注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

読み方わかる!? ”紙の時刻表”で夏休みの旅行計画を立てよう!

ライフスタイル

2018.07.30

スマートフォンの普及により、ほとんどの方はホームページやアプリを利用して、列車の時刻をチェックしていると思います。それでも、紙の時刻表の読み方を覚えても損はありません。ましてや、子供にとって紙の時刻表は宝の山!時刻表を「読む」ことで社会や算数の勉強にもなります。今回は紙の時刻表の読み方を解説します。

※著作権の関係上、自作のイラストや表でご説明します。

 

紙の時刻表の使い方


まずは冒頭のさくいん地図を眺めてみよう

画像1-1

時刻表を購入したら、まずは冒頭のさくいん地図を眺めてみましょう。ページは九州・沖縄から北海道の順になっています。また、北海道の次は首都圏(東京付近)、中京圏(名古屋付近)、関西圏(大阪付近)の詳細な鉄道地図が掲載されています。さくいん地図を眺めると、全国いろいろなところに路線があることがわかりますね。ところで「時刻表」と聞くと「鉄道だけの時刻表」と思われるかもしれませんが、そうではありません。さくいん地図をよく見ると、バスや航路も書かれていることがわかります。

それでは、さくいん地図から時刻の調べ方を解説しましょう。調べ方は簡単!路線の近くにある数字に注目してください。その数字がそれぞれの路線の時刻が掲載されているページ数になります。注意点としては上り、下りがあることに気をつければいいでしょう。なお、さくいん地図には黒色と青色の路線がありますが、時刻を調べるだけでしたら、この色分けは関係ありません。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る