コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

横浜散策、たまには一味違う楽しみ方を♪

ライフスタイル

2018.07.13

8年横浜で働き、覚えた“横浜の楽しみ方”

今や国際的ポートタウンとして、また神奈川の代表的なお出かけスポットとして不動の人気を誇る“横浜”。私は地元に転職する3年前まで、約8年間横浜を拠点にして働きました。当時メーカーの営業支援業務をしていたのですが、横浜エリア全般を動き回っていたこともあり、自然に横浜大好き!になっている自分がいました(笑)。

元横浜ワーカーとして、一味違う横浜の楽しみ方をご提案したいと思います。

3-1

 

ポートサイド散策は大型客船寄港時が吉!

もはやデートスポット&家族のお出かけスポットの王道である “山下公園エリア”ですが、お馴染みの氷川丸だけでなく、国内外の大型客船も鑑賞できれば気分がアガりますよ。

横浜大桟橋への客船の入出港情報は、横浜市湾岸局のホームページから調べる事が出来ますので、せっかく横浜に行くのであれば、是非素敵な客船が寄港する時に合わせて出かけてみて下さい。私も先日、3隻の大型客船が横浜大桟橋に寄港した時訪れて、それぞれの美しい船体をじっくり見てきました!

青空の下の客船も美しいですが、夕暮れ時にライトアップされた客船もまた違った美しさがあります。山下公園から眺めるも良いですが、横浜大桟橋はじめ横浜マリンタワー、コスモクロック、ランドマークタワーの展望室等、色々なアングルで眺めるのもまた楽しいです。

「見るだけでは物足りない!船内を見学したい!!」という方もいらっしゃるかもしれません。横浜市湾岸局ホームページをチェックしてみたところ、横浜市民の方は、市民の方向けの見学会等で船内見学が出来るようですね。羨ましい!では、横浜市民以外のツーリストはどうしたらよいでしょうか?

実は大手旅行会社主催のクルーズ船見学会も結構定期的に開催されていますので、こういう機会を利用すると、客船内部の見学が可能です。私も数年前見学会に家族で参加しましたが、プチ船旅気分になれて楽しかったです。いつかはこういう客船に乗って旅をしたいなーと妄想が爆発してしまうのもなかなか爽快です(笑)。

また大型客船寄港時はSNS映えする写真が沢山撮れますので、可能であれば国内外の大型客船が寄港する時に合わせて横浜に出かけてみましょう。お子様もきっと喜びます!

3-2 3-3 3-4

※写真左より外国籍の客船2隻、写真右は日本の客船「飛鳥Ⅱ」。全て横浜大桟橋に停泊していた客船です。

 

山手西洋館はイベント参加でより楽しめる!

横浜の山手エリアにある山手西洋館もデートスポットの定番ですが、実は年間を通して様々なイベントが開催されています。どちらかというと大人向けのイベントが多いのですが、子連れでも楽しめます。

私が楽しみにしているイベントに、毎年6月に開催される「花と器のハーモニー」というイベントがあります。このイベント期間はエリスマン邸やべーリックホール等、山手西洋館の各館内が花と器で華麗に彩られ、まるで外国の貴族の邸宅に本当に招かれたような贅沢気分が味わえます!イベントに関連するワークショップやサロンコンサート等も開催されるので、時々山手西洋館のWEBサイトでイベント情報をチェックすると良いですね。

6月だけではなく、ハロウィンやクリスマスにも趣向を取らした装飾が楽しめますし、いつ訪れても違った楽しみ方ができるのが山手西洋館であります。

3-5 3-6 3-7

※上記写真3点はイベント「花と器のハーモニー」にて撮影した館内装飾です。

 

関内~日本大通りエリアは歩くだけで異国の気分満喫♪

関内から日本大通りにかけてのエリアは、どちらかというと観光スポットというよりはビジネス街ですが、歴史を経た洋風建築物が多く残っていますので、西洋の街に迷い込んだような不思議な感覚が楽しめます。神奈川県庁本庁舎(キング)、横浜税関(クイーン)、横浜市開港記念会館(ジャック)が“横浜三塔”として有名ですが、その他にもレトロな雰囲気を残した建築物が色々あります。そして、このエリアには洒落たカフェや洋菓子店、洋品店がキラ星の様に点在していますので、ふらっと散策するだけでも充分楽しいエリアです。

お子様連れで訪れた際の立ち寄りスポットとしてお勧めするのは、馬車道沿いに位置する“パパブブレ”というスペイン発祥のキャンディーショップです。このキャンディーショップでは、ウィンドウ越しに職人さんのキャンディー制作をライブで見られるので、子供がとても喜びます!キャンディーの試食もさせてもらえます♪。   この店のキャンディーの可愛くて美味しい事といったら…!目で、舌で、幸せを満喫できます。また季節により変わるキャンディーのウィンドウディスプレイも可愛く、つい引き寄せられる危険なスポットでもあります(笑)。

ちなみに、こちらのパパブブレですが、時々キャンディー作りのワークショップも開催しています。

数年前に息子がキャンディー作り体験をさせて頂きましたが、可愛いバラのキャンディーが出来ました♪熟練職人さんがフルサポートしてくださり、子供でもそれなりの形のキャンディーが作れたので感激しました。

パパブブレは東京都内にも幾つか支店がありますが、私はこの歴史ある街の一角に溶け込んでいる、馬車道沿いの店舗が一番気に入っています。ここでキャンディーを購入して、街歩きの途中で口に含むと、爽やかな甘さで癒されますよ♪是非お試しください。

3-8 3-9

※写真はパパブブレのキャンディー作りワークショップの様子

 

自分にとっての第二の故郷、横浜

前述しましたが、私は横浜勤務が長かったこともあり、既に横浜は自分の第二の故郷の様なものです。当時はこの地で仕事に全力投球していましたし、沢山の事を学び、泣いて笑って過ごした思い出が沢山あります。

地元に転職した今でも、改めて横浜を訪れると、一昔前の仕事の思い出がパーッとよみがえり、「あの頃の様に失敗を恐れず、いつでも前向きに生きようよ!」と、自分に喝が入ります。横浜はそういう意味でも、自分にとっては特別な、愛すべき場所であります。よってお勧め情報を挙げればきりがないので、今回は私的なお勧め情報を3つのみご紹介させて頂きました。

横浜はまた、子育て世帯に優しい土地であります。私の知る限りでは、みなとみらいエリアはおむつ替え場所や授乳室等が比較的多く配備されているので、小さい子連れでも安心してお出かけしやすいです。

初夏から盛夏にかけての横浜も美しいので、これからの時期、是非ご家族で足を運ばれてはいかがでしょう?

 

CHANTOママライター/トヤマチエコ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る