注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

飛行機も住居も定額!?画期的なサブスクに「夢のある話だ!!」

ライフスタイル

2019.11.29

2019.12.05

音楽や映画など、定額で使い放題になるサブスクリプションサービスが増えてきました。中でも最近ANAが実証実験の開始を発表した新サービスには、「これは画期的!」「こういう暮らし方もありかもしれない…」と注目が集まっています。

月々6~7万円で住居+航空券!?


新しいライフスタイルとして広がりつつある“多拠点居住”。住居に縛られない生活を実現する“定額住み放題”のサービスを提供するのが「ADDress」です。

 

ADDressは契約会員になれば、「家守(やもり)」が管理する全国各地の住居へ宿泊できる月4万円からの定額サービス。住居は共有部分の清掃やゴミ出しを家守がおこなってくれるだけでなく、家具・家電も揃っています。

 

タオルや下着などは自分で用意する必要があるものの、上下水道・光熱費・ネット回線などは月額にコミコミ。多数の拠点を身軽に移動できる、いま注目のサービスです。

 

今回ANAは、ADDressと提携し“移動サービス”を提供。月額に2~3万円を追加することで、全国の指定航空路線に4回まで乗れるようになる見込み。オプションまで入れても月々6~7万円で、全国の拠点も移動手段も確保できる同サービス。都市部から地方へ移住してみたい人にとって、定額は嬉しいですよね。

 

ANAは2020年1月から同サービスの実証実験を開始して、実験の結果を見てからサービスの詳細を検討するそうです。

 

“多拠点居住”という新しいライフスタイル


ADDressが始まったのは、全住宅の3割にも及ぶと予測されている深刻な“空き家”問題がきっかけ。公式サイトには“空き家を始めとした遊休物件をリノベーションして貸し出すことで、より豊かな生活を実現するのが狙い”と綴られています。

 

ANAとADDressの提携サービスについて、ネット上では

「これは夢のある話! 月6~7万円で好きなところに住めて航空機も2往復できるなんて、すごい世の中になったもんだ」

「ANAのサブスクが実現するなら嬉しいね。サービス開始が待ち遠しい」

と期待する声が続出。

 

ほかにも

「国内が成功したら海外にもサービスの幅が広がるかな? ぜひ実現しますように…」

「旅行が今以上に気軽なアクティビティになるかも。将来的に海外でも同じサービスが使えるようになってほしいですね」

と海外展開を希望する声が多く寄せられました。

 

会員になれば“専用ドミトリ”と呼ばれるベッドを確保。専用ドミトリのある拠点以外でも予約すれば個室を利用でき、ドミトリの場所自体も変更できます。

専用ドミトリのある拠点には住民票登録もできるため、重要な書類や郵便物が届かなくなるといった心配もありません。気軽に利用できる“もう1つの家”として、新しいライフスタイルが叶えられそうです。

 

約半数が「色々な場所に住んでみたい」と回答!


“多拠点居住”や航空機移動のサブスクリプションサービスは、従来にはなかった新しい生活スタイル。しかし実際には、どの程度の人が“多拠点居住”というライフスタイルに興味を持っているのでしょうか? 今年11月に株式会社エアトリが「定額制(サブスクリプション)に関するアンケート調査」を実施しています。20~70代の男女831名に、「ADDressとANAの定額サービスが始まったら利用してみたいですか?」と質問。「利用してみたい」と回答した人は全体の約3割、「利用したくない」は約2割という結果になりました。

 

一方で「できることならば色々な場所に住んでみたいと思いますか?」と尋ねたところ、「とても思う」(17.6%)、「やや思う」(31.2%)の合計は48.8%。約半数の人が「色々な場所に住んでみたい」と考えているようです。

 

「色々な場所に住んでみたい」と回答した人の内、63.5%の人が「リモートワークは不可能」と回答。現代人の“労働環境”が、新しい生活の大きな障壁となっているのがわかりました。

 

自分にあった働き方で、楽しく生きられるライフスタイルを実現できるといいですね。

 

文/古山翔

参照/株式会社エアトリ「定額制(サブスクリプション)に関するアンケート調査」 https://www.atpress.ne.jp/news/198807

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る