注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

電車内での扇子は禁止にすべき!? 他人の風に不快感を抱く人が続出

ライフスタイル

2018.08.02

20180802densya01

混雑した電車の中で、隣の人の些細な行為がどうしても気になったことはありませんか?ネットに投稿されたあるエピソードをきっかけに、電車内での迷惑行為についてさまざまな意見が寄せられました。

 

電車の中で扇子を仰ぐのは迷惑?


先日ネット上で話題になったのは、「電車での扇子を明確に禁止にしてほしい」と主張する女性の投稿。電車で隣に座った男性が扇子をあおぐたびに、汗のにおいが自分の方へ流れてきて不快だったという体験を述べました。

 

この投稿に対して、同じような経験をした人からは同意の声が続出。「隣の人があおぐと自分の髪が揺れてイライラしたことがある」「クーラー効いた車内だと余計な風が当たって寒い」「風と一緒に扇子そのものをバシバシ当てられた」「男性だけじゃなくて女性の香水交じりの風も気持ち悪くなるよね」「扇子とうちわは遠慮してほしい」と、男女問わず他人があおぐ風を不快に感じている人が多くいました。

 

「やめてくれって声をかけたら?」というアドバイスもありましたが、「逆ギレされても怖いし、そこまではちょっと…」「変に揉めて自分が周りに迷惑をかけたくない」「なんだかんだお互い様だよね、って諦めてる」といった声も。よほど非常識な振る舞いでない限り、他人に声をかけてまでやめてもらおうと考える人は少ないようです。

電車内の迷惑行為と嬉しかったエピソード


電車内でのマナーは、駅や電車内のポスターなどで注意勧告されていることがあります。「日本民営鉄道協会」では定期的にマナーについてのアンケート調査を実施し、駅や電車内の環境改善に努めています。

 

2017年に実施された「駅と電車内の迷惑行為ランキング」では、1位が「騒々しい会話・はしゃぎまわり等」33.2%、2位が「座席の座り方」31.1%、3位が「荷物の持ち方・置き方」29.8%となっていました。

 

1位は9年連続で同じ行為がランクインしており、「座席の座り方」も常に上位に食い込む迷惑行為。「『座席の座り方』のうち、最も迷惑に感じる行為は?」という設問では、「座席を詰めて座らない」「座りながら足を伸ばす・組む」「お年寄や身体の不自由な方、妊婦の方等に席を譲らない」など、ほかの乗客への配慮が見られない行為が挙げられています。

 

一方で、電車を利用しているときに嬉しかったこととして、「席を譲った際にお礼を言われたことがある」「ベビーカーを押している人を手伝っている光景に心が温まった」などのエピソードも。多くの人が利用する公共交通機関ですから、お互いに思いやりの心をもって利用したいですね。

 

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る