2018.06.22

ハンドメイドバッグの進化系「ジュエリーバッグ」が可愛すぎると話題

+jb_P01_28_kuchie.indd

光沢のあるビニールテープを編んだり、網を通して作るジュエリーバッグ。兵庫から人気に火が付いた最先端のハンドメイドバッグです。ゴージャスな見た目なのに作り方は意外と簡単! そんなジュエリーバッグの作り方を詳しく解説した本が三浦紀子さん著の「初めてのジュエリーバッグ」です。発売後、売れ行き好調のこの本の中身をちょっと拝見してみましょう。

 

兵庫からブームに火が付いた! セレブ系ジュエリーバッグって?

+jb_P01_28_kuchie.indd

そもそもジュエリーバッグってご存知ですか? 光沢のある色とりどりのビニールテープで編む、宝石のようにキラキラと輝くハンドメイドバッグのこと。女優の米倉涼子さんが出演するニベアのCMで使われているバッグとしても注目を集めました。このジュエリーバッグを作っているのが、兵庫県の三浦紀子さん。看護師、モデルを経て、2016年にジュエリーバッグの作り方を教えるAJBジュエリーバッグ協会を立ち上げたそう。 

 

兵庫といえば、セレブ系の上品でゴージャスなファッションの発信地。高級ブランドだけでなく、コストを抑えたファストファッションのブランドでも賢く着こなす女性が多いと言われています。このジュエリーバッグも一見すると、高級ブランドのバッグのように見えるのですが、実はハンドメイドで材料もビニールテープ、というギャップが魅力! 

 

そんなジュエリーバッグの作り方を詳しく紹介しているのが「初めてのジュエリーバッグ」。結婚式などの華やかな席にも、普段使いでも目を引く作品がラインナップされています。三浦紀子さんはバッグのデザイン・制作だけでなく、モデルとして誌面にも登場されています。洗練された佇まいとファッションセンスも溜息なんです。

 

白鳥紀久子

生活情報誌、女性誌、妊娠出産育児誌などのエディター&ライターを経て、フリーランスに。キャリア25年以上。好きなことは食べること、作ること。