注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

毎日おいしく健康に!簡単納豆アレンジレシピ

ライフスタイル

2019.08.31

5-1

健康に良い食べ物として注目されている納豆ですが、毎日同じ食べ方のままではさすがに飽きて来ますよね。できれば、毎日食べて欲しい!とは思ってもどんなお料理があるのか分からない…と思っている方も結構いらっしゃるかも知れません。
そこで、毎日でも飽きることがなく食べられる納豆のレシピをご紹介したいと思います。


◆納豆はどんな食べ物?

まずは、納豆は健康に良いとは言われていますが、どんな栄養があるのかも含めて納豆について復習しておくことにしましょう。

●納豆の種類
納豆には、糸引き納豆、寺納豆・塩辛納豆、甘納豆の3種類があるそうです。それぞれの納豆には次のような特徴があります。

・糸引き納豆
大豆を煮たり蒸したりしたものに納豆菌を加えて発酵させたものになります。糸引き納豆には大豆を煮る前に加工を加えないで作る「丸大豆納豆」と、大豆を煮る前に炒って荒く挽き表皮を取り除いて作る「ひきわり納豆」があります。

・寺納豆・塩辛納豆
大豆や麦に麹や塩を加えて樽で熟成させた納豆になります。ネバネバが無い納豆で、日本以外でも作られています。インドネシアのテンペなどがこれに当たります。

・甘納豆
アズキ、ササゲ、エンドウマメ、ソラマメ、インゲンマメなどを使って砂糖漬けにしたもので、発酵食品ではなく、お菓子になります。

今回は、この中で「ひきわり納豆」にフォーカスして見て行くことにしましょう。

●納豆の栄養にはどんなものがある?
納豆は健康に良い食べ物として注目されていますので、どんな栄養が含まれている食品なのかチェックしておくことにしましょう。
納豆は、炭水化物、食物繊維、脂肪、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれた食品と言えるでしょう。
これらに加えて、イソフラボン、ポリグルタミン酸、レシチン、サポニン、ムチン、ビオチン、納豆菌、ジピコリン酸などの成分も含まれています。
ムチンやポリグルタミン酸は美容成分として注目されている成分ですし、イソフラボンやレシチン、サポニン、ビオチン等はいずれも健康に欠かすことのできない成分として注目されています。

●ナットウキナーゼとは?
多くの方がご存じの通り納豆が注目を集めたのは、納豆のネバネバに含まれている酵素「ナットウキナーゼ」の働きにあります。
ナットウキナーゼは、血栓の元になるフィブリンと呼ばれるタンパク質に直接作用し分解し、血流をアップすることが分かっています。
さらに、ナットウキナーゼには大変強い水質浄化作用もあるそうです。

それでは、栄養豊富な納豆のおすすめレシピを幾つかご紹介することにしましょう。

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る