注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

満天の星空に感動!おすすめの天体観測スポットー関東・東海編ー

ライフスタイル

2019.08.20

夏休みの思い出作りに、都会の喧騒を忘れ、大自然の中で満天の星空を家族で眺めてみるのはいかがでしょうか?

星空を眺めながら時間を忘れて星の話をするのは、とても貴重な経験になりますし、最高の思い出となることでしょう。

今回は、関東・東海地方のおすすめの天体観測スポットをご紹介します。

◆天体観測の必需品

天体観測を何度もされている方にとっては、ご存知のことばかりかも知れませんが、夏の天体観測をより楽しんで頂くために、天体観測の必需品について確認しておくことにしましょう。

星空がキレイな場所というのは、街から離れた場所や標高の高い場所にあるものです。

そのため、夏でも夜になると肌寒い場所である場合が多いので、気温がどの位になるか事前に調べた上で上着などを用意するようにしましょう。

標高が、1,000m違えば気温は0.6度違うと言われています。

また風速1mの風が吹くことで体感温度は1度下がると言われていますので、予想していたより肌寒く感じてしまうこともあるそうです。

そのため、上着や体温調整を簡単の行うことが出来るようにショールやブランケットなどを持って行くと便利です。

足元を照らす懐中電灯やサーチライトは必ず持って行くようにしましょう。両手が塞がってしまうことを防ぎたいのであれば、ヘッドライトがおすすめです。

星座早見盤があれば、星の名前を確認するのに便利です。最近ではスマホのアプリでも星座の早見盤があります。

コンパスは、星を見つけるときに方角を確認したりするのに便利です。こちらもスマホのアプリにあります。

星を寝転がって観察したい人には、レジャーシートは必需品と言えるでしょう。また、夏の場合、虫が出てきますので虫よけスプレーなどを用意しておけば、虫に刺されたりすることもありませんので安心です。

双眼鏡や望遠鏡は星をもっと間近に観察したい人にとっては、必需品と言えるでしょう。

また、夏とは言っても夜はかなり冷えますので、ポットに暖かい飲み物を入れて持参すればより快適に過ごすことが出来ます。

 

 

◆都心から1時間半で行ける奥多摩

それでは、おすすめの天体観測スポットをご紹介することにしましょう。

新宿から電車でおよそ1時間半で行くことができる奥多摩は、東京都は思えないほど、自然が豊富に残る天体観測スポットとして人気の高い場所です。

奥多摩の天体観測の人気スポットは、奥多摩湖と雲取山の2ヶ所をあげることができます。

奥多摩湖は周辺にキャンプ場や宿泊施設も多いので、宿泊してゆっくりと星空観賞を楽しむことも可能です。

また、奥多摩湖の周囲には駐車場もたくさんありますので、車で出かけて日帰りするという方法もあります。ただ、山の中を走ることになりますので、道路はカーブが多いです。運転には十分な注意が必要になります。

雲取山は奥多摩で標高が最も高い山になります。

パワースポットとしても人気の高い三峯神社があり、宿泊施設もあります。

周囲に人工的な灯りがなく、標高が高いため、星を眺めるのに絶好のスポットとして人気を呼んでいるようです。

登山初心者向けの山ではありませんので、登山に慣れていない方は、登山経験者と一緒に登るか、ツアーに参加した方がよいでしょう。

◆天の川の絶景スポット竜神大吊橋

夏の夜空を眺めると、天の川と織姫星と彦星は目を引きます。

茨城県常陸太田市にある竜神大吊橋は、天の川の絶景スポットとしよく知られています。

竜神大吊橋は、8:30~17:00の間しか渡ることができませんが、竜神大吊橋と天の川のコラボレーションは実に見事なものがあります。

竜神大吊橋に十字にかかる天の川は、夏ならではの眺めと言えるでしょう。竜神大吊橋の下はダムになっているため、人工的な灯り

に邪魔されることはありません。自然の暗闇が、満天の星空の美しさをひときわ盛り上げてくれます。

アクセスは、常陸太田駅からバスでおよそ45分になります。

竜神峡は秋には紅葉で人気の高い場所ですが、カヌー遊びやハイキングなど自然を満喫することが出来ます。

少し足を伸ばせば、水戸光圀公が穏やかな晩年を過ごした西山御殿庭園などがあります。

 

◆茶臼山高原の夏の星空イベント

愛知県にある茶臼山高原の豊根村では、毎年定期的に星空イベントを開催しています。イベントならではの趣向を凝らした内容となっています。

茶臼山高原では、6等星まで見ることができますので、星空案内人の解説を聞きながら銀マットやハンモックに寝転がって星空を楽しむことができる観察会や、星空の写真を撮影する方法などが公開されています。

星空の写真撮影は、超初心者の方向けですので、撮影に自信がない方でも安心して参加することができます。

星空をもっと楽しみたいと思っている方にはピッタリのイベントと言えるのではないでしょうか?

茶臼山高原周辺にはキャンプ場、矢筈池、美術館などがあります。

また、夜の野生の鹿に会いに行くツアーや、完熟ブルーベリーの摘み取りなども行われていますのでいろいろな楽しみ方ができそうです。

アクセスは新東名高速道路が開通しましたので、名古屋ICから車で110分ほどで行くことができるようになりました。

関東・東海地方のおすすめの天体観測スポットをご紹介しましたが、仕事が忙しくて長期休暇を取ることが難しい方でも、土日を利用して気軽に出かけることが可能ですので、出かけてみてはいかがでしょうか?

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る