注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【関東編】紅葉をいち早く楽しむならココ!

ライフスタイル

2019.10.14

2019.11.30


秋は紅葉も綺麗で過ごしやすく、大型連休からも外れているので旅行には良い時期ですよね。気候も良いのでどうせなら自然が溢れる場所に行かれてはいかがでしょうか。

心身ともにリフレッシュして、次への活力にするために、秋におすすめな場所をピックアップしていきます。

那須高原はパワースポットや映画のロケ地が豊富!


都心から車で3時間程で行ける那須高原には魅力がいっぱい。紅葉のスポットとしては、茶臼岳が有名です。広がる紅葉を見ながら那須ロープウェイに乗って標高1,684mの9合目まで行き、関東平野を一望できる山頂までは、溶岩が固まった石が多い道を50分程歩きますが、登り切った達成感と大自然の空気を胸いっぱいに吸い込んでリフレッシュできること間違いなしです。

 

山頂から少し降りて標高1,048mにある全国100番目に選定された「恋人の聖地那須高原展望台」では、早朝に雲海が出現することもあります。朝陽の神々しい輝きと、一面に広がる雲海とのコラボレーションは息を飲む美しさです。

 

ほかにも、那須高原には親子で楽しめるスポットが盛りだくさんです。子どもが大喜びの那須ハイランドパークや那須どうぶつ王国に那須りんどう湖レイクビュー、那須サファリパーク等、たくさんのテーマパークがあります。

 

また映画「テルマエロマエ」の世界観に浸れる「北温泉旅館」や「泳ぎの湯」や、平家物語で有名な那須与一ゆかりの神社でパワースポットとしても有名な「那須温泉神社」も。

この那須温泉神社には、日本人なら知らない人はいない、国家の歌詞にある「さざれ石」こと「大和さざれ石」が社務所の前に祀ってあります。強いパワーを秘めた石と言われていて、触ると願い事が叶うと言われています。興味深い場所ですよね。

袋田の滝で紅葉とマイナスイオンをたっぷり堪能


茨城県の県北にある「袋田の滝」は、高さ120m、幅73mの大きさを誇る滝で、日本三名瀑の一つに数えられる滝となっており、別名「四度の滝」とも言われていています。訪れた西行法師が、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風情は味わえない」と絶賛されたことから別名がつけられました。

大岩壁を四段に落下し、流れる水が作り出す白糸は滑らかに、時に激しくさまざまな顔をみせてくれます。

 

特に、目に鮮やかな紅葉と白糸が織りなすコラボレーションは時間が止まったかのよう!滝を下から見上げる第一観瀑台と上から見下ろす第二観瀑台があって、自然が作り出した景観と流れる水の音、心地よい空気が癒やしてくれます。

 

袋田の滝を見た後は、少しハイキング気分で山頂まで歩き、「月居山光明寺観音堂」に行ってみてはいかがでしょうか。807年に建てられたお堂の中には約1.8mの高さがある聖観世音菩薩像があり、歴史を感じられる場所となっています。

紅葉の時期にはライトアップを実施していたりするので、ライトに照らし出された滝と紅葉の幻想的な光景を目に焼き付けたいですね。

花園渓谷は滝と紅葉のコラボレーションが見逃せない


茨城県と福島県の県境にある「花園渓谷」は、都心から車で2時間で行ける癒やしのスポットです。

花園川が山地を侵食して作られた花園渓谷は、七ツ滝、与四郎の滝に落雲の滝、千猿の滝に箱滝等があり、舞い落ちる紅葉が川を敷き詰めて流れ滑る様は鮮やかな緋毛氈のようで目を奪われてしまいます。

さまざまな白糸と紅葉を見ながらの散策は、木々に囲まれた中でマイナスイオンを浴びれば、体中で自然を感じてみてはいかがでしょう。

 

また、花園渓谷にある花園神社は1200年の歴史を持ち、拝殿前にある貴重な植物のコウヤマキは樹齢600年と言われています。幹囲が7.5mもある大杉は、地上10mのところで3本に分かれていて、自然の偉大さを感じさせてくれます。

大人も子どもも、その大きさにはびっくりしてしまうこと間違いなしですよ!

関東で紅葉といえば箱根は見逃せない


箱根の紅葉と言えば、数ある紅葉スポットの中で一番最初に紅葉を見られる芦ノ湖ではないでしょうか。芦ノ湖周辺は車や徒歩で散策するのもいいですが、遊覧船から紅葉を見るのも新鮮です。

遊覧船から見る大パノラマの紅葉は、心地良い風に吹かれながらゆっくり眺めることができます。天気が良ければ富士山を望むことができますよ。

 

次におすすめなのは歴史を感じられる長安寺です。1356年に創建されて、本堂は屋根や壁以外建築された当時のものと言われていますし、同じものはない五百羅漢と呼ばれているたくさんの石仏も見られます。

五百羅漢は今も制作され続けられていて、行く度に新しい五百羅漢が見られるかもしれません。

 

紅の紅葉とは違った趣の、黄金色が一面に広がる仙石原台ヶ岳のススキ草原も秋におすすめのスポットです。かながわの景勝50選、かながわの花100選の一つで、箱根カルデラの金時山や乙女峠等が目の前に広がり、広大な風景を一望できます。仙石原でしか見られない景色をぜひ堪能してください。

 

箱根には紅葉スポットがたくさんありますが、少しずつ見頃が違うので観光協会のホームページなどをチェックしてお出かけください。

今しか見られない景色を子どもに贈ろう


目に鮮やかな紅葉や、一面の黄金色、緑と紅のコントラスト等、秋にしか見られない風景こそ、子どもに見せてあげたいですよね。また、忙しい日常から少し離れて美しい景色を眺めるのは親にとっても癒やしの時間に。

週末に少し遠出して、紅葉を見に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

文/小野寺香織

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る