注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

縄文ブームがキテる!?タイムスリップできる青森縄文の旅

ライフスタイル

2018.08.23

映画や特別展が開催されるなど、今、縄文文化に注目が集まっています。つい先日も、「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、ユネスコの世界文化遺産に国内推薦候補として選ばれるなど、縄文時代への再評価への機運が急上昇中。中でも、インパクト大の縄文スポットが集う青森県は、要注目のエリア。縄文初心者の方、そしてこれからハマるかもしれない方に、オススメの青森縄文スポットを紹介しちゃいます。

 

縄文ブーム到来!?この夏は縄文がアツい!

 

今年の夏は縄文がアツい! 

7月には、縄文1万年の謎を追うとともに、文化人や芸術家が縄文にハマった理由に迫るドキュメンタリー映画『縄文にハマる人々』(ナレーション:コムアイ(水曜日のカンパネラ)/出演:小林達雄、いとうせいこう、など)が公開され、上野の東京国立博物館では、特別展 『縄文―1万年の美の鼓動』(7月3日~9月2日)が開催されるなど、縄文にまつわる展示やイベントが続々と公開中。今、巷でふつふつと縄文ブーム(!?)がわき上がりつつあるんです!

 

image002▲特別展「縄文―1万年の美の鼓動」では、さまざまな土製品を展示。かわいい!

 遮光器土偶▲縄文と言えば、この「遮光器土偶」をイメージする人も多いのでは!?

 

今回の 『縄文―1万年の美の鼓動』では、 国宝に指定されている6点の縄文時代の出土品、すべてが揃う史上初の試みとあって、話題度も抜群。根っからの縄文好きだけでなく、「よく分からないけれど、縄文の土器や土偶ってなんかかわいい」と、縄文を知らなくても楽しめる愛くるしい展示品もたくさんあるので一見の価値アリ。熊やイノシシをモチーフにしたと思われる土製品もあって、「縄文って何か面白そう!」と、特別展を機に縄文にハマる人が続出してもおかしくないほど、名品、珍品が揃っています。

 

しかも、先月19日には、国の文化審議会が2020年のユネスコの世界文化遺産登録を目指す国内候補として、「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)を推薦することが決定。これは本格的に、縄文の風が吹いているとしか言いようがない! 

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る