注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【北海道・東北編】いち早く紅葉を見たいならここに行こう!

ライフスタイル

2019.10.14


気温が低い北海道や東北の紅葉の見頃は、関東や関西等と比べると二ヶ月ほど早く早く見られるとされています。いつ行っても大自然の風景は目を惹かれるものがありますが、紅葉やカエデ、針葉樹の黄金色等のコントラストが広がって素晴らしいです。

一足早く、北海道や東北で紅葉狩りに出かけてみませんか?

 

日本一紅葉が早い北海道最高峰の大雪山国立公園の山々


北海道道北の大雪山は日本で一番早く紅葉が見られる場所です。旭岳、黒岳、赤岳等全てで大雪山という総称になっていて、8月下旬から色づき始めて9月中旬~10月初旬頃には見頃を迎えます。

最高峰で標高2,291mの旭岳は、ロープウェイで標高1,600mのところまで行けるので、登山に慣れていない人にも人気のスポットです。

10分程の空中散歩ですが、ロープウェイから見下ろす大パノラマは、山頂から麓までの色彩の変化を楽しませてくれますし、大小並ぶ夫婦池では、澄んだ水の青色と紅葉のコントラストに時を忘れてしまいます。

 

そして、忘れてはいけないのが裾合平周辺から見る高山植物の「チングルマ」です。深紅のカーペットに雪が舞い落ちたような光景は、桃源郷に迷い込んだのかと思わせます。このチングルマは御鉢平周辺からも見えて、黒岳の山頂から見えるごつごつした山肌と紅葉の迫力とは違った雰囲気で魅了させてくれます。

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る