注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ミリタリーマニアでなくても楽しめる!基地探訪

ライフスタイル

2018.05.11

子供の頃“ほぼ外国”旅行気分で訪れた米軍基地

私の出身地は比較的米軍横田基地に近く、子供の頃は航空機ファンの父に連れられて、毎年のように開放日には横田基地を訪れていました。子供の頃の自分にとって、横田基地内はアメリカ合衆国そのもので、軽快に飛び交う英語、ジャンクな味のアメリカンフーズ、可愛い雑貨等、普段接する機会がないアメリカ文化に触れて、アメリカ映画の中に紛れ込んだ様な幸せな気分を味わいました。

やがて就職と共に郷里を離れた私は、神奈川で数年間一人暮らしをしたのですが、これまた米軍座間基地や厚木基地に近く、縁あった座間基地在住のアメリカ人女性宅に毎週英語(時々料理)を習いに通っていました。

そして今は、息子が横田基地近くの英語教室に通っているので送迎に週一回通い、上空を飛ぶ横田基地の飛行機を頻繁に見ている…という風に、不思議といつも米軍基地が身近な存在であります。

春から秋にかけては、各地の米軍基地や、自衛隊駐屯地の開放日が増える時期でもあります。自分の体験と合わせて、首都圏近辺の基地探訪の魅力をご紹介させて頂きたいと思います。

3-1

 

戦艦好きなら、横須賀は外せません!

横須賀エリアは、米国海軍基地及び海上自衛隊施設がある事で有名です。艦船好きなら絶対ここは外せない見学エリアです。

私も数年前、艦船好きな息子にせがまれて開放日に訪れましたが…結構艦船ファンは多いのか?かなり横須賀エリアは混んでいました。確かに日米問わず艦船は恰好良くて見とれてしまいますね。甲板にも上がらせてもらいましたが、船上で海を眺めるのはやはり気持ちが良いのです(笑)。

また、海上自衛隊施設内では海軍制服も着用可能でしたので、家族で着用して記念撮影なども出来ました。(私は着用しませんでしたが、息子がセーラーマンになりました)それからシールやクリアファイルなど、非売品の海上自衛隊ノベルティも色々もらえました♪また艦船だけでなく、海難救助用のヘリコプターや南極の石等レアもの展示や、海軍カレーの販売等もあり、なかなかレジャースポットしては面白いですよ。

また、最近は横須賀海軍エリアがコスプレ大好き女子に人気の場所だそうで、私もコスプレイヤーの綺麗なお嬢様方に結構遭遇しました。これは男性には嬉しいおまけかも()

3-2 3-3 3-4

※写真左&中央「停泊中の艦船」、写真右「制服着用して記念撮影できるコーナー」

航空機ファンなら、米軍横田基地がイチオシ

航空機が好き!というご主人やお子様をお持ちのご家庭には、東京都福生市に位置する米軍横田基地をお勧めします。ここは航空機の保有数が多いので見応えがあります。

米軍横田基地は、ここ数年間は毎年8月か9月の土日に「日米友好祭」を開催して、一般の日本人でも基地内に入場可能な日を設定しています。敷地内にはアメリカ軍の誇る戦闘機や輸送機、ヘリコプター、年によってはオスプレイなど話題性のある航空機が一挙に展示され、一部の航空機ではコックピットにも入れてもらえます。また自衛隊の航空機も併せて展示されますので、見ていて飽きません!

その他にも、基地内の消防車やパトカー、装甲車等の車両の展示や、子供向けのエアードーム等の遊具設置やバンド生演奏なども行われますし、日米友好祭の最終日には花火の打ち上げなどもあります。

そして、本場アメリカンフードのブースも多数用意されているので、巨大なパティの挟まったハンバーガーや、バドワイザーにローストターキーレッグ、ニューヨークスタイルのチーズケーキ等、心おきなくアメリカンフードを味わう事が出来ます。(支払いは日本円でもUSドルでも大丈夫です!)

また、お買い物も結構楽しいですよ!運が良ければスパムミート等のアメリカンフードが格安で購入できたり、航空部隊オリジナルのワッペンやTシャツ等のミリタリーグッズからミニチュアオスプレイ等の玩具まで、基地でしか買えないレアモノ販売コーナーも沢山あるので、見ているだけでワクワクします。

3-5 3-6 3-7

※写真左から「航空機のコックピット見学」、中央「噂に高いオスプレイ」、右「基地内で活躍している消防車」

 

それから横田基地周辺の商店街は、基地内のアメリカ人達も利用する為、アメリカナイズされた店舗も多く、こちらのウィンドウショッピングもお勧めです。個人的にはアメリカンアンティークを扱っている店舗がお気に入りですが、飲食店も気の利いたお店は結構あります。ですから米軍基地開放日以外でも、Root16(略称『R16』=国道16号)沿いの商店街を散策すると、やっぱりちょっとした外国気分は味わえます♪なお、このRoot16沿いの商店街では、年間を通じてイベント(フリーマーケットやハロウィン等)が開催されていることが多く、イベント時に合わせて訪れるのも楽しいです。注意点は、Root16付近はイベント時に駐車場を確保するのが結構大変な事!土日祝日は極力公共の交通機関を利用しての探訪が無難です。

3-8 3-9 3-10

※写真左より「R16から見る空」、中央「R16沿いのハロウィン」、右「R16付近の自由の女神のレプリカ」

桜や盆踊りも楽しむなら、米軍キャンプ座間へ♪

アメリカンな雰囲気だけでなく、日本の情緒も楽しみたい方は、神奈川の米軍キャンプ座間がお勧めです。キャンプ座間は横田基地程敷地が広大ではないので散策も横田基地と比較すると楽ですし、開放日が桜の開花に合わせた4月や、盆踊りや花火シーズンの78月に設定されることが多い様ですので、いつものお花見や花火見物のプラスアルファ的なお出かけといった感じで気軽に訪れる事が出来ます。

私が神奈川在住時には、開放日には大抵当時の英語講師のアメリカ人女性と一緒にキャンプ座間内を散策していましたが、横田基地と同じくアメリカンフードを楽しんだり、ショッピングを楽しんだりして過ごせます。

また、キャンプ座間内の桜見物の良い所は、当時は花の下で酔って騒ぐ人が少ない所でした。満開の桜の下を英語講師と一緒に英語で話しながら歩いた事は、私の独身時代の良い思い出の一つです。

ちなみに、キャンプ座間に比較的近い場所に米軍厚木基地もありますが、交通の便がやや悪いのが難点です。

 

米軍基地内は英会話実践の場としても貴重!

勿論米軍基地内では、基本的に買い物や飲食物の注文は英語です。中高生レベルの英会話で十分楽しめますが、英会話力を磨きたい方は、是非イベントにアテンドしているアメリカ人の皆様に色々質問してみて下さい。

個人情報等プライベートな質問はNGですが「基地内で流行っている音楽は?」とか「今日の基地内でのおすすめの食べ物は何ですか」等、簡単な質問から会話のキャッチボールが出来ればリスニングとスピーキングの良い練習になります。意外と片言英語でも聞いて理解しようとしてくれるアメリカ人は多いので、臆することなく話しかけてみて下さい。個人的には、若い方達よりおじさん&おばさん世代の方が結構話に付き合ってくれる率が高い気がします。普段ネイティブイングリッシュスピーカーとあまり話す機会がない方は、是非英会話のブラッシュアップの場として米軍基地開放日を有効活用して下さい。

ただし、どの米軍基地も「パスポートや運免許証等の身分を証明できるもの」の携帯が必須、かつ危険物の持ち込みは固く禁じられています。事前に各基地のオフィシャルウェブサイト等の情報を確認して、門前払いにならないように気を付けてお出かけください。

 

【参考情報:米軍横田基地オフィシャルサイト】

http://www.yokota.af.mil/

 

【参考情報:米軍キャンプ座間facebook

https://www.facebook.com/armymwrjapan

 

CHANTOママライター/トヤマチエコ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る