コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

お盆休みはどこに行く?今からでも間に合う旅行先

ライフスタイル

2019.08.25

今年の盆休みは、ゴールデンウイークのように、大型連休となっているようです。多い人だと9連休となっているので、ずいぶんとのんびりできそうです。せっかくの連休ですから、国内、国外を問わず旅行に出掛けてみてはいかがでしょうか。

暑い夏だからこそ、暑い場所に行ってもいいですし、涼し気な避暑地にいくのもいいですよね。人気のスポットは早めに手配をしておかなければチケットがとれないかもしれません。


■夏の定番は沖縄

夏の旅行と言えば、国内では沖縄が人気です。昔から定番の旅行先ですよね。気温で言えば、より暑い地域へ行くわけですが、湿度も高くあまり過ごしやすいというわけではありません。

その中で沖縄旅行をするということは、暑さ以上に魅力のある場所だということですよね。やはり海が違います。エメラルドグリーンに透き通った海に、白い砂浜。ダイビングやシュノーケリングといった海で遊ぶには最高の場所となっています。

沖縄は雨の多い地域ですから、雨が降り外で遊べないということも考えられます。そんな場合は、定番の観光スポットである沖縄美ら海水族館で楽しみましょう。沖縄美ら海水族館は世界一や世界初の記録がいくつもある水族館です。人の何倍もある巨大なジンベイザメやマンタが泳ぐ姿は迫力満点ですよ。

沖縄美ら海水族館は広大な海洋博公園の中のひとつの施設であり、海洋博公園には他にも楽しめる場所がいくつもあるのです。

また、沖縄の世界遺産でもある首里城はぜひ観光しておきたいスポットのひとつといえるでしょう。

 

 

■避暑なら北海道

北海道といっても広大なエリアですから、ポイントを絞っておかなければ、観光は難しいですよね。夏はどんなところがスポットとなるのでしょうか。

北海道と言えば、ラベンダーが有名ですが、旬は7月ですから盆休みは少し遅いです。盆休みとなると、8月が旬のひまわりではないでしょうか。北竜町にはひまわり畑があり、北海道の広大な土地がひまわりの黄色一色に染まる光景は見ておいて損はないでしょう。

涼を求めるのであれば、知床もよさそうです。カムイワッカ川にあるカムイワッカ湯の滝は源泉の流れ込んだ小さな滝となっています。沢のぼりが楽しめるので人気となっています。そのカムイワッカ川が海に流れ込むところが、カムイワッカの滝となっているのですが、陸路では行くことができないので、クルージングで海から楽しみましょう。


■海外旅行の人気ナンバーワン

日本人にとって、海外旅行と言えば、代表となるのはハワイではないでしょうか。観光スポットであれば、多くの日本人観光客が行き来しています。周囲の人たちだけ見れば、海外に来ている感覚はないかもしれません。

日本語対応可能なスタッフが多いというのもハワイが人気となっている理由のひとつかもしれません。さらには、店舗にもよりますが、日本円が使えるというのもポイントですね。日本円が使えないところもあるので、最低限の両替はしておく必要があります。もちろん、現地でも両替は可能です。

人気はやはりワイキキビーチでしょうか。さまざまなマリンアクティビティがありますが、メジャーなホテルであれば送迎もしてもらえるというのが嬉しいところです。人気のアクティビティは予約が殺到するので、旅行前に予約をしておいたほうが良さそうです。

もちろん、ダイヤモンドヘッドも外せないところです。ダウンタウンも観光しておきたいところです。アクセスも簡単なので、事前にチェックしておいて効率よくと観光地を回れるようにしておくとよさそうです。

休み明けの真っ黒に日焼けした肌と、ハワイのお土産で周囲の人にはうらやましがられるのではないでしょうか。


■南国のリゾートならグアム

ハワイと並んで日本で人気の旅行先がグアムです。グアムを満喫するのであれば、やはりマリンアクティビティではないでしょうか。白い砂浜とどこまでも続く青い海、南国リゾートならではの光景ですよね。

ホテルやレストランではハワイと同様に日本語が通じるところが多いというのもうれしいところです。

カップルでのグアム旅行であれば、グアムの恋人岬も訪れたいスポットではないでしょうか。タモン湾に突き出た形のグアムのシンボルと言っていいほどの岬となっています。海抜112mの断崖から臨むフィリピン海とタモン湾の光景は言わずとしれた絶景なのです。

ハワイ同様にグアムもパッケージツアーが多くあるので、ゆっくりとグアムを楽しむことができます。一般的なものは3泊4日ですから、盆休みの半分ほどですね。2泊3日のものもあるので、好みで選ぶことができそうです。

 


■海外でのマナーを覚えておこう

ハワイもグアムも同じ南国リゾートでアメリカということもあり、共通点も意外に多いのではないでしょうか。日本よりもブランド品などが安く購入できるのも同じです。

もちろん、チップの習慣があるのも同じです。日本人にはチップの習慣がないので、チップの額や渡し方というのはマナーになるので、事前に覚えておきましょう。

チップ込みの料金となっている場合はいいですが、そうでない場合はチップを忘れないようにしましょう。


■まとめ

盆休みの旅行ということでどうしても海が多くなってしまいます。ほとんどの場所が日差しが強いので、日焼け止めなどは忘れないようにしたいです。トラブルにならないようにしっかりと肌を保護して楽しみましょう。

また、天候もしっかりと確認しておきましょう。雨続きになってしまうとせっかくの旅行も台無しになってしまうかもしれませんよ。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る