注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子供と行きたい!おすすめハイキングスポット【東北編】

ライフスタイル

2019.06.08

103-1

子供にとって自然とのふれあいはたくさんの学びにあふれています。木や土を触ったり、花や虫を見つけたりといった自然体験を通して、子供たちの五感は刺激され、感性が磨かれていくのです。
自然豊かな東北には親子で楽しめる環境や施設がいっぱい!今回は、小さな子ども連れのファミリーが手軽にハイキングを楽しめるオススメのスポットをご紹介します。

■青森

白神山地や十和田湖をはじめとする雄大な自然に囲まれた青森県。東北三大祭りの一つである青森ねぶた祭は、全国から約300万人の観光客が訪れ、青森の夏の風物詩として毎年賑(にぎ)わいを見せています。
そんな青森の中でご紹介するのは、青森県弘前市にある「せせらぎ広場」。春は桜、夏は川遊びと、年間を通して楽しめるスポットで、地元の人にとっても憩いの場所です。芝生もしっかり整備されているので、バーベキューやキャンプをする家族も多く見られます。ベビーカーでの移動もスムーズなので、晴れた日にはお弁当を持って出掛けてみては。弘前市を流れる岩木川の河川敷をちょっとしたハイキング気分で歩いてみるのもオススメですよ。

■岩手

都道府県の中で、北海道に次いで全国第2位の面積を誇る岩手県。そんな岩手には、手付かずの美しい自然はもちろん、歴史を感じさせ寺社やパワースポットが豊富にあります。また、一度は食べたい名物グルメなどめじろ押し、魅力が盛りだくさんです。岩手県雫石町にある「小岩井農場」では、動物とのふれあいやお仕事見学、ちびっこボートやアーチェリーといった豊富なアクティビティーなど、子どもから大人まで楽しめるコンテンツが満載。その中でも、定期的に開催されているガイド付き農場ツアーは、子どもの年齢や目的に合わせて、お好みの散策コースやプランを選ぶことができます。岩手の豊かな森の動植物を身近に感じることができ、さらに専任ガイドが同行してくれるのでハイキング初心者でも安心です。事前予約が必要な場合もあるので、あらかじめ公式ホームページをチェックしてから出掛けしましょう。

■宮城

都市と地方の魅力を併せ持ち、年間を通して寒暖差の少ない宮城は、“日本一過ごしやすい県!?”とも言われています。仙台七夕まつりやSENDAI光のページェントなど全国的に有名なイベントも数多くあるので、一度は訪れたことがあるという人も多いかもしれませんね。
宮城県蔵王町にある「ことりはうす(宮城県蔵王野鳥の森自然観察センター)」は、宮城の野鳥の生態などを通して、自然の成り立ちや命の大切さを学ぶことができる施設です。入館料は一般が350円、高校生以下は無料なので、家族連れでもリーズナブルに利用できます。そして、このことりはすの背後に広がる「野鳥の森」では、ホオジロコース、コゲラコース、ウグイスコースをはじめとする計7つの散策コースが設けられています。バードウオッチングや、ハイキングと知る人ぞ知る人気のスポットです。家族の体力に合わせてコースを巡りながら、さまざまな植物や野鳥との出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■秋田

秋田といえば「秋田美人」という言葉をイメージする方も多いのではないでしょうか。日照時間が短いことから“美白の女性が多い=美人が多い”とされているようです。このほか、温泉が多いということもその理由の一つとされています。他にも、秋田竿燈(かんとう)まつりや横手のかまくらなど四季折々の風景を楽しめたりと、隠れた魅力も多い県です。
そんな秋田の自然を存分に活かした「秋田県立中央公園」が秋田県秋田市にあります。スポーツゾーン、ファミリーピクニックゾーン、空港前庭ゾーンなど大きく5つのゾーンに分かれており、その中にある自然観察ゾーンでは、年間を通じて樹木の観察や植物散策を楽しむことができます。家族連れでも回りやすいようにしっかり整備もされているので、手軽に自然を楽しみたいという方にはオススメのスポットです。

103-2

 

■山形

さくらんぼやラ・フランスなどおいしい果物が豊富なイメージのある山形県ですが、蔵王の樹氷や山寺の立石寺などといった美しい自然の風景が多くの人を魅了しています。
山形県西置賜郡飯豊町にある「飯豊少年自然の家」は、子供たちの“生きる力”を育む自然体験ができます。植物や昆虫観察を楽しみながら1~3時間ほどかけて自然の中を歩くシンプルなハイキングをはじめ、暗闇の中で静寂な山道を進むナイトハイキング、問題を解きながら野山に配置されたポイントを巡る追跡ハイキングなど、ハイキング一つにしてもなかなか体験することのできない珍しいプランも充実しています。さらに、経験豊富なスタッフのサポートも手厚いのがうれしいところ。夏の思い出づくりに、親子で山形の大自然を体全体で感じてみましょう。

■福島

会津地方・中通り・浜通りの3つのエリアに分かれる福島県は、自然、歴史、ご当地グルメなどさまざまな魅力にあふれています。首都圏からは新幹線で約1時間半、車で約3時間とアクセスも良く、“手軽に東北を楽しむ”にはもってこいの場所とも言えるでしょう。
福島県伊達市にある「りょうぜんこどもの村」は、もともとある自然をそのまま活かして作られた、子供と大人が一緒になってのびのびと遊べるレジャー施設です。体験型のワークショップやアスレチック、キャンプなどを楽しむことができ、その中には園内を一周できるハイキングコースも設備されています。自然に親しみながら体を動かしたい!そんな方にはぴったりの空間なので、かわいらしい施設マップを片手に親子で園内ハイキングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■まとめ

インターネットやゲームの普及で、外で遊び回る機会が少なくなっています。加えて、親子間のコミュニケーションの時間も減ってきている今だからこそ、家族で足を伸ばして魅力あふれる東北を満喫してみませんか?
今回は各県1カ所ずつご紹介しましたが、東北には自然を気軽に楽しめるスポットがたくさんあります。次のお出掛けの際の参考にしてみてくださいね。その際は、夏の暑さ対策や事前の情報収集、アクセス確認などもお忘れなく!

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る