

1-4

1-5

1-6

写真:「ブルガリアのダンス」「ブルガリア料理のプレートランチ」「ブルガリアの衣装や工芸品の展示」

 

大使館主催のイベントは、結構気合が入っている!

東京都内に密集している諸外国の大使館ですが、不定期ながら一般市民でも参加できるイベントを開催してくれる所が結構あります。

最近ではチェコ共和国大使館などが主催する「チェコフェスティバル2018(通称“チェコフェス”)」に息子と参加してきました。国際関連イベントで今年最大のヒット!と思える、非常に内容の濃いイベントでした。

私は元々モノづくりが好きな人間なので、美しいチェコビーズを使ったワークショップの参加を目当てに出かけたのですが、ツィンバロンという珍しい楽器を奏でる伝統音楽の演奏等、ステージイベントも思いのほかレベルが高く、子供と楽しく鑑賞させて頂きました。チェコの民族衣装もなかなか可愛くて見応えがありますよ♪

お目当てのチェコビーズのワークショップも、息子と一緒に参加して、色違いで星のオーナメントを作りました。本国出身の講師に作り方を教われる機会はなかなかないですし、何しろチェコビーズが美しい!出来ばえはイマイチながら、クリスマスにピッタリの星形オーナメントを作る事が出来ました。

物販コーナーも充実していて、チェコ製おもちゃの可愛さや、ガラスアクセサリーの美しさにうっとり。この時私はチェコガラス製のボタンを購入して、髪飾りに加工して現在外出時に使っています。

ただひとつ残念だったのが、飲食物販売コーナーが長蛇の列で、行列苦手な息子連れという事もあり、フードやドリンク類を楽しめなかった事です…。言い換えれば、それだけ大勢の方がチェコのフードやドリンク類に興味があるということでもありますね。

全体的に大使館主催のイベントは、自国のPRの為にかなり気合を入れている印象を受けますし、イベントとしての完成度も高いと感じます。今年のチェコフェスは原宿クエストホールで開催されましたが、大使館の敷地内でイベントを行うところもあります。興味のある国があったら、その国の在日大使館オフィシャルサイトをチェックしてみて下さい。運が良ければ一般の人でも参加可能なイベント情報に遭遇できますので、そういう情報を掴んだら、是非機会を逃さず親子で参加してみて下さいね。子供が小さな時から、様々な国の文化に触れるのは非常に良い学びの機会になると思いますし、こういうイベント参加でも、海外旅行気分が味わえます♪

1-7

1-8

1-9

写真:「伝統音楽の演奏」「可愛くて悶絶モノの玩具達」「自作したチェコビーズ製オーナメント」

 

外資系企業やショップのイベントも面白い!

以前こちらのWEBサイトでも紹介させて頂きましたが、スウェーデン発祥の大手家具メーカー「IKEA」では、“IKEA FAMILY”会員向けの、様々なスウェーデン文化のワークショップを定期的に開催しています。私も会員なので、春はイースター、夏はザリガニパーティー、秋はハロウィン、冬はルチア祭(クリスマス)と、四季折々のスウェーデンのイベントや、ワークショップに参加させて頂いています。近くにIKEAの店舗がある地域の方は、“IKEA FAMILY”に会員登録し、スウェーデンムードのイベントに参加するのも楽しいと思います。(IKEAスタッフさん自ら『IKEAではスウェーデン大使館に負けないくらい文化紹介を行っている』とおっしゃていました。)

1-10

1-11

1-12

写真:「ザリガニパーティーのテーブル」「ルチア祭のフード類」「ワークショップで作ったチョコボール」

 

その他、スイスチョコレートの老舗メーカーである「リンツ」の一部店舗でも、クリスマスやイースター等、イベントシーズンには楽しいワークショップが開催されています。

我が家ではリンツのイースターイベントに参加した経験がありますが、イースターのディスプレイがとてもお洒落で気分も華やぎ、何より息子の参加したエッグハントがとても楽しそうでした!やはり外資系ショップはディスプレイや販売商品にお国柄が出るので、様々な店舗の季節のディスプレイを見ると自宅のインテリアや、手作り雑貨を作る参考にもなります。ホームパーティーのアイデアも沢山ゲットできますよ♪

1-13

1-14

写真:「リンツ店内のディスプレイ」「スタッフさんの手作りと思われるイースターバニー」

 

一例ではありましたが、外資系企業やショップのイベントも魅力的な内容のものが多いので、是非日頃からアンテナを張り、素敵な異国情緒あふれるイベント情報を探してみて下さいね。

その他、横浜中華街、新宿大久保エリアのコリアンタウン、アメリカ的情緒がある横須賀や横田基地周辺の散策も、ひとときの異国気分が味わえて楽しいです。海外旅行に行かなくともそれなりに満足します、私は(笑)。

今回は初級編としてお手軽に海外旅行気分を味わうためのヒントをご紹介しましたが、次回はもう少しディープに海外旅行気分を楽しめるお勧めスポットをご紹介したいと思います。

 

CHANTOママライター/トヤマチエコ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る