注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

宿坊に泊まる旅が新スタンダードに?日本文化を再発見できる“テラハク”に注目

ライフスタイル

2019.11.26

2019.11.30

みなさんは、「テラハク」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。漢字に直せば「寺泊」。つまり、お寺への宿泊を意味する言葉で、宿坊に宿泊することを指します。

 

本来は僧侶や参拝者のための宿泊施設だった「宿坊」ですが、最近では一般客も泊まれるようになってきました。お寺やお寺の近くに泊まれるということで、普通の旅行とはひと味違う経験ができると人気が高まってきています。

 

今回は、そんな宿坊の魅力や気をつけるべきことなどについてご紹介していきたいと思います。

宿坊の魅力は文化の再発見


宿坊の最大の魅力は、普段は意識していない伝統や文化を感じられることではないでしょうか。

 

仏教自体は中国から伝わったものですが、それを日本人がどう受け継いできたか、宿坊に滞在することを通して体感することができます。

 

宿坊での楽しみのひとつとして、精進料理を挙げる人も多いようです。

旬の野菜ならではの滋味に富み、体にしみわたる味わいは、普段の食事では見逃してしまう“食”のありがたさを痛感することができます。

 

また、江戸時代の襖絵や掛け軸など文化的価値の高い美術品や美しい庭などを見ることができるのも得難い体験。

毎日バタバタと忙しい働く女性にとっては、日常を離れた静かな空間で心穏やかに過ごすひとときこそ、ぜいたくな時間かもしれません。

心身ともにキレイに浄化されていくのを感じられるかもしれませんね。

 

>>NEXT テラハクではどんなことができる?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る