2019.01.20

「ベイクドカラー」で叶えるおしゃれママスタイル

ベイクドカラーの服の画像

・「ベイクドカラー」ってどんな色?

流行中のベイクドカラー。流行に敏感な方は、既にコーディネートに取り入れているかもしれません。

「ベイクドカラーってどんな色?」「どんな風にコーディネートすればいい?」今回は、そんな疑問を持っている方にベイクドカラーとは何か、どうコーディネートに取り入れるのがおすすめかをご紹介していきます!

ベイクドカラーとは、原色をくすませたような色合いのことを指します。スモーキーカラーとも呼ばれています。そちらの言葉の方がぴんとくる方が多いかもしれません。

ベイクドとは英語で「焼く」という意味。元々のカラーを若干焼いて焦がしたかのような色合いをベイクドカラーと呼んでいるのです。例えばマスタードやテラコッタのような色もベイクドカラーのひとつです。

イエロー、ピンク、オレンジ、グリーン……原色そのままのお洋服はインパクトが強いですが、ベイクドカラーは派手すぎないので、色々なコーディネートに使えるんです。普段、カラーアイテムをあまり使わないという女性でもトライしやすい万能カラーが揃っているので、この機会にぜひコーディネートに取り入れてみましょう。

・ベイクドカラーを使った色の組み合わせ方

ベイクドカラーは基本的にはどんな色にも合わせやすい色味です。黒や白などのモノトーンはもちろん、ベイクドカラーでトップスもボトムスも揃えてみるのもおすすめ。具体的な組み合わせ例をご紹介します。

■ベイクドカラー×チェック柄

秋冬らしさを強く感じさせるチェック柄。ベイクドカラーとの相性ももちろん抜群です!

ベージュがベースのやわらかな印象のもの、グレー地などモノトーンのシックな色味のものなど、かなり万能。ぜひ色々合わせてみてください。

■ベイクドカラー×ブラック

どんな色にも合わせやすいブラックは、当然ベイクドカラーとの相性はばっちり。派手すぎず主張しすぎないベイクドカラーも、他のアイテムを黒でまとめたときの差し色にするととても鮮やかに映えます。落ち着いた印象のコーディネートにしたい、でも全身黒になるのは避けたい……そんなときの差し色にはベイクドカラーがおすすめです。シックでおとなっぽい仕上がりになるので、お仕事のときにも良いですね。

普段はあまり色物を選ばないという方は、マフラーやストールなどの小物をチョイスすることからチャレンジしてみてください。ビビッドな原色よりもトライしやすいですし、お手軽なのにオシャレ感も高いです。

■ベイクドカラー×淡色

淡いグレーなどのパステルカラーにもベイクドカラーはよく似合います。秋冬になるとどうしても暗い色合いのお洋服を選んでしまいがちなので、積極的に淡く明るい色合いのアイテムも取り入れていきましょう。

ただ、全身を淡い色味で統一してしまうとどうしても薄ぼんやりした印象になってしまいます。そんなときには全体を引き締める意味で、ダークトーンのベイクドカラーを合わせてみてください。深いグリーンなど落ち着いた印象のカラーを添えると、一気に秋らしいトレンドコーディネートになります。

■ベイクドカラー×ベイクドカラー

ベイクドカラーとひとくくりに表現していますが、実際にはグレーからピンク、グリーン、イエローなどなど、様々な色があります。

秋冬らしいスモーキーコーデとして、全体をベイクドカラーで統一するのもおしゃれです。色合いは様々でもテイストが揃えられているのでよくまとまりますし、どこかにひとつ濃いめの色味のアイテムを選べばぼんやりとくすんだ印象になってしまうことも避けられます。

ベイクドカラーでまとめることで統一感が出て、変形カーディガンなど少し遊んだコーディネートでもよく馴染むので、おしゃれ上級者さんにトライしてほしい合わせ方です。

・おすすめのコーディネート術

126-2

カジュアルにもシックにも楽しめるベイクドカラー。どんなテイストのコーディネートにも合わせやすいので、素材感やデザインに注目してコーディネートしてみましょう。

例えば、上品な大人の女性らしいコーディネートにはいわゆるとろみ素材と呼ばれるお洋服がおすすめです。ベイクドカラーの落ち着いたニュアンスと相まって、多少ラフでもきちんとした印象が強くなります。ちょっとしたお出掛けやデートのときなど、万能に使えるコーディネートです。

カジュアルに、スウェットなどと合わせるのもベイクドカラーにはよく似合います。ただその場合でもラフになりすぎないよう、かっちりめのシューズなどを合わせることでバランスを取るのが重要。カジュアルでも大人っぽく、品のある女性らしさを忘れないようにするのがポイントです。

また、ベイクドカラーはデニムとの相性がとてもいいカラーです。デニムの持つカジュアルな印象と、ベイクドカラーの持つ落ち着いた印象がよく噛み合い、かわいさとかっこよさのバランスが取れたコーディネートが完成します。幅の広いワイドパンツからスキニーデニム、ハイウエストで脚長効果も期待できるパンツなど、合わせられるアイテムはたくさん! お手持ちのデニムに似合うベイクドカラーをぜひ探してみてください。デニムジャケットのインナーやボトムにもベイクドカラーがおすすめです。

Chanto