注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

タダで水遊び!暑気払い♪じゃぶじゃぶ池を10倍楽しむ!

ライフスタイル

2017.07.27

2019.11.30

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

                       

ライター名:しらせゆみこ

 

「じゃぶじゃぶ池」ってご存知ですか?

じゃぶじゃぶ池は公園内にある水遊び場で、主に幼児を対象とした水に親しめる場所のことを指します。家庭用プールの大きいバージョンという感じでしょうか?水深が浅く、小さな子どもや水に慣れていない子どもでも楽しく遊べます。いわゆるプールはほとんどが有料ですが、じゃぶじゃぶ池は無料で利用できるところがほとんど。子育て世帯には嬉しいですよね。

今年の夏はじゃぶじゃぶ池で暑さを吹き飛ばし、親子で楽しんでみませんか?

20170727-1

 

レジャー感たっぷり!じゃぶじゃぶ池のいいところは?

なんといっても無料なので、何度連れて行ってあげても家計にまーったくひびきません(笑)。また、水深が浅いのでおぼれてしまう不安もありません。1歳くらいの子がちゃぷちゃぷしているところもよく見かけます。さらにじゃぶじゃぶ池は大人が着替える必要がないので楽です。子どもの着替えだけ手伝って、あとは木陰から見守るというママも。飽きたらテントで休んだり、公園の遊具で遊んだりできます。何時間もかけて遠出しなくても、実は子どもはこんなスポットがいちばん楽しかったりするんですよね……。

20170727-2

 

じゃぶじゃぶ池へ行くときの持ちものは?

・水着または着替え

・水遊び用パンツ(おむつがとれた子が対象の場所もあるので事前に確認してください)

・タオル(ラップタオルだと着替えもしやすい)

・サンダル(クロックスなどの濡れてもよいもの)

・濡れた水着や着替えを入れる袋(ジップロックなど)

 

あとは普通に公園に行くときの荷物(帽子や日焼け止め、飲み物など)を持っていけばOK!やはり服で遊ぶよりも水着のほうがいいと思います。思いっきり遊ぶと、結局ずぶぬれになりますし。以前、偶然立ち寄った公園にじゃぶじゃぶ池があり、水着も着替えもなかったので足つかるだけね……の約束で入りましたが、興奮して数分でびしょびしょに!この季節は常に水着か着替えを携帯しておいたほうがよい、と学びました(苦笑)。

20170727-3

 

都内のじゃぶじゃぶ池をピックアップ!

ほかにも、「お住まいの自治体」「じゃぶじゃぶ池」のキーワード検索で、パパッと情報を得られるはず。 じゃぶじゃぶ池は都内にも郊外にもいろいろあります。いろんな特徴があるので、都内でじゃぶじゃぶ池巡りをするのも楽しそう。

 

・品川区のじゃぶじゃぶ池

http://www15.tok2.com/home/kouen6th/mizuasobi-2/shinagawa.html

 

・世田谷区のじゃぶじゃぶ池

http://www15.tok2.com/home/kouen6th/mizuasobi-2/setagaya.html

 

・江東区のじゃぶじゃぶ公園

http://www.city.koto.lg.jp/470705/machizukuri/kasenkoen/annai/7483.html

 

・文京区のじゃぶじゃぶ池

http://www.city.bunkyo.lg.jp/bosai/midori/kouen-topic/jabujabu.html

 

・杉並区のじゃぶじゃぶ公園

http://www.city.suginami.tokyo.jp/kosodate/yakudatsujoho/sugilabo/news/1024669.html

 

・目黒区のじゃぶじゃぶ池

http://sukunavi.megurokodomo.net/docs/2013032600047/

 

暑い季節のラクちん子ども遊びスポット。満喫してみてはいかがですか?

 

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る