注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

千葉のグランピング施設「THE FARM」子連れにおすすめの理由

ライフスタイル

2019.08.22

2019.11.30

「美しい」と思える独自のキャンプを実践する「ビューティフルキャンピング」に聞くグランピング特集。

第2回目は、子連れファミリーにオススメできる関東のグランピング施設に編集部が実際に訪れてきました!

今回は、東京都心から約90分という好アクセスな施設千葉県の「THE FARM(ザ ファーム)」をご紹介します。

今回訪れたのは…
千葉県香取市「THE FARM」

関東エリアの子連れファミリー向けのグランピング施設としてオススメするのが、2016年の8月に千葉県香取市にオープンした、農園リゾート施設「THE FARM(ザ ファーム)」だそう。

 

「白いテントが並んでいるそのさまは、みなさまがイメージする、まさに“グランピング”ではないでしょうか。こちらの施設には、広々とした農園が併設されており、野菜の収穫体験ができるのが一番の特徴です。宿泊施設も冷暖房完備で、アクティビティも多数。いろいろな楽しみかたができる施設です」

 

早速、実際に編集部で訪れた内容を、あますところなくご紹介します!

 

\ 一番気になる!宿泊施設 /
自然を満喫できる!
①グランピングエリア


THE FARMの宿泊施設で、白いテントがずらりとならんでいるのが「グランピングエリア」です。グランピングエリアには下記のタイプの部屋があります。

※すべて税別。利用は2人以上から、朝夕2食付き。

 

一番人気!森のなかの「フォレスト」タイプ

グランピングエリアで一番人気なのが、森のなかにぽつんと1棟だけたたずむ「フォレスト」というタイプのお部屋だそう。こちらの写真の奥に見えるのが、宿泊施設。本当に、森のど真ん中にあるんです!

 


まわりは、木々だけ。心地よく聞こえる虫の声や夜空に広がる満点の星空を、独り占めできる空間です。テントが二重であることで夜の冷えや結露を防いでいるという、快適に過ごせる工夫もされています。

 

テント内はこちら。冷暖房完備、電源もあります。床はフローリング仕様で、床には断熱材があるので快適。トイレは近くのトイレ棟、お風呂は併設の温泉「かりんの湯」を利用できます。

 

最安で利用しやすい、スタンダードな「リバーサイド」タイプ

ファミリーに人気なのが、「リバーサイド」と呼ばれる、グランピングエリアの一番スタンダードなタイプ。大人はウッドデッキの上でバーベキューをしたりお酒を飲んだりとゆっくり過ごしながら、目の前の水たまりで、子どもたちは裸足で水遊びを楽しむことができます。

 

リバーサイドは16棟のテントが並んでいますが、設置角度が計算されており、隣接するテントの視線などが気にならない配慮がされているそう。テントの灯りがポツポツと灯るころ、土日は近くのファイヤープレイスでキャンプファイヤーも行われています。

 

夕食は、部屋のデッキでBBQ!翌日の朝食は、施設内のカフェ「THE FARM CAFE」や「かりんの湯食事処」でゆっくりといただくことができますよ。

 

1棟の定員は4名。テントの中に、セミダブルベッドを2つ設置しています。寝袋も借りることができます。

 

二階建てで、見晴らし最高!一番広いタイプ「ヴィラ」タイプ

グランピングエリアで一番広いのは、こちらの「ヴィラ」という二階建てでウッドデッキ付きのタイプ。こちらは全部で4棟あります。2階からの見晴らしは、最高です!

 

その他、グランピングエリアには、リバーサイドタイプより1ランク上の「ジュニアスイート」が4棟、高台にあって眺めのいい「クリフスイート」と呼ばれるタイプが3棟あります。

 

2019年春にニューオープン!「アスレチック」タイプ

こちらは、2019年のゴールデンウイークにニューオープンした「アスレチック」というタイプの宿泊施設。テントの入り口に滑り台とボルダリングがついています。これは、小さな子どもにとっては、うれしいですよね!

 

同じエリア内には、小さな子が思いきり遊べるアスレチックがあります。

 

アクティビティとして参加できるジップスライダーは体重25kg以上の利用条件がありますが、こちらのエリアには、まだ参加できないような小さな子でも楽しめるミニスライダーもあります。

 

2019年初夏にニューオープン!「グランテラス」タイプ

グランピングエリアの一番奥まった、周りは森ばかりの喧騒から離れた空間には、最高グレードのウッドデッキ付きの「グランテラス」があります。こちらへの夏休み宿泊プランのなかには、目の前に広がる芝生部分で、宿泊者だけのためにファイヤーダンスを披露してくれるというものも。ちなみにバス・トイレはないですが、併設の温泉施設「かりんの湯」が無料で利用できるので、安心です。

 

二階のウッドデッキは、焚き火ができる特別仕様。夜は快適なソファにゆったりと座りながら、火を見てゆっくり過ごすのもいいですね。

 

設置されている冷蔵庫には、アルコール飲料やソフトドリンクが入っていて、こちらが飲み放題!グランテラス限定サービスの一つです。アイスキャンディも入っています。

 

夜はお食事のBBQをテラスまで運んでくれ、朝は併設のカフェやかりんの湯でビュッフェを楽しむことができます。

 

食事プランとして選べる、1ポンドのステーキ。この分厚み、すごいですよね!

おしゃれで快適!
②コテージエリア


THE FARMの宿泊施設にはグランピングエリアのほかに、「コテージエリア」と呼ばれるエリアがあります。バス・トイレが部屋内に設置されていない「グランピングエリア」と比較すると、こちらはまるで家さながら。バス・トイレ完備でゆったりと部屋内完結でのんびり楽しみたい!という人は、こちらがオススメです。

  • 「スタンダード」タイプ(大人1泊2名18,000円~、小人1泊1人6,400円)(朝食・温泉入浴付き)※夕食は別途
  • 「グランピングコテージ」タイプ(大人1泊2名34,000円~、小人1泊1人12,800円)
  • 「グランデ」タイプ(大人1泊2名38,000円~、小人1泊1人14,400円)

※すべて税別。利用は2人以上から、朝夕2食付き。

 

コテージエリアの最安値「スタンダード」タイプ

THE FARMのコテージは、キッチン、バス・トイレ、エアコン、テレビ、空気清浄機などが完備している宿泊施設です。コテージタイプは、全部で14棟。1棟最大で4名まで宿泊が可能です(子どもが3人いるなどで5名の場合でも、応相談)。

 

14棟のうち3棟は、愛犬と一緒に宿泊できる施設です。フェンス内であれば、リードを外してドッグランとして楽しむことができます。

 

グランピングの雰囲気も楽しめる「グランピングコテージ」タイプ

14棟のうち1棟は、「グランピングコテージ」と呼ばれるコテージ。グランピングの雰囲気をコテージに採用している、おしゃれな家具と木の香りのする開放的な空間です。テラスにコンロを出して、夜にBBQすることもできます。おなかいっぱいになった後は、ハンモックにゆらゆら揺られなら、リラックス!

 

最高グレードの「グランデ」

1日3組限定という、二階建てのコテージ「グランデ」。広大な畑とガーデンに囲まれている家仕様で、THE  FARMのなかでは、最高グレードのコテージとなります。

1棟最大で8名まで宿泊が可能なので、お友達家族とふた家族で楽しむのもいいですね。

 

  

これが部屋の内装。もう、完璧です!部屋のなかには、スタッフによってきちんと管理された本物の木があり(床がくりぬかれ、直に土から生えています!)、部屋にいながらにして自然を感じることができます。

 

グランデでは、夕食に他のコテージでは味わえない専用ディナーを楽しめるプランも。オーブンが全戸についており、スタッフにより調理された3種類のオーブン料理を楽しめまする。

 

こちらが「お部屋で贅沢 丸鶏の塩釜焼コース」。若鶏のお腹の中に野菜やハーブが詰め込まれています。

 

夕方からじっくりオーブンで焼き始めて、部屋中に充満してくる香りを楽しみつつワインを飲み、焼き上がりを待つ時間…。想像すると、最高です!

 

こちらが「お部屋でゆっくり 季節のお鍋セット」。地元の牛肉や豚肉、鯛が入ったしゃぶしゃぶプランです。

 

農園で収穫した野菜を、こちらのお鍋で味わえるのが一番の醍醐味!収穫して1時間後に野菜をおいしくいただけるというのは、都会ではなかなか経験できないことです。

 

こちらが「お部屋でときめきチーズフォンデュ」。こちらも鍋同様、収穫したての季節の野菜をたっぷりといただくことができます。

 

夜は、デッキでゆったり。デッキからは農場を見渡すことができ、天気が良ければ満点の星を堪能することができますよ。

 

グランピング以外の施設も充実


採れたて野菜を味わえる「THE FARM CAFE」

施設内には、木のぬくもりを感じられる開放的な雰囲気のカフェもあります。こちらでは、採れたて野菜を使った料理を中心に、シェフ自慢の料理を味わうことができます(※季節により取り扱いがない場合がございます)。

 

農園夏野菜のバーニャカウダ仕立て 1,598円(税込)

 

限定のグリルセット ハンバーグ〜ジャポネソース〜  1,814円(税込)

 

広々としたBBQエリア

施設内には、日帰りでバーベキューを楽しめる施設も。食材の準備や後片付けは不要で、手ぶらで気軽にバーベキューを楽しめます。インストラクターも常駐しているので、いろいろと聞けるのも魅力です。

 

薪も使えるテントエリア

農園のなかには、キャンプができる区画もあります。全部で8区画あり、一区画の広さは約120平米。一番奥に広い場所があり、ここだと2〜3家族で楽しめるそうです。お風呂は、併設の天然温泉施設「かりんの湯」が無料で利用できます。

 

日帰り温泉施設が隣接

(写真提供:THE FARM)

 

施設内には、天然温泉が楽しめる日帰り温泉があります。1,500m地下からの湧き出る天然温泉。弱アルカリ性の泉質なので、お肌がすべすべになると特に女性の方々に好評なのだとか!露天風呂、内湯、フィンランド式ドライサウナ、寛ぎの間などのスペースがあり、ゆっくりとリラックスできます。

 

グランピングやキャンプを楽しんだ後は、広々とした大露天風呂でさっぱり汗を流せるなんて…最高すぎます!

これはいい!
「THE FARM」おすすめポイント


1:屋外でも!子連れラグジュアリーが体感できる

THE FARMを訪れてまず感じたのは、宿泊施設やその他の施設がとても清潔感があり、そして全てセンスが良いということ!快適なので、初心者や女性でもリラックスできること間違いなしです。宿泊施設に備え付けられている備品やクッションやブランケットひとつとっても、全てSNS映えは必須なセンスの良さです。こんな空間に泊まれたら…ママのテンションは、確実にあがりますよね(写真は「ヴィラ」タイプ)!

 

グランピングエリアのチェックインは「ザファーム・キャンプ ラウンジ」にて(コテージエリアは別棟)。ウッド調の落ち着いた内装に、来た瞬間から非日常のスタートです。望遠鏡を借りることもでき、天気のいい日には月のクレーターを見たり、土星を見たりなどの体験もできます。

 

子連れだと気になるのが清潔感ですが、こちらも申し分ありません。チェックイン棟には、管理の行き届いたシャワー施設も完備。小さな子のオムツ替えなどもできる多目的トイレも併設されています。

 

さらに、宿泊施設には自分たちで飾り付けを行うことができます。ザファーム・キャンプラウンジにはガーランドなどの装飾ツールがたくさん用意されていて、しかも全部無料で借りられるそう。

 

2:農業体験ができる

「THE FARM」の大きな特徴は、農園が併設されているということ。野菜収穫を体験したい!という場合は、1袋1,000円(税別)でTHE  FARMの管理農場から野菜を採ることができます。

 

年間で契約できるプランもあり、スペースを借りられる「貸農園」とTHE  FARMの管理農場からいつでも自由に収穫できる「野菜収穫体験農園」の2タイプがあります。

 

こちらが一回の収穫で取れた野菜たち!訪れるたびに、違う野菜が採れるのもまた楽しいですね。

 

採れたての野菜で、ピクルス作りも体験できます!

 

「貸農園」プランでは、5坪のスペースを自分のものとして借りることができます(年間契約で、税込129,600円)。THE FARMのいいところは、ただスペースを借りるだけではなく、常駐のインスタラクターが、雑草取りなどの日頃の農園管理をしっかりしてくれること。農作業方法などについてもマンツーマンで教えてもらえるので、農作業未経験の人でも安心して野菜を育てることができます。

 

「野菜収穫体験農園」プランでは、スペースを借りなくともTHE  FARMの管理農場から自由に野菜を収穫できるというプランです(年間契約で、税込86,400円)。野菜収穫体験農園では、1年を通じて、約40品目の野菜を収穫できます。

 

契約者への特典として、グランピング・コテージなどの宿泊料金が20%OFF となったり、併設のスーパー銭湯「かりんの湯」の入浴料が5名まで無料となったりなどもあるというから、要チェックです!

 

3:子どもが思いきり、安心して遊べる!

THE FARMの魅力は、小さな子どもが安心して遊べる空間であることです。自然いっぱいでありながらもきちんと整備されていて、危ない場所がありません。アクティビティ以外にも、ちょっとした遊具など子どもが遊べるスポットも満載。パパママがゆっくりとくつろいでいる間も、目が届く位置で自由に子どもが遊べる環境です。

 

グランピングエリアには、宿泊施設の目の前に子どもの足首程度の深さの水たまりが。じゃぶじゃぶ池感覚で遊ぶことができます。

 

滑り台やブランコなど、小さな子が楽しめる遊具スペースもあります。

 

アニメ『アルプスの少女ハイジ』のオープニングのような、長いブランコも。木にしっかりとくくられています。子どもはもちろん、これは大人でも楽しめそう!

キッズが楽しめる!アクティビティが充実


THE FARMには、農園や自然の中で楽しめるアクティビティやワークショップがたくさん。大人も子どもも、ここでしかできない体験を楽しめます。

 

ジップスライダー

(写真提供:THE FARM)

THE FARMのアクティビティのなかでも人気なのが、ジップスライダー。森の斜面に180メートルものワイヤーロープが設置されます。小学生(25kg)以上から参加が可能。

  • 基本料金:宿泊者1人1,000円、一般1人2,000円(ともに税別)
  • 実施時間:10:30 (土日祝日、繁忙期のみ実施))、13:00 、15:00 (土日祝日、繁忙期のみ実施))。平日は13:00のみの実施。
  • 利用条件:体重25~100kg

 

カヌー

(写真提供:THE FARM)

THE FARMから車で20分くらい移動した川で、カヌー体験も可能! スタッフによる送迎もあります。インストラクターによるトレーニングを受けられるため、安心して楽しめます。

  • 基本料金: 宿泊者:大人1人5,800円  子ども4,000円、一般1人6,800円  子ども5,000円(すべて税別)
  • 実施時間:午前の部10:00〜12:30頃、午後の部13:30〜16:00頃

 

ブッシュクラフト

(写真提供:THE FARM)

ブッシュクラフトとは、自然の中で過ごすための技術を指す言葉。THE FARMでは、ブッシュクラフト体験として、マッチやライターを使わずに火起こしするアクティビティがあります。

  • 基本料金:火おこし体験  60分コース1人1,500円 直火体験、120分コース 1人2,500円(すべて税別)
  • 実施時間:10:00~16:00の間

 

ヤギの餌やり

農園の中にはヤギやポニーがいて、動物とのふれあいもできます。これは子どもにとってはうれしい!野菜収穫したあとに、エサとして葉っぱをあげることもできるそう。奥のトラクターは、動かないものなので記念撮影を楽しむことができます。

基本情報

THE FARM(ザ ファーム)

  • 電話番号:0478-79-0666
  • 住所:千葉県香取市西田部1309-29
  • 定休日:なし
  • 営業期間:通年営業 ※グランピングエリアは冬期(1月、2月)休業
  • 駐車場: あり(無料)

 

料金体系

各宿泊施設の紹介部分に記した基本料金をベースに、時期・プランによって詳細に分かれています。人数などの相談ができることもあるので、詳しくはお問い合わせを。

 

アクセス

車の場合、旧・東総有料道路 助沢ICより約10分(※カーナビの場合、「ザファーム」または「かりんの湯」で検索可能)。

車がない場合でも、東京駅から直通の高速バスが出ているので便利!東京都内から90分という、好アクセスです。

 

予約

予約は3ヵ月前からスタートします。人気の宿泊施設はすぐに埋まってしまうので、早めに予約しておくほうがベター。

 

バス・トイレ

ザファームキャンプのラウンジ棟にシャワー室とトイレがあるほか(女性用にパウダールームも併設)、天然温泉「かりんの湯」を利用することもできます。

 

AC電源、ネット環境

AC電源は各宿泊施設に有り。コテージエリアとグランピングエリアでは、施設のWi-Fiを利用することができます(キャンプ施設では入りません)。

 

オススメしたいポイントが満載の、「THE FARM」。宿泊プランもいろいろと用途に沿って選択できるので、家族が一番快適に過ごせるスタイルでグランピングを楽しむことができそうです!野菜収穫やアクティビィティ、そして森に囲まれた大自然を、ぜひ子どもと一緒に満喫してみては?

取材・文/松崎愛香 撮影/田尻陽子 取材協力/THE FARM 

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る