注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「時代祭」もまもなく開催!秋の京都旅行のすすめ

ライフスタイル

2019.10.21

2019.11.30

四季折々に美しい風景、豊かな食文化にも恵まれた京都は一年中が観光シーズンと言えます。年間を通してさまざまなイベントも行われている京都ですが、皆さんは「京都四大行事」というのをご存じですか?

今回は、開催間近!気候の良いこれからの秋の季節に行われる「時代祭」についてご紹介します。

秋の京都を旅するなら「時代祭」に行きたい!


京都には「四大行事」と呼ばれる有名な4つのお祭りがあります。

1つめは、毎年5月に行われるのが「葵祭(あおいまつり)」。平安装束の優美な行列が人気のお祭りです。続いて7月に行われる「祇園祭(ぎおんまつり)」は、約1,500年前に起源を持つ優雅で古趣なお祭りで、平安貴族姿の500名以上の人々が、京都御所、下鴨神社、そして上賀茂神社へと向かう姿が見どころとなっています。3つめは8月に行われる「京都五山送り火(ござんのおくりび)」。精霊を送るための仏教的行事です。大文字、左大文字、妙法、船形、鳥居形の炎の文字が闇の中に浮かび上がります。

そして4つめ、10月に行われるのが「時代祭(じだいまつり)」です。

 

このお祭りは、平安遷都1,100年を記念して、明治28年から始まった時代祭は平安神宮の大祭です。平安時代から明治維新の時代まで、約2,000人の市民がそれぞれの時代のスタイルに扮して京都の町を練り歩く「時代風俗行列」が一番の見どころとなっています。

都の1,000年の歴史を約2時間で振り返る、この豪華パレード。桂小五郎、西郷隆盛、織田信長といった誰もが知るような歴史上の人物に扮し、馬や牛車に乗って次々と目の前を通っていきます。

女性たちのきらびやかな衣装も見どころのひとつです。

 

時代風俗行列はいつどこで見られるの?


例年10月22日に開催されている時代祭ですが、2019年同日に天皇陛下即位に伴う即位礼正殿の儀が行われるため、「10月26日」に変更となっています。

時代風俗行列の進発は、12時より京都御所・建礼門前からスタート。なお、雨天など悪天候の場合は翌日27日の開催となります。

 

時代祭は前日祭から後日祭まで組まれており、期間を通して楽しむことができます。

 

秋の京都の見どころは?


お祭りやイベントを通じて京都の魅力を感じるのももちろん良いですが、知っての通り京都には深い歴史があり、今も様々な文化や建築物が残っています。

中でも世界遺産に登録されている神社やお寺は幻想的で、心を落ち着かせてくれる雰囲気があります。京都に行ったらぜひ訪れたい神社やお寺をご紹介します。

 

清水寺

清水寺の歴史はさかのぼること約1,200年大きな慈悲」を象徴とする観音様の霊場として、古くから庶民に開かれ老若男女問わず親しまれてきました。

音羽山の中に広がる13平方メートルの境内には国宝と重要文化財を含む30以上の伽藍や碑が立ち並びます。建ててから10回以上大火災に遭い、堂塔は焼けてしまいましたが何度も建て直しが行われました。

また1994年にはユネスコ世界文化遺産「古都京都の文化財」としても登録。境内には約1,500本の桜と約1,000本の紅葉があります。四季折々の自然に触れることができ、とても落ち着いた空間となっています。

 

金閣寺

金閣時は、正式名称を鹿苑寺といい、相国寺の塔頭寺院の一つです。舎利殿の金閣が特に有名なために金閣寺と呼ばれることになりました。

もともとは鎌倉時代に西園寺公経の別荘を足利義満が譲り受け、山荘北山殿を作ったのが始まりとされてます。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土を表したとされていて、後小松天皇を招いたり、中国との貿易を盛んにして文化の発展の貢献場所でもあります。

 

八坂神社

美御前社には美人の誉れ高き宗像三女女神が祀られている八坂神社。古事記では、天照大御神が建速須佐之男命の十拳の剣を三段に打ち折り、天之真名井に振りすすいだときに生じた神々だと言われています。

また日本書紀には天孫降臨の際にその道中の安全を守るようにと天照大御神から命じられたとあり、そこから海上安全、交通安全の神として信仰されるようになりました。

宗像三女神のうち一番美しいとされている市杵島比売命様という神が祀られており、神仏が習合していたときは七副神の一神である弁財天と同じ神として言われていて、さらに美貌の女神とされる吉祥天とも習合していました。

これにより、財福、芸能、美貌の神としての信仰があります。

忙しい季節だからこそ、京都で一息ついてみては?


京都の秋の恒例行事「時代祭」を中心に秋の京都をご紹介しました。その他にも京都ではサムライ体験や人力車など、日本ならではの風情を全身で体感することができます。

外国の方にも人気な観光スポットですが、私たち日本人にとってもどこかほっとできる京都。今年の秋はぜひそんな京都に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

文/小野寺香織

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る