注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

家族で楽しもう♪定番から穴場までとことん満喫する沖縄旅行

ライフスタイル

2019.07.09

148-1

国内の旅行と言えば、沖縄が人気ですよね。ランキングでも常に上位にきています。海開きも春先から行われるということもあり、どこよりも早くリゾート気分を味わえますよね。
海で遊ぶアクティビティーばかりでなく、観光にもいろいろなスポットがあり、定番の場所から穴場的な場所までいろいろあります。
しかしながら、台風がくると風雨が強くなり、外に出ることもままならなくなってしまいますから、旅行にいくシーズンにも注意しておく必要があるでしょう。

 

■定番のスポット

沖縄の海に遊びに行くという人も多いですが、定番のスポットの観光も考えておくとよいでしょう。沖縄は海開きも早く、海で遊べるシーズンは他の都道府県よりは長くなります。
ただ、雨など天気の良くない日も多いので、せっかくの沖縄で雨で遊べないといったこともありえます。
そういった場合は、屋内で雨天に関係なく楽しめるスポットも考えておくとよいでしょう。定番のスポットとなると、「沖縄美ら海水族館」ではないでしょうか。海で遊ぶというわけにはいきませんが、沖縄の海を楽しむことができます。
特に世界最大級の水槽で泳ぐジンベイザメ、マンタは迫力満点です。マンタの飼育数に関して、世界でもトップクラスの数を誇っています。他にも世界一や世界初といった取り組みも沖縄美ら海水族館で行われているのです。水族館が好きな人であれば、絶対に行っておきたい水族館となります。

那覇空港からは高速バスや路線バス、タクシーやレンタカーを利用することができます。高速道路の利用で2時間程度、高速バスでも3時間ほどかかるので、その間の過ごし方を考えておいたほうがよさそうです。
屋内ということもあり、天候には左右されないのですが、台風の強風でバスやタクシーや運休となることもあるので、台風情報には注意しておきたいです。

 

■沖縄の手つかずの自然を楽しもう

沖縄本島も十分楽しめるのですが、手つかずの自然を楽しむのであれば離島が人気となっています。水納島は本島から15分ほどの距離で手軽に楽しめる離島の一つです。住民は40人ほどなのですが、観光客は5万人を超える人気の離島です。
海水浴はもちろん、バナナボートやシュノーケリング、ダイビングといったマリンアクティビティが人気となっています。他にもパラセーリングなどのツアーもあるので、海も空も存分に楽しむことができるのです。
美ら海水族館も遠くないので、合わせて楽しむというのもおすすめです。美ら海水族館に行く途中で水納島を楽しむといった人も少なくないそうです。

アクセスとしてはまず、那覇空港からやんばる急行バスで本部博物館前まで行き、そこからは歩いて渡久地港まで行き、船で渡ります。レンタカーを利用すれば渡久地港までそのまま行くことができます。やんばる急行バスといっても、路線バスなので、予約等は必要なくバス停で並んで乗るだけとなっています。

■沖縄の世界遺産を楽しもう

沖縄と言えば、首里城を忘れてはいけませんよね。日本国内では11番目の世界遺産としても登録されています。正式な名称は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」になります。
沖縄となる前の琉球王国だったころの建物で、鮮やかな朱色の建物が大きな特徴となっています。建築様式も独特で沖縄では人気の観光スポットとなっています。
もともとは国王の居城なのですが、沖縄県となってからは、学校などに利用されています。1945年には全焼しており、今の首里城は1992年に復元されたものです。
また、中国の万里の長城をイメージさせるような今帰仁城の城壁は1.5キロもあります。座喜味城跡、勝連城跡など、見ておくべき遺産も多いので、沖縄旅行ではぜひ観光しておきましょう。

148-2

■穴場のスポットを楽しもう

沖縄には名所が多く、人が多くなってしまいます。また、きれいなビーチを楽しもうと思うと、どうしても離島ということになってしまうのです。ですが、本島にも穴場と呼べるスポットもあります。今帰仁村のサダバマビーチです。
本島の他のビーチと比べるときれいなビーチで、雑木林を抜けたところに突如現れます。水もきれいで透明度が高く、潜らなくても泳いでいる熱帯魚が見えるほどなのです。
ここは映画やCMでもロケで使用されているそうです。これは、ビーチがきれいだということもあるのですが、観光客がほとんどいないというのも理由となっているようです。
ということは、あまり知られていない本当の穴場ということが言えるのではないでしょうか。

 

■沖縄に行くべきシーズンは?

沖縄は本土に比べると、暖かい地域ということもあり、本土が寒い時期に訪れるのがいいかもしれません。暑い時期も当然ですが、沖縄で過ごすのもよいです。
ただ、沖縄は本土に比べると台風の直撃も多く、天候には注意が必要となるのです。沖縄と言えば海ですが、その海を楽しむには海開きのシーズンということになるので、3月から10月といったところが行くべきシーズンとなります。これはビーチによって若干前後します。
そこで問題となるのが、台風の接近です。特に7月から9月にかけては台風の情報はしっかりと確認してから計画を立てるようにしましょう。場合によっては、ホテルから1歩も出られないということもあるようです。

 

■まとめ

沖縄の観光スポットをいくつか紹介しました。これ以外にもたくさんの観光スポットがあるので、沖縄の魅力を存分に楽しんでみましょう。
魅力的なスポットも多く、本格的に堪能したければ、長期滞在が必要になるかもしれませんね。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る